パグはペチャっとした顔が愛くるしい!多くの愛好家を魅了するパグの飼い方


皆さんパグは一度見たら忘れる事の出来ない印象を持たれると思います。
中身がギュッと詰まったような印象の体に、鼻ぺちゃな可愛らしい顔、他の犬とは明らかに違う個性の詰まった犬種ですよね?

そんな魅力から、日本でも多くの愛好家の方が存在している犬種でもあります。
パグには一度飼ったらやめられない魅力があるとか…。

今回はそんなパグをこれから飼育する方はもちろん、すでに飼育している飼い主様にも役に立つ情報をお届けいたします。

パグってどんな犬?

パグの歴史

中国が原産のパグはとっても古い歴史を持つ犬種で、およそ2400年も前からペットとして飼育されていたと言われています。

パグはこれまでに様々な名前で呼ばれてきた犬種で、オランダでは鼻をブーブー鳴らす事から「おどけた犬」を表す「モプスホンド」、ドイツでは「モプス」、イギリスでは「ダッチ・パグ」や「チャイニーズ・パグ」と呼ばれていました。

パグという名前の由来も様々で、パグの頭の形が握りこぶしに似ていることからラテン語で「握りこぶし」の意味を持つ「パグナス」が起源という説や、18世紀に流行した「マーモセット」通称パグモンキーという猿に似ていた為という説があります。

パグの正確な祖先犬は明確には分かっていませんが、「マスティフ」系ではないかと考えられている為にAKCのトイ・グループからは外されています。

→アレルギーに配慮した穀物不使用・無添加のドッグフートならモグワン

パグの体の特徴

パグは正方形に近い形をしていて短い体にしっかりとした四肢が特徴で、小さい体に中身がギュッと詰まっているかのようながっしりとした体形をしています。

耳は垂れ耳ですが、反って中が見える「ローズ耳」と、前に垂れている「ボタン耳」の2種類があります。
また、パグの最大の特徴の顔ですが横から見ると真っ平らに見えるほどの短い鼻を持っています。
体高はオス、メス共に25㎝~28㎝が理想とされており、体重は一般的には6kg~8kgとされています。

パグの毛並み

パグは一見するとスムースヘアーの様にも見えますが、その毛質は見た目とは違い細くてとても柔らかい毛をしています。

上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)からなるダブルコートという毛質の為抜け毛は多い犬種になります。

毛色は4種類存在していて、体全体が薄茶色で顔と耳が黒い「フォーン」、全身が真っ黒の被毛で覆われた「ブラック」、日本では中々目にする事のない「シルバー」、フォーンよりもオレンジ色が強い「アプリコット」があります。

→皮膚や被毛のトラブルに化粧水アヴァンス(AVANCE)

パグの性格

パグは基本的に明るくて陽気な犬種ですが、とても落ち着いた性格をした犬種なため他の犬種に比べ比較的飼いやすい犬種と言えるでしょう。

一方で、その見た目の愛くるしさとは裏腹に、独立心が高く、頑固でプライドも高い所もある犬種の為、子犬の頃のしっかりとしたしつけが重要になります。

しかし攻撃的な性格の犬種ではない為、お子様がいるご家庭でも問題なく飼育する事が出来ます。
天真爛漫で飼い主様を喜ばせる事が大好きなパグは感情豊かで、表情を変えたりはしゃいだりして飼い主様を必死に喜ばせようとします。

決して頭の良い犬種ではないのでしつけに苦労する事は覚悟しておきましょう。

パグを迎え入れる準備をしましょう

飼育は必ず室内にしましょう

パグは見ての通り鼻が非常に短く、その為に上手に温度調整を行う事が出来ない犬種になります。

なので、寒さと暑さの両方に非常に弱い犬種ですので、飼育する際は必ず室内で飼育しましょう。

また、室内の環境をあらかじめ整えておく必要もあります。
室内でも熱中症の危険がある犬種ですので、飼育する部屋はエアコンが設置してある部屋が望ましいです。

温度管理のしっかりできる部屋を用意する事が必要になります。

→お部屋についたおしっこなどの臭いの原因を元から分解!消臭剤カンファペット

ケージ、クレートは必ず用意しましょう

室内で飼育さる際、飼い主様によって様々な飼育の仕方があると思いますが、まずは「ケージ」と「クレート」は必ず用意しましょう。

パグは子犬の頃からのしつけが非常に重要になるのでケージ、クレートは必須になります。

ケージのサイズは子犬のサイズに合わせて選ぶ必要があります。

大きくなることを見越してサイズの大きすぎるケージを選んでしまうと、トイレトレーニングにも苦労してしまう事になるので、あまり大きい物を選ぶことはオススメしません。

また、クレートも用意する事をオススメします。

クレートとは動物病院に行くときやお出かけなどの外出時に犬を入れる物になりますが、しつけにもとても役に立つものなので購入しておきましょう。

クレートを選ぶ際の注意点ですが、基本的にはデザイン重視で良いですが、飛行機などで移動をする予定のある方はそれに対応したクレートを選ぶ必要があります。

また、サイズについてですがケージ同様大きすぎる物はオススメしません。

パグのフードの選び方

まず、迎え入れたばかりの子犬の頃はペットショップやブリーダーなどで以前から与えている物を選びましょう。

徐々にフードを切り替える際にどれにしたらいいのか迷われる飼い主様は多いと思いますが、パグはとても食欲旺盛な犬種でフードをあまり噛まずに飲み込んでしまう傾向があります。

そういった場合は少し小粒のフードを選んであげると良いでしょう。

また、パグは見ての通り顔回りに沢山のシワがある為にそれが原因で皮膚病にかかってしまう事も少なくありません。
その場合は体の免疫力を強くしたり、皮膚の健康維持成分が含まれているフードを選んであげましょう。

フードを切り替えた際は便の様子や体調の変化に十分に気を付け、少しでも異変があった場合には獣医師に相談の元フードを変更する必要があります。

体質は個体によってそれぞれですので、愛犬に合ったフードを探してあげる事が必要になります。
→アレルギーに配慮した穀物不使用・無添加のドッグフートならモグワン

オヤツの与えすぎには注意しましょう

パグはとても食欲旺盛な犬種の為、オヤツには目がないでしょう。

オヤツは飼育していく上で必ずしも必要な物ではないので、与えるも与えないも飼い主様次第ですが、しつけの観点からも適量であれば与えても良いでしょう。

与える際には肥満を防止するためにも少量が理想ですので、小さくちぎれるタイプのものや、低カロリーのものを選ぶようにしましょう。



パグは子犬の頃からのしつけが重要です

子犬の頃しか出来ない!社会化トレーニング

パグのしつけは子犬の頃からしっかりと行う事が重要になりますが、その中でも一番重要といえるのが「社会化トレーニング」と呼ばれるものです。

社会化トレーニングとは、成犬になった際の問題行動を最大限抑えるために最も重要なトレーニングで、具体的には様々な騒音の刺激に慣れさせるためにワクチンプログラム終了前から抱っこなどで散歩したり、ワクチンプログラム終了後からは沢山の犬と触れ合わせるなどして「社会性」を身につけさせます。

これがしっかりと出来ていたか、出来ていなかったかで成犬になった際の性格が大きく変わってきます。
子犬を迎え入れたらまず義務として必ず行うようにしましょう。

他の犬との触れ合いが中々難しい時はしつけ教室などで定期的に開催されている「パピーパーティー」に参加してみましょう。

トイレのしつけは根気が大事です

トイレのしつけは室内で飼育するからには必ず行わなくてはならない事です。

ケージ内で飼育する事で基本的にはスムーズにトイレを学習する事が出来ます。

ケージ内でトイレを教える際のポイントですが、「ケージ内にトイレ以外の物は置かない」事を心がけましょう。
例えば犬用のベッドや、毛布がある事によりトイレではなくベッドや毛布に粗相をしてしまうリスクが大きくなります。
一旦その癖がついてしまうと修正するのに時間がかかってしまうので後で苦労する事になってしまいます。

また、トイレを教える際には「トイレ」や「チッチ」などの言葉を言いながらトイレへ誘導し、褒めてあげましょう。

→お部屋についたおしっこなどの臭いの原因を元から分解!消臭剤カンファペット

パグの無駄吠え

パグは基本的にはおとなしくて飼育しやすい犬種ではありますが、例えば来客の際のインターホンに吠えたり、散歩中に他の犬に吠えたりするなどしてしまう事もあります。

また、一度吠え癖がついてしまうと中々直す事が難しくなってしまうので癖になる前に直す事が第一です。

一般的に犬は動き回っている間は中々落ち着かない生き物なので、まずは動きの制限をかけて落ち着かせることが必要になってきます。
お家の中であれば外出時用に用意した「クレート」や「キャリーバッグ」に入れる事で動きを最小限にし、落ち着きやすくさせる事が出来ます。

また、散歩中であればクレートやキャリーバッグはないと思うので、代わりにリードを短く持つなどして動きを制限する事が効果的です。

パグの噛み癖

パグは一般的に陽気で攻撃性のない犬種ですので、攻撃性を持った噛みは比較的少ないですが、子犬の頃の甘噛みがエスカレートしてしまう事が多々あります。

甘えん坊な性格の個体が多い為につい、飼い主様も甘やかしてしまう事でエスカレートさせてしまいます。
子犬の頃から噛んではいけない物(家具など)や飼い主様の手や脚、洋服などを噛んだ際は厳しく叱る事も必要になります。

った後に同じ過ちを繰り返してしまう事で全く意味のない事になってしまうので、吠え癖と同様、クレートに入れて落ち着かせましょう。

パグの運動はどうしたらいい?

パグの散歩量

パグは古くから愛玩犬として飼育されていたため、運動能力が高いわけではなくのんびり過ごす事を好む個体もいます。

もちろん中には運動大好きな個体もいるので、その場合は20分~30分位の散歩を1日1~2回程度が理想的です。

ただし、暑さ寒さに非常に弱い犬種ですのでその点には十分に注意しましょう。
特に暑さに関しては命に直接かかわる危険性もありますので、その場合は屋外での運動は控えましょう。

室内で上手に運動させよう

屋外での運動が危険な暑い夏などは、オモチャなどを上手に使う事でお家の中でも効果的に運動をさせる事も出来ます。

オモチャはボールでもロープでもどういった物でも大丈夫ですが、遊び方を工夫する事で今までよりも楽しく遊ぶことが出来るかもしれません。

例えば今までのロープの引っ張りっこも、犬に勝たせてあげる時もあれば飼い主様が勝つときもあるなどの様にするだけでも内容は変わってきます。

パグのお手入れ方法

パグのシャンプーの頻度

シャンプーの頻度ですが、基本的には月に1~2回で十分です。

室内犬ですのであまり汚れは目立たないかもしれませんが、皮膚の健康維持の為にも最低月に1回は入れてあげるようにしましょう。

逆にシャンプーの頻度が多すぎるのも、皮膚を痛めてしまったり、毛づやをなくす原因にもなってしまいますので注意してあげる必要があります。

シャンプーの際の水温ですが、小型犬は38度~42度位が最適とされていますので目安にしてください。
→デリケートな犬の皮膚や被毛のトラブルにおすすめなヨロチコシャンプー

パグの日常のお手入れ

パグ毛は短いですが、ダブルコートと呼ばれる毛質の為、抜け毛が多い犬種になりますのでブラッシングは必須になります。

ラバーブラシなどで全身を優しくマッサージするように、こまめにブラッシングを行いましょう。

また、抜け毛の多い換毛期は下毛(アンダーコート)を取り除く専用のブラシもありますので1つ用意しておくことをオススメします。

パグの爪切り

パグの爪切りは自宅で行う事も可能ですが、慣れていない飼い主様はトリミングサロンや動物病院などでプロにお願いする事をオススメします。

犬の爪には血管が通っている為に、爪を切りすぎてしまうと出血してしまいます。
特に爪の黒い犬は血管も見えないので極力プロにお願いしましょう。

→口臭や体臭、便臭が気になる愛犬に。腸内環境を整えるサプリメント「ずっと一緒だワン」

パグが気をつけたい病気やケガについて

角膜潰瘍

角膜潰瘍とは、黒目の表面を覆っている角膜に傷が出来てしまう病気です。

パグは他の犬種に比べ、目が前に飛び出しているので枝などで傷つけてしまったり、目をひっかいてしまうなどの原因で角膜潰瘍を起こします。

放っておくと角膜穿孔といって角膜に穴が開いてしまう事があり、失明につながります。
その為、気付いたら早急な処置が必要になります。

鼻腔狭窄(びこうきょうさく)

鼻腔狭窄とは短頭種に多い先天的な病気で、鼻の穴が狭い状態の事を言います。

鼻をブーブー鳴らしたり、鼻だけでは呼吸がしにくいので暑くなくても口を開けてハァーハァーします。

また、呼吸がしにくいため熱中症にも注意が必要です。
生活に支障がなければ、激しい運動を控えるなどの対策で大丈夫ですが普段の散歩でも呼吸が苦しそうなど上手く呼吸が出来ない場合は手術を行う場合もあります。

気になる場合は獣医師に相談しましょう。

熱中症

熱中症は蒸し暑い室内や車内、暑さが厳しい中での散歩やお出かけが原因で発生します。
急激な体温の上昇により、パンティングやよだれが出るといった症状が見られます。
重症の場合呼吸困難や血便、吐血などをおこし命にかかわりますので、蒸し暑い室内や車内に閉じ込める事は絶対にしないでください。
また気温が高い時の外出は控えましょう。

まとめ

性格が良い為、お家の中でも比較的飼育のしやすいパグですがその反面、子犬の頃からのしつけがしっかりしていないと飼い主様の言う事を聞くことが出来ない犬になってしまいます。

また、パグの最大の特徴でもあるのですが「短頭種」の為に体温調節がうまくできないので飼い主様による温度管理は欠かす事が出来ません。
特に暑い夏場は命にも関わってきますので十分に注意してください。

パグには他の犬種にはない魅力がたっぷりなので、一度魅了されてしまうと他の犬種は飼えなくなってしまうかもしれませんね。

(コラム:現役ドックトレーナー ヤマさん)

スポンサーリンク