ゴールデン・レトリーバーは某CMでもお馴染み!憧れの大型犬の飼育方法


某CMのライオンの格好がとても可愛くて話題になったゴールデン・レトリーバー
憧れの大型犬のイメージがある犬種ではないでしょうか?

ゴールデン・レトリーバーといえば、その見た目のイメージから優しそうなイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?

今回はゴールデン・レトリーバーの歴史から性格、さらにはしつけ方のアドバイスまで盛りだくさんですので、これから家族に迎え入れる事を検討している方は是非参考にしてください。

ゴールデン・レトリーバーってどんな犬?

ゴールデン・レトリーバーの歴史

ゴールデン・レトリーバーという犬種はイギリス原産の犬種で、ニューファンドランドとウェイビーコーテッド・レトリーバーを交配させ生まれた黄色い長毛の犬を基礎にして、イギリスの伯爵により作り出されたというのが具体的な古い記録になります。

その後、ツウィード・ウォーター・スパニエルを交配し生まれた犬を土台にアイリッシュ・セッターやブラッドハウンドなどと交配を重ね、19世紀末ごろに現在のゴールデン・レトリーバーに近い形になったとされています。

ラブラドール・レトリーバーに外見やその賢さ、人懐こい性格が似ている事、また原産国も同じことからラブラドール・レトリーバーの長毛タイプと誤解される事も多いですが、ラブラドール・レトリーバーとは成り立ちが違います。

→アレルギーに配慮した穀物不使用・無添加のドッグフートならモグワン

ゴールデン・レトリーバーの体型

大型犬に分類されるゴールデン・レトリーバーの平均体重はオスが30kg~34kg、メスが25kg~32kgとオスの方が比較的大きい傾向があります。

体高はオスが56㎝~61㎝、メスが51㎝~56㎝位が平均です。

体重管理をする際は体高とも照らし合わせてみると分かりやすいでしょう。
例えばメスのゴールデン・レトリーバーで体高51㎝しかない場合は体重が32kgだと太り気味だと言えます。
その場合は食事内容にも注意してあげる事が必要になります。

ゴールデン・レトリーバーの被毛

ゴールデン・レトリーバーは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)からなるダブルコートと呼ばれる被毛の種類になりますので、抜け毛は多い犬種になります。

被毛は密生して生えている為によく水を弾くのも特徴の一つです。

毛色はゴールドかクリームの2種類からなり、わずかであれば胸の白い斑点は認められます。

ゴールデン・レトリーバーの性格

ゴールデン・レトリーバーの性格はとても明るくて穏やかな為、小さなお子様がいるご家庭でも飼育しやすい犬種の為に家庭犬として最適な犬種と言えます。

レトリーバー(獲物を回収する)の名の通り、オモチャなどが大好きな犬種でもあります。

また、一般的にはラブラドール・レトリーバーに比べ温厚と言われていますが犬によっては噛みつき癖のある個体も存在しますので子犬の頃からしっかりとしつけを行いましょう。

好奇心もとても旺盛な犬種ですので、正しいしつけ方を実践すればどんな事でも学習できるでしょう。

ゴールデン・レトリーバーを家族に迎え入れる為の準備

室内飼育、屋外飼育のどちらでも可能な犬種です

ゴールデン・レトリーバーは室内でしか飼育する事が出来ない犬種ではないので屋外での飼育も可能です。
屋外で飼育する場合は、雨風がしのげる大き目の犬舎を用意してあげましょう。

また、家族の愛情を感じれば感じるほどに応えてくれる犬種なので屋外でも飼育が出来る犬種ではありますが可能であれば室内での飼育をオススメします。

どちらで飼育するにしてもゴールデン・レトリーバーにとって最適な環境を作ってから迎え入れてあげましょう。

→お部屋についたおしっこなどの臭いの原因を元から分解!消臭剤カンファペット

用意しておくと便利な「クレート」

クレートとは主にプラスチック製の犬を入れる物で、移動時に使うのはもちろんですがご自宅でも「ハウス」として使用する事ができます。

ゴールデン・レトリーバーはとても大きな犬種ですので車での移動時に車内で自由に動き回れる状態ですと運転に支障がでて大変危険ですのでクレートに入れた状態で移動する事がオススメです。

また、ご自宅ではしつけに役立たせる事も出来ますのでゴールデン・レトリーバーを飼育する際は是非用意してください。

オモチャも用意してあげましょう

ゴールデン・レトリーバーは飼い主様と一緒に遊ぶことが大好きな犬種です。

その為、ロープ状の物やボールなどのオモチャで子犬の頃から一緒に遊んであげるようにしましょう。

飼い主様と一緒に遊ぶことはストレスの発散にもなりますので、ご家庭内での問題行動の軽減にもつながります。
様々なタイプの物を用意してみましょう。

ゴールデン・レトリーバーのしつけ方

子犬の頃にしかできない重要なしつけ

ペットショップやブリーダーなどから子犬を迎え入れた際にまず初めにやらなければならないしつけがあります。

それは「社会化トレーニング」と呼ばれるもので、人間社会で生活するために必ず必要となる事になります。

人間社会には自然界には存在しない様々な「刺激」が沢山あります。
例えば車の音がその一つですが、自然界には元々存在しない音ですので初めてその音を聞く子犬はビックリしてしまう事があります。

飼い主様はそんなビックリする音からは子犬を遠ざけてしまいがちですが、実は子犬の時期からしっかりと慣らしておかないと、成犬になってからもっと怖い音になってしまうのです。

その為、お散歩デビューする前の子犬の頃から抱っこでのお散歩などを積極的に行い、様々な刺激に慣れさせる事が必要となってきます。

このような事を「社会化トレーニング」と言います。

無駄吠えをさせない為のしつけ方

ゴールデン・レトリーバーの様な大型犬ですと吠える声ももちろん大きくなります。
その為しっかりとしつけを行わないと飼い主様が困る事はもちろんですが、ご近所の方にも迷惑をかけることになってしまいます。

一般的に「無駄吠え」と呼ばれる行動ですが、犬が吠える時は何かしら意味がある時で実際には無駄に吠えているわけではないのです。

多くの飼い主様が悩まれる代表的な吠えは「要求吠え」と「警戒吠え」になります。
どちらの吠えもしつけで直す事は可能ですが、「警戒吠え」をご自宅で直すのは少々難しくなります。

今回はご自宅でも比較的簡単にできる「要求吠え」のしつけ方についてです。

「要求吠え」とはその名の通り犬が何か要求をする時に吠える事を指します。
例えば遊んでほしい時に吠える事も多いのですが、そんな時に吠え止ませるために遊んでしまっていては要求吠えを悪化させてしまう事になります。

要求吠えを悪化させない為に必要な事は「吠えている間は要求を飲まない」事これだけです。

子犬の頃からこの事を徹底していれば要求吠えが酷く悪化する事はまずないでしょう。

噛み癖には要注意

遊ぶことが大好きなゴールデン・レトリーバーは遊んでいるうちに興奮し、時には噛みついてしまう事もあるでしょう。

子犬の頃であればそれほど大きなケガに発展する事は多くはないですが、成犬のゴールデン・レトリーバーに噛まれてしまってはケガでは済まない場合もあります。

これを防ぐ為には子犬の頃から徹底してしつけを行う必要があります。
子犬のゴールデン・レトリーバーは甘嚙みが出てしまう事も多いと思いますが、この甘噛みからしっかりと直していく必要があります。

甘噛みをしている子犬に「ダメ」と言っても中々すぐにはやめてくれないでしょう。
一瞬やめたとしてもきっとまたすぐに同じ過ちを繰り返してしまいます。

「ダメ」と叱った後に同じ過ちを繰り返してしまっては叱られている事さえ分からなくなってしまうので、叱った後は絶対に同じ過ちを繰り返させない事も大事になります。

その為には、叱った後にケージやクレートに入れてしまいましょう。
そうする事のより叱られている事も徐々に学習する事が出来ます。



ゴールデン・レトリーバーと上手に遊ぼう

沢山運動をさせてあげましょう

ゴールデン・レトリーバーは運動量が豊富な犬種の為、毎日しっかりと運動させてあげる事が必要不可欠です。

日々のお散歩は、もちろんですがお休みの日などはドッグランなどの思いっきり走り回れる様な所で運動させてあげる事も良いでしょう。

また、雨などでどうしてもお散歩に行けない時にはお家の中でロープの引っ張りっこなどをしてあげるだけでもストレス発散になります。

ストレスをためてしまう事で問題行動を引き出してしまう事もありますので、しっかりと発散させてあげる事も必要になります。

ドッグスポーツにチャレンジしてみましょう

ゴールデン・レトリーバーは様々なドッグスポーツを華麗にこなす事も出来る犬種です。

ドッグスポーツのいいところは運動不足解消だけではなく、飼い主様と一緒に楽しむ事で絆を深める事も出来ます。

一概にドッグスポーツと言っても様々で、アジリティーやフリスビー、フライボールやドッグダンスまで多種多様です。
ゴールデン・レトリーバーはこの中のどの種目もこなす事が出来ますので是非チャレンジしてみてください。

中でもドッグダンスができたら注目の的ですよ!

→イギリスのトップブリーダーが愛犬のために作ったネルソンズドッグフード

ゴールデン・レトリーバーのお手入れ方法

シャンプーの頻度は?

ゴールデン・レトリーバーのシャンプーの頻度は、室内飼いか屋外飼いかで変わってきますが室内飼いの場合は1ヵ月に1度位のシャンプーをする事をオススメします。

ゴールデン・レトリーバーは大型犬の為、ご自宅でのシャンプーは難しいのでトリミングサロンなどにお願いする方が良いでしょう。

ワクチン接種後や投薬後はシャンプーを控えた方がいい場合がありますので、その点は動物病院で相談しましょう。

シャンプーは皮膚の健康維持にも欠かせない事なので、いずれにしても定期的に行いましょう。

ゴールデン・レトリーバーのブラッシング

ゴールデン・レトリーバーは抜け毛が多い犬種なので毎日のブラッシングが欠かせません。

少しでもブラッシングを怠けてしまうとすぐに毛玉になってしまい、匂いも気になるようになってきてしまいます。

また、毛玉をそのまま放置してしまうと皮膚の病気になってしまう恐れもありますので、必ず毎日ブラッシングを行いましょう。
アンダーコートの除去専用のブラシを使用すると抜け毛もしっかりと除去できるのでオススメです。

ゴールデン・レトリーバーが気をつけたい病気

胃拡張胃捻転症候群

ゴールデン・レトリーバーの様な胸の深い大型犬に多く見られる病気で、食後に運動すると発症しやすいと言われています。

胃が貯まったガスで拡張し、胃がねじれてしまいます。

胃がねじれてしまう事で胃内のガスが排出されずにさらにガスが貯まってしまう事で胃が拡張し、周囲の血管を圧迫して全身の循環不足に陥ります。
ねじれた胃では壊死が進むのですぐに処置をしなければ死亡します。

胃拡張胃捻転症候群を起こすと、急激に腹部が膨らみ吐こうとするものの何も吐けずに多量のよだれが出ます。

このような症状が見られた場合はすぐに動物病院へ連れて行きましょう。

→口臭や体臭、便臭が気になる愛犬に。腸内環境を整えるサプリメント「ずっと一緒だワン」

肘関節形成不全

この病気は、肘関節を構成する骨や靭帯などの先天的な異常によって肘関節が安定せず、痛みや歩行異常が生じる病気です。

股関節形成不全と併発する事がよくあります。
5~9か月の成長期に歩き方の異常が見られ、前足を使わなかったり足にあまり体重をかけないように歩いたりします。
肘関節形成不全を発症した場合は出来るだけ早期に手術を行う事が勧められています。
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

すでに病気が進行してしまっていると手術を行ってもあまり効果がないと言われており、その場合は鎮痛剤やサプリメントを用いるなどして病気と付き合っていく必要があります。

骨肉腫

骨肉腫とは中齢から高齢の大型犬に多く発生する骨の腫瘍で、非常に悪性度が高く転移する確率の高い腫瘍です。

四肢に骨肉腫を発症すると足を引きずって歩くほか、痛みや腫れがみられます。

骨肉腫ができた場所にもよりますが、四肢に出来た場合には断脚手術が必要になります。
しかし、残念ながら転移率の非常に高い腫瘍の為、手術を行っても根治は困難になります。

まとめ

家庭犬にも適した優しく優秀な大型犬のゴールデン・レトリーバーですが、魅力は伝わりましたでしょうか?

とても明るく好奇心旺盛なゴールデン・レトリーバーとの生活は、子犬の頃からのしっかりとした「しつけ」さえ行えば楽しい事間違いなしです。

犬種の特性から様々なドッグスポーツも楽しめる犬種ですので、休日には一緒にドッグスポーツなんてことも夢ではありません。

また、高齢になるにつれて体のケアもしっかりと行ってあげる必要がありますので、家族に迎え入れる場合にはその事もしっかりと頭に入れておきましょう。

(コラム:現役ドックトレーナー ヤマさん)

スポンサーリンク