ヨークシャー・テリアの飼い方。「動く宝石」の別名をも持つ、ヨークシャー・テリアを飼おう!


ヨーキーの呼び名でおなじみのヨークシャー・テリアは海外、日本を問わず人気の犬種の一つです。

ヨークシャー・テリアの特徴であるまっすぐに伸びた、長くて艶のある美しい絹のような被毛から別名「動く宝石」とも呼ばれています。

今回はそんな「動く宝石」ヨークシャー・テリアの歴史から飼育方法、気をつけたい病気まで飼育の参考になる情報をお届けします。

すでにヨークシャー・テリアを飼っている方も、これから飼う事を検討している方も是非参考にしてください。

ヨークシャー・テリアはどんな犬?

ヨークシャー・テリアの歴史

ヨークシャー・テリアはイギリスが原産の超小型犬で、19世紀に誕生した犬種です。

「ヨーキー」と略して呼ばれることが多いですが、実は「ヨークシャー・テリア」も略した呼び方で、正しくは「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャー・テリア」という非常に長い犬種名なのです。

犬種名の由来は、イギリスのヨークシャー州、スコットランド州のワイヤーヘアーのテリアという意味になります。

皆さんがご存知の現在のヨークシャー・テリアはワイヤーヘアーではなく、絹のようなすべすべした直毛ですが作出されたころは様々な犬種を交配に用いていたため、毛質もサイズも全く違う犬でした。今とは違い5kg以上ある個体も多かったそうです。

当初は今の様に愛玩犬ではなく、作物や人間の食べ物を荒らすネズミを捕る為の犬として飼われていたのです。

ヨークシャー・テリアの体型

作出された当初は5kgを超える個体も沢山いましたが、交配を進めて犬種として安定していく過程で徐々に小型化されました。

それから現在の様なおなじみの小さくて綺麗な「動く宝石」となったのです。

体高は15㎝~18㎝が理想とされており、体重は2kg~3kgが理想とされております。

絹の様な被毛が特徴

「動く宝石」とも呼ばれるヨークシャー・テリアの特徴というときらきら光る絹の様な被毛です。

ヨークシャー・テリアが作出された当初は今の様な被毛とは違い、ワイヤーヘアーだったのです。

しかし、交配が進む過程で現在の美しい絹の様な被毛になったのです。

その美しさから、当初は労働者階級の市民にネズミ捕りとして飼われていましたが、次第に貴族などの上流階級でも飼育されるようになりました。

負けん気が強く、頑固な性格!?

ヨークシャー・テリアを飼育したことがない方は、あの美しい容姿から想像する事は出来ないでしょうが、実はとても気難しい一面を持った犬種でもあるのです。

元々ネズミ捕りをしていた成り立ちからも分かるようにヨークシャー・テリアは大変勇敢で、負けん気が強く、頑固で自己主張も強い犬種なのです。

しかし、主人と決めた相手には深い信頼を寄せます。

ヨークシャー・テリアの飼育方法

迎え入れる前にお家の環境を整えましょう

ヨークシャー・テリアはあの見た目からも分かるように、絶対に室内で飼いましょう!

その為お家に迎え入れる前には必ず室内で飼育できる環境を整えてください。

飼育する部屋はできるだけ冷暖房を完備している部屋にしてください。見ての通り小さな体のヨークシャー・テリアは少しの温度変化にも敏感ですぐに体調を崩してしまいます。

暑い夏場はクーラーをつける、寒い冬場は暖房プラス、ペット用の床暖房をケージ内に入れてあげるなどして快適温度を保ってあげましょう。

特に夏場の熱中症は命にもかかわり大変危険ですので、十分に注意してください。

飼育グッズを揃えましょう

お家の環境が整ったら次は飼育するにあたり必要な物を揃えましょう。

ヨークシャー・テリアは超小型犬ですので、お家の中ではフリーにして飼育したいという方も多くいらっしゃると思いますが、まずは迎え入れたばかりの子犬のうちはケージで飼育する事が必要になりますので、体に見合ったサイズのケージを用意してください。

ヨークシャー・テリアには小さめのケージがオススメです。

コミュニケーションをとる為のオモチャも用意してあげましょう。
ぬいぐるみの物や、ロープなどあまり固くないものがオススメです。

ヨークシャー・テリアのご飯

初めて犬を飼育される方はフード選びにも悩まれるかと思います。

基本的にはドライフードと呼ばれるカリカリ食べるフードを与えますが、子犬の頃はお湯でふやかすなどして与える事になりますので、初めて飼育される方は必ずペットショップの方と相談してください。

近年ではドライフードの種類も様々で、半生の粒が混ざっている物や煮干しが入っているもの、中には「ヨークシャー・テリア用」というものまであります。

基本的にはどれを与えてもいいのですが、便の調子が悪かったり、かゆがったりしている場合はフードが合っていない場合があります。

近年ではアレルギーのある犬も多くいるので、その場合はすぐに獣医師の診察を受けてください。

適量のオヤツはOK

オヤツを与える事は良くない事だと思っている方も多くいらっしゃるのですが、適量のオヤツはしつけにもとても有効なので用意しておきましょう。

ただしとても体の小さな犬種ですのであげすぎには十分注意してください。
小さくちぎれるタイプのオヤツがオススメです。

スポンサーリンク




ヨークシャー・テリアのしつけ方

まずはお家の環境に慣れさせましょう

迎え入れたばかりの子犬の頃は特に小さく一段と可愛く、つい抱っこしたりいっぱい触りたくなってしまいがちです。
しかし、新しいお家に来たばかりの子犬は緊張でドキドキしています。

まずはケージの中でゆっくりさせてあげ、安全な場所と認識させてあげましょう。

トイレの教え方

お家に慣れてきたら次はトイレを教えましょう。
トイレがしっかりと出来ないと飼い主にとっては大きなストレスとなります。

まずは、設置したケージ内にトイレを置き、そこでできた時に思いっきり褒めてあげましょう。最初はトイレではない方にしてしまうと思いますが、当然の事です。

粗相をトイレシーツで吸い取り、トイレに置いてあげる事で成功する場合もありますので試してみてください。
トイレのしつけで大事な事は「失敗は叱らず、成功を褒める」ですので根気よく教えていきましょう。

無駄吠えは子犬の頃のしつけが重要

ヨークシャー・テリアは負けん気が強く、自己主張も強い犬種な為吠えが出る犬も少なくありません。

子犬の頃に可愛いからといって甘やかしてしまうと大変なワガママ犬に育ってしまい、飼い主様だけでしつけ治す事が難しくなってしまいます。

甘やかしによって悪化してしまう吠えの代表は「要求吠え」です。
子犬の頃であれば無視をするだけでも効果がありますのでしっかりと徹底しましょう。

吠えていてうるさいからオヤツをあげるなどは絶対にNGです。

噛み癖は絶対に許してはいけません

人を噛んでしまう事は犬が一番してはいけない失敗です。ヨークシャー・テリアのように負けん気が強く、自己主張も強い犬種は自分が気に入らない事をされたときに噛みつこうとする場合が多いです。

よくあるケースとして、耳掃除や歯磨き、洋服を着せるなどするときに飼い主様を噛んでしまうという事がありますが、子犬の頃から習慣化する事で防げる場合もあります。

子犬の頃から甘やかさずにしっかりとしたしつけを心がけましょう。

しつけで最も重要な社会化トレーニング

しつけというと「オスワリ」や「フセ」、「マテ」などといった事を思い浮かべる方が多いのですが、それ以上に重要な事があります。

それは「社会化トレーニング」です。社会化トレーニングとは子犬の時期にしかできない今後の性格を左右するともいえる重要なトレーニングになります。

例えば他の犬に吠えたり唸る事はもちろんですが、他人が苦手だったり騒音が苦手という事をなくすためにも有効なトレーニングです。

子犬の時期にはまず初めに社会化トレーニングを行いましょう。

様々な環境にお出かけしたり、沢山の犬と触れ合わせる事でも十分ですが、近年社会化トレーニング不足の犬も多い為、中々ドッグランなどの施設で子犬を触れ合わせるわけにはいきません。

その場合はしつけ教室などで開催されるパピーパーティーなどを利用しましょう。

ヨークシャー・テリアとの上手な遊び方

お散歩は毎日必要?

ヨークシャー・テリアは小型犬の中でも非常に小さい犬種の為、毎日欠かさずお散歩に連れて行かなくてはならないという事はありません。

しかし運動不足から起きる問題行動などに繋がる可能性もありますので、適度な運動は必要になります。

お家の中でオモチャを使って遊ぶこともストレス解消になりますので上手に遊んであげましょう。

オモチャで遊ぼう!

ヨークシャー・テリアは活発な犬種でもあるのでお家の中でボール投げをしたりする事がオススメです。
ボールは小さめの咥えられるものを選びましょう。

ただ投げるだけではなく、時には駆け引きをしたりしながら遊んであげる事が上手に遊ぶポイントです。

ヨークシャー・テリアのお手入れ

お家でシャンプーに挑戦

体の小さなヨークシャー・テリアはお家でもシャンプーをする事が出来ます。

室内犬の為、匂いもあまり気にならないと思いますが3週間に1度位はシャンプーをしてあげる事をオススメします。

あまり頻繁なシャンプーは乾燥肌などの原因にもなりますので、シャンプーのし過ぎには注意しましょう。

毎日のブラッシングが必要です

ヨークシャー・テリアはシングルコートという被毛の種類の為、抜け毛は少ないですが毛が細く、絡まりやすいので毎日のブラッシングは欠かせません。

また、ヨークシャー・テリアの毛は人間と同じように伸び続ける事も特徴の一つです。

長く伸ばせば図鑑に載っているようなロングコートスタイルにもできますし、短くカットすればテディベアのようにフワフワのスタイルにする事も可能です。

いずれにしても定期的なトリミングも必要な犬種です。

ヨークシャー・テリアの気をつけたい病気

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアの症状は、発症部位と進行状況によって様々で、頸部の椎間板ヘルニアでは頸部の痛みの他、神経麻痺などによって足を引きずるといった症状が見られます。

重症になると、半身不随や排便、排尿の困難なども見られることがあります。

激しい運動や肥満、が原因となる事もありますので、日頃から気をつける事が大事です。

症状が軽い場合は薬剤で患部の痛みを抑える内科的治療ですが、重症の場合は外科的治療になります。

レッグ・ペルテス病

レッグ・ペルテス病は、大腿骨頭への血行が阻害され、骨頭が壊死してしまう病気で原因は不明です。
ただ、遺伝が関連している可能性があり、症状は足を引きずるなどです。

その他の症状としては、食欲の低下や股関節部分を触られるのを嫌がるなどがあります。

症状が軽い場合は運動制限や鎮痛剤の投与などの内科的治療を行いますが、症状を一時的に抑えても病気自体の進行は止まらない為、最終的には外科手術が必要となります。

尿道結石

尿道結石とは膀胱などでつくられた結石が尿道に流れて詰まっている状態です。

尿道結石が出来ると、結石が尿道を塞ぐために尿の出が悪くなって1回の尿量が減ったり、最悪の場合には尿がほとんど出なくなることもあります。

長時間、排尿しようと踏ん張っていたり、何度も排尿姿勢をとるのにほとんど尿が出ていない、血の混じった尿の場合はすぐに獣医師の診察を受けましょう。

放置してしまうと急性腎不全となり、尿毒症を起こす事もあります。

治療方法は、尿道のつまりをなくすため、詰まっている結石を膀胱に押し戻す処置を行います。押し戻せない場合は外科的処置により摘出が必要となる場合があります。

まとめ

別名「動く宝石」とも呼ばれ、魅力たっぷりのヨークシャー・テリアですがその性格が故にしつけに苦労することもあると思います。

しかし、しっかりと子犬のうちからのしつけを行えば飼い主にも非常に忠実で、立派なパートナーになる事間違いなしです。

抜けにくい被毛の為、お家の中でも飼いやすい犬種と言えます。

一方で、絡まりやすく、伸び続ける被毛な為に毎日のブラッシングと定期的なトリミングが必要になってきます。
絹の様な被毛を維持する事は簡単な事ではないですが、それもまたヨークシャー・テリアを飼育する上での楽しみの一つかもしれません。

また、ヨークシャー・テリア特有のかかりやすい病気などもありますので、予防できる病気に関してはしっかりとした予防を行いましょう。

しっかりと育てる事で最愛のパートナーになってくれるでしょう!

(コラム:現役ドックトレーナー ヤマさん)

スポンサーリンク