犬の室内飼育と室外飼育 ~それぞれの飼い方のメリットとデメリット~

犬を飼う際に一番早く決めなければいけないのが、室内飼育か室外飼育かですね。
この2つの飼い方は、それぞれにメリットとデメリットがあります。また、どの犬種も両方の飼い方ができるのではなく、犬種によっては1つの飼い方しか買えない場合もあります。
わんわん9-1
今回は、室内飼育と室外飼育のメリットとデメリット、それぞれの飼い方に向いている犬種について紹介していきたいと思います。

犬の室外飼育のメリットとデメリット

わんわん9-2
室外飼育のメリットとしては、番犬の役目を果たせることがありますね。犬が外にいた方が他人が敷地内に入った事がすぐにわかるので、番犬として飼う場合には最適の飼い方といえます。また、室外で飼育するので、室内が汚れる事はないですね。

デメリットとしては、庭で穴を掘ったりといった悪戯をする可能性があります。また、犬は群れで生活する動物なので、室外飼育の場合は犬がストレスに感じる事もあり、飼い主や家族とのスキンシップも少なくなる傾向にあり、しつけが入りにくいといわれています。

さらに、室内飼育の場合よりもノミやダニ、フィラリアなどの感染症に罹患する可能性が高くなるのも室外飼育のデメリットといえます。また、飼育する場所が外部の人の手が届く場所の場合は、いたずらをされたり、盗難に遭ったりする事も考えられます。

さらに、室外飼育は暑さや寒さの場合にエアコンなどが使用できないので、体調管理が難しいといえます。

犬の室内飼育のメリットとデメリット

わんわん9-3
室外飼育は、どちらかというとデメリットの方が多いという印象がありますが、室内飼育はメリットだけかというと違います。

室内飼育のメリットとしては、室外飼育とは違い、スキンシップがしやすく、多くなる傾向にあります。また、犬自身もストレスを感じる事が少ないというメリットがあります。さらに、常に目が届く場所にいるので、何らかの体の異常に気付きやすく、疾患の早期発見につながります。室内は、エアコンなどによって犬の体調や気候に合わせた体調管理がしやすいのもメリットといえます。

スポンサーリンク





デメリットには、ほとんどの犬は抜ける量に違いがありますが、毛が抜けます。室内が汚れるだけでなく、人が吸い込むことでアレルギーの原因にもなり得るので、頻繁に掃除をする必要があります。また、室内飼育をする場合にはトイレなどのしつけをしっかりと行う必要があります。

さらに、家の中の床は、滑りやすいフローリングの場合が多いので、滑らないようにする工夫が必要となり、そのままにすると、腰や膝に負担がかかり、膝蓋骨脱臼などの疾患に罹患する可能性もあります。犬の嗅覚は人の比ではなく、すぐに近づいてきて、場合によっては食べてしまう事もあります。その結果、肥満になってしまう事もあります。肥満になると、更に体の負担がかかってしまいます。

室外飼育に向かない犬の特徴

わんわん9-4
室外飼育に向かない犬としては、寒さ、暑さに共に弱い犬に関してはあまり室外飼育に向きません。ただ、気候がそれぞれの特徴にあっている場合は室外飼育もできます。たとえば、寒い気候の地域の場合は、寒さに強ければ、室外飼育は可能です。

また、チワワやヨークシャー・テリアといった超小型犬や小型犬も不向きです。小さい犬種は寒さに弱く、室外飼育には特に向かない犬種です。さらに、仔犬や老犬は免疫力や体力が、成犬よりも弱く、疾患に罹患しやすいので室外飼育はしないようにします。また、同じような理由で疾患に罹患している犬や怪我をしている犬も室外飼育はしないようにしましょう。

室内飼育に向かない犬の特徴

わんわん9-5
室内飼育に関しては向かない犬種というのは存在しません。ただ、グレート・デーンやセント・バーナードのような大型犬や超大型犬はかなり大きく、飼育スペースを確保しなければいけません。また、パワーもあるので、家の中でちょっと動き回った結果、家具や食器などが破壊されてしまう事は覚悟しないといけません。

また、番犬として飼育する場合には、室内よりも室外にいた方が役割がまっとうできます。

まとめ

1. 室外飼育は、感染症に罹患する可能性が高いので、その対策は必須といえます。

2. 室内飼育は、室外飼育と比較して掃除などで手間がかかる飼育方法といえます。

3. 室外飼育に向かない犬の特徴は、人との関わり合いが特に必要な犬種です。

4. 室内飼育に向かない犬の特徴は、基本どんな犬種でも室内飼育でも飼育する事はできるので、飼い主や家族の考え方次第といえます。

どの飼い方にもメリットとデメリットがあり、その犬種によっても変わってきます。
さらに、室外飼育か室内飼育かは、飼い主のライフスタイルによっても変わってきますが、どの飼い方を選択するかは、その犬の習性や特徴も考慮して決定するようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク