犬の急性胃炎と膵炎 ~流涎、突然の反復性嘔吐、脱水、吐瀉物の中に血~


犬の胃炎には急性と慢性の2つがあり、急性胃炎は胃の粘膜に突然炎症が生じた状態です。また、慢性胃炎が1週間以上持続するのに対して、急性胃炎の場合は1週間ほどで収まります。

今回は、急性胃炎と膵炎について紹介していきたいと思います。

犬の急性胃炎の原因


急性胃炎の原因としては、異物誤飲、回虫などの寄生虫の寄生、ジステンパーなどの感染症、薬剤などあります。また、食べ過ぎや極度の空腹でも発症する場合があります。

そんな中で最も多い原因は、誤飲です。犬は、気になった者は何でも口に入れてしまう習性があるので、口の中に入れられるものは誤飲する危険性があります。

→口臭や体臭、便臭が気になる愛犬に。腸内環境を整えるサプリメント「ずっと一緒だワン」

犬の急性胃炎の症状

急性胃炎の症状としては、流涎、突然の反復性嘔吐、脱水、吐瀉物の中に血が混ざるといったものが発現し、食欲や元気の減退も認められます。

また、急性胃炎は疼痛を伴う為に腹部が緊張し、激しい吐き気を伴います。嘔吐をして食べた物や胃液などを吐瀉しますが、吐くものがなくても吐く動作をします。

嘔吐をする事によって、脱水や電解質バランスの異常を引き起こし、ぐったりする事もあります。また、腐ったものを食べた場合には嘔吐と腹痛があり、下痢を起こす事もあります。

また、治療をしない場合には膵炎を併発する事もあります。

犬の膵炎(すいえん)


膵炎も急性と慢性に分類され、急性膵炎は脾臓から分泌されるタンパク分解酵素による膵組織の自己消化に始まり、多臓器不全や重篤な感染症を引き起こします。また、慢性膵炎は膵実質の進行性の細胞傷害・破壊や線維化により膵機能障害を伴った病態を示します。

急性膵炎は、ミニチュア・プードル、ミニチュア・シュナウザー、コッカー・スパニエル、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア等で発症が多いとされ、元気消失、黄疸、激しい腹痛・食欲廃絶・嘔吐・下痢(血様)・発熱、脱水、ショック症状といった症状が認められます。

慢性膵炎は、5歳以上の犬に認められ、メスの成犬に多く認められる傾向があり、ミニチュア・プードル、コッカー・スパニエル、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア等に発症が多いといわれます。

また、症状としては消化不良、脂肪便、下痢、体重減少などがあり、嘔吐・下痢・腹痛・元気消失・食欲減退・脱水症状・黄疸・呼吸促迫・頻脈・低体温も症状として発現します。

スポンサーリンク




犬の急性胃炎の治療


急性胃炎の多くは自然治癒しますが、1週間以上持続した場合には慢性胃炎へと移行します。

また、治療法としては異物の誤飲に関しては飲み込んだ異物を制吐剤や内視鏡によって除去したり、胃の洗浄などが施されます。

また、体力のある犬の場合は、12時間の絶水と24時間の絶食をして胃を休めるようにします。その後、少量の水から、消化しやすい低脂肪、単一タンパク、単一炭水化物の食餌を胃に負担をかけないように少しずつ与えます。

嘔吐や下痢を行うと、体液が失われてしまうので脱水を引き起こしてしまう為に輸液を施します。重症の場合には点滴が施される場合もあります。

また、寄生虫や感染症などが原因で胃炎を引き起こしている場合には基礎疾患の治療が施されます。

→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

犬の急性胃炎の予防


急性胃炎の最も多い原因が誤飲なので、誤飲をしないようにする事が大切です。犬の飼育環境に誤飲をしやすいものを置かないようにする事が重要です。特に室内飼育で放し飼いをしている場合には飼い主や家族が気が付かないうちに誤飲してしまう事があるので注意が必要です。

また、極度の空腹も原因として考えられているので、食餌を与える時間やドッグフードの質や量を安定させることも重要です。

→アレルギーに配慮した穀物不使用・無添加のドッグフートならモグワン

まとめ

1. 原因は、異物誤飲、回虫などの寄生虫の寄生、ジステンパーなどの感染症、薬剤などがあります。また、食いすぎや極度の空腹でも発症する事があります。

2. 流涎、突然の反復性嘔吐、脱水、吐瀉物の中に血が混ざるといったものが発現し、食欲や元気の減退も認められます。

3. 膵炎は、脾臓から分泌されるタンパク分解酵素による膵組織の自己消化に始まり、多臓器不全や重篤な感染症を引き起こします。

4. 治療は、異物の誤飲に関しては飲み込んだ異物を制吐剤や内視鏡によって除去したり、胃の洗浄などが施されます。

5. 予防は、誤飲をしないようにしたり、食餌を与える時間やドッグフードの質や量を安定させるようにします。

犬の急性胃炎は1週間ほどで自然治癒しますが、1週間以上持続して慢性胃炎に移行したり、放置をした結果、膵炎を引き起こしてしまう事もあります。

なので、飼い主や家族としては流涎、突然の反復性嘔吐、脱水、吐瀉物の中に血が混ざるといったといった急性胃炎の症状を確認した場合には動物病院での診察をするようにしましょう。

また、最も多い原因である誤飲は室内だけでなく、散歩などの際にも誤飲する危険性があるので拾い食いをしないようにしつける事も急性胃炎を予防する為には大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク