犬の前庭炎 ~シニア期の犬は注意しなければならない病気~


犬の脳神経の前庭に炎症が生じた状態を犬の前庭炎といい、平衡バランス感覚が障害を受けた状態をいいます。また、前庭炎は一般的にシニア期の犬に発症するので、シニア期の犬を飼育している飼い主や家族は注意しなければならない病気です。

今回は、前庭炎の原因と症状について紹介していきたいと思います。

犬の前庭(ぜんてい)とは


前庭は、犬の耳の最も奥にある内耳と呼ばれる場所にあり、カタツムリのような形の「蝸牛」とプレッツェルのような形の「三半規管」が骨のなかに収まっています。

前庭は、姿勢や体のバランスを保つ平衡感覚を司る器官なので、前庭に異常が引き起こると犬は頭や体の位置をコントロールできなくなってしまいます。

また、蝸牛は蝸牛神経に繋がり、音を脳に伝えるという働きがあり、三半規管は前庭神経に繋がり、体の位置情報を脳に伝え、体のバランスを保つ役割を担っています。

犬が前提炎になる原因


前庭炎は、外耳炎や中耳炎、内耳炎の以外にも耳腫瘍なども原因として考えられています。これらの病気に罹患した結果、内耳で炎症が生じ、それが前庭神経まで波及する事で発症します。

また、原因としてはストレス、環境、外気圧などがあり、それらが複合して発症する事があります。更に8歳齢以上のシニア期の犬が多い事ために老化現象が何らかの関わりを持っている事も考えられています。

犬の内耳炎

内耳炎は細菌感染によるものが最も多く、感染性の外耳炎や中耳炎から波及して生じます。また、内耳は聴覚に関わる蝸牛とバランス感覚に関する三半規管から構成されています。

内耳炎を発症すると、うまく歩けずによろめいたり、転倒したりするといった症状や炎症が起こっている方向への傾斜や旋回、眼球振盪などが発現します。

また、初期症状としては吐き気や嘔吐があり、食欲低下といった症状が発現する事があります。更に外耳炎や中耳炎を併発する事が多く、耳を掻いたり、頭を振ったりといった外耳炎の症状や顔面麻痺やホルネル症候群といった中耳炎の重い症状を伴う事があり、難聴にもなります。

スポンサーリンク




犬の前庭炎の症状


前庭炎の症状としては、意味もなく頭を傾げたり、グルグル回ったり、ふらふら歩いたり、横に倒れたり、眼振といった行動に異常が認められる症状があります。

また、重症化すると、まっすぐに歩けなくなってしまうこともあり、くるくると回転するような動作をしたり、さらに重傷になると歩くことができなくなって倒れてしまう事もあります。

犬の前庭炎の治療

犬の前提炎は、症状が独特な為に犬の様子を見るだけで判断する事ができます。

また、前提炎だと判断した場合には、対症療法が施されます。一般的には副腎皮質ホルモン薬やビタミン、抗めまい薬などの投与が施され、約1週間ほどで回復に向かいます。

また、ふらふらと歩いて危険なため、症状が出ている間は散歩を控えたり、危険な場所を避けながら散歩するよう配慮する事が大切です。室内の場合も家具などにぶつかって怪我をしないようにする事も大切です。

外耳炎や中耳炎、内耳炎等の他の病気が原因の場合は、まずはそういった病気の治療が施されます。

犬の前庭炎の予防


前庭炎の予防としては、効果的なものはありません。ただ、外耳炎や中耳炎、内耳炎などの耳の病気が発症に関係している為に耳の異常が起こっていないかをチェックする事が予防になります。特に耳が垂れている犬の場合は、空気の通気が悪く、耳垢や細菌が増殖しやすくなり、耳の疾患になりやすい為に定期的な耳の手入れをする事が重要となります。

また、前庭炎を予防する為にはバランスの良い食事と適度の運動を行う事が重要です。

まとめ

1. 前庭は、耳の最も奥にある内耳にあり、姿勢や体のバランスを保つ平衡感覚を司る器官です。

2. 原因は、外耳炎や中耳炎、内耳炎、耳腫瘍などの他にストレス、環境、外気圧なども原因となります。また、シニア期の犬に発症が多い傾向にあります。

3. 内耳炎は、うまく歩けずによろめいたり、転倒したりするといった症状や炎症が起こっている方向への傾斜や旋回、眼球振盪などの症状が発現します。

4. 症状は、意味もなく頭を傾げたり、グルグル回ったり、ふらふら歩いたり、横に倒れたり、眼振といった症状が認められます。

5. 治療は、副腎皮質ホルモン薬やビタミン、抗めまい薬などの投与が施され、約1週間ほどで回復に向かいます。

6. 予防は、耳の病気が原因となる事があるので耳に異常がないかをチェックする事が重要です。また、バランスが良い食餌と適度の運動も重要です。

犬の前提炎はシニア期の犬に起こる病気で、頭を傾げたり、グルグル回ったり、ふらふら歩いたり、横に倒れたり、眼振といった症状が発現します。行動に異常が発現する為に見つけやすい病気なので、異常を確認した場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

また、外耳炎や中耳炎、内耳炎などの耳の病気が関係しているので定期的な耳の手入れとチェックを怠らないようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク