犬の糖尿病 ~インスリンの作用不足に基づく代謝性の病気。合併症にも注意~


人で多くの人を苦しめている糖尿病ですが、犬でも発症する事があります。

糖尿病は、インスリンの作用不足に基づく代謝性の病気で、様々な代謝障害が起こる全身性の病気です。また、合併症には重篤なものが含まれるので注意が必要な病気です。

今回は、糖尿病の原因と症状について紹介していきたいと思います。

インスリン


インスリンは体内で唯一の血糖値を下げる作用を持つホルモンで、膵臓のランゲルハンス島B細胞で産生・分泌されます。

膵臓は、肝臓の後ろ側、胃の背中側に位置する臓器で、膵液を産生して小腸上部に外分泌する外分泌系の機能といくつかのホルモンを産生・分泌する内分泌系の機能の2つを併せ持つ臓器です。

糖尿病はこのインスリンが何らかの原因で作用不足になる事で発症します。

犬の糖尿病の種類と原因


糖尿病は、インスリンの投与が毎日必要なインスリン依存型(Ⅰ型)とインスリンの投与が必要なインスリン非依存型(Ⅱ型)があります。

原因としては、膵臓のランゲルハンス島からのインスリン分泌不全や標的組織でのインスリン作用に対する阻害因子の存在などがあります。
また、発症には遺伝的素因と共に肥満、感染、運動不足などの環境因子が加わってきます。

早食いやドガ食いが習慣化していると、食餌の度にインスリンが放出されるようになり、インスリンの反応が鈍くなってしまい、血糖を取り込む作用が徐々に鈍くなってしまいます。

その結果、血糖値の値が高いまま保持するようになり、最終的には糖尿病を発症してしまいます。

糖尿病は、7~10歳齢の壮年期からシニア期の犬でよく認められ、特にメス犬はオス犬よりも発症しやすいといわれています。

犬種としてはダックスフンドやプードル、ミニチュア・シュナウザーに好発傾向があります。また、よく認められる犬種としては、キースホンド、プーリー、ミニチュア・ピンシャー、ケアーン・テリアなどがいます。

犬の糖尿病の症状


糖尿病の一般的に認められる症状としては、肥満、多食、多飲・多渇や多尿があり、食欲亢進にも関わらず体重減少が生じるといった症状が認められます。

また、進行すると食欲不振・嘔吐・脱水が認められ、重篤な症例としては糖尿病性昏睡に陥り死亡してしまいます。

糖尿病で最も恐ろしいとされているのが合併症です。合併症には全身性に広がる病気があり、犬では白内障・糖尿病性網膜症・子宮体硬化症が知られています。

スポンサーリンク




犬の糖尿病の治療

糖尿病の特徴的な徴候の1つである高血糖ですが、副腎皮質機能亢進症・膵炎・腎不全・急性肝炎などでも認められる為に高血糖だけで糖尿病かどうかを決定する事はできません。

なので、糖負荷試験を実施して糖消失率やインスリンの分泌反応を検査して糖尿病かどうかを決定します。

糖尿病かどうかを確定診断した後は、治療を施します。

治療は、人工的に生成したインスリンを毎日皮下注射します。また、この注射の効果が出るのは注射後3時間頃からで、18~24時間持続します。

インスリンの量は多すぎると低血糖発作を起こし、意識を失ったりけいれんを起こしたりすることがあり、逆に少なすぎると、血糖値が十分に下がらない状態になって注射した意味が薄れてしまいます。また、適正量は運動量や摂取カロリーによって変わってくるので獣医師の指示に従った適正量を投与するようにしましょう。

また、食餌量が多すぎると、血中に放出される糖分も増加するので食餌の質と量には十分な配慮が必要となるので、獣医師と相談の上で運動量とあわせて毎日の摂取カロリー数、給餌回数、タイミングなどを設定するようにする事も大切です。

食餌としては療法食の1つとして糖尿病や肥満を防止する為のドッグフードもあるので、そういったものを利用するのも1つの方法です。

犬の糖尿病の予防


糖尿病を予防する為には早食いやドガ食いをしないようにしたり、肥満にならないようにする事が大切です。また、肥満にならないように適度な運動も必要です。

また、糖尿病はオスよりもメスの方が発症する確率が高くなっています。特に避妊をしていない犬が糖尿病に確率が高くなっているので、避妊手術を行う事も予防の1つです。

ただ、避妊手術をさせる場合には太りやすくなっているので、術後には適正体重を維持するようにする事も行うようにしましょう。
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

まとめ

1. インスリンは、体内で唯一の血糖値を下げる作用を持つホルモンで、膵臓のランゲルハンス島B細胞で産生・分泌されます。

2. 糖尿病の種類と原因は、インスリンの投与が毎日必要なインスリン依存型(Ⅰ型)とインスリンの投与が必要なインスリン非依存型(Ⅱ型)があります。また、遺伝的素因と共に肥満、感染、運動不足などの環境因子が加わってきます。

3. 症状は、肥満、多食、多飲・多渇や多尿があり、食欲亢進にも関わらず体重減少が生じるといった症状が認められます。

4. 治療は、人工的につくられたインスリンを毎日投与します。

5. 予防は、早食いやドガ食いをしないようにしたり、肥満にならないようにする事が大切です。また、肥満にならないように適度な運動も必要です。

犬の糖尿病は最悪の場合は死亡する危険性がある病気なので、飼い主や家族としては予防をしっかりと行わないといけない病気といえます。また、少しでも異常が確認された場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにする事も大切です。

特に早食いやドガ食いをする犬の場合には、できるだけゆっくりと食べるようにしたり、1回の食餌量を減らし、食餌回数を増やしたりといった工夫が必要です。

また、肥満にならないように毎日適度に運動をさせる事も大切です。特に室内飼育の小型犬や超小型犬の場合は運動量が少なくなりがちなので、1日30分~1時間ほどは外に出して運動させるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク