犬の骨盤骨折 ~犬の骨折の中で最も多い骨折が骨盤骨折の症状や予防~


犬の骨折の中で最も多い骨折が骨盤骨折です。また、ほとんどが外的要因で骨盤はいくつかの骨で構成されている為に骨盤骨折を引き起こすと複数の骨折が起こります。

また、骨盤の周囲には多くの動脈が通っている為に、外部から強い衝撃を受けると出血を起こし、取り返しがつかない大怪我へとつながってしまう事があります。

今回は、犬の骨盤骨折について紹介していきたいと思います。

犬の骨盤骨折の原因


骨盤骨折のほとんどが交通事故などの外的要因ですが、シニア期の犬は階段から落ちただけでも骨盤を骨折してしまう場合もあります。また、ドアなどに強く挟まれたり、ソファーやベッドなどから落ちても骨折してしまいます。

また、骨腫瘍等の骨に異常をきたしている場合にも骨自体がもろくなっている為に骨折しやすくなります。

骨盤は、体のバランスを保つ為に重要な役割を担っている為に、骨盤を骨折すると様々な障害を引き起こしてしまいます。

スポンサーリンク




犬の骨盤骨折の症状


骨盤骨折の症状としては、跛行、体のバランスを崩す、歩行不能、尻尾を動かせない、排便排尿困難などが発現します。

また、ほとんどの原因が交通事故なので、交通事故の合併症として頭蓋骨内出血、脳挫傷、肺挫傷、胸空内出血、気胸、横隔膜ヘルニア、胃破裂、脾臓破裂、尿路系疾患、動脈性出血、皮膚の座減、切開、感染などを引き起こしている場合があります。なので、交通事故を起こした場合には外傷がなくても念のために動物病院で検査を受けるようにしましょう。

→元気がない・食欲がない・皮膚病の犬におすすめなサプリメント「キングアガリクス」

犬の骨盤骨折の治療

骨盤骨折かどうかは、レントゲン検査で確認できます。また、合併症を引き起こしていないかを確認する為に同時に骨盤腔内の臓器の異常、その他内臓の異常を確認します。

治療としては、症状が重くない場合には固定が施され、症状が重篤の場合には手術が施されますが、骨折が排便や後肢の運動に問題を引き起こさない場合には保存的な治療が選択される事があります。
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

犬の骨盤骨折の予防


骨盤骨折を予防する為には段差から落ちないようにしたり、交通事故に遭わないように注意する必要があります。

特に交通事故の場合は防ぐ事ができる事が多い傾向にあります。
交通事故の原因として犬の引っ張り癖があります。これは、散歩の際に犬自身が前にどんどん行ってしまう事で、人通りが多い場所や自転車が多い場所では注意が必要です。人や自転車を避けようとして車道に飛び出て事故に遭う事が増えていっているので、引っ張り癖がある犬は注意しましょう。

引っ張り癖は、しつけによって改善する事ができますが、仔犬の頃の方が力も弱くやりやすい為に仔犬の頃から散歩トレーニングをしっかりと行う事が重要です。
また、リードをその犬をコントロールできない人が持つことも交通事故に繋がってしまう為にやめましょう。

また、夜間に散歩をする飼い主や家族の方は、散歩をする際には発光性のリードを利用する事で車やバイクなどに存在を知らせる事で事故を防止する事ができます。

散歩をする際に、ノーリードをしないようにする事も交通事故を防ぐ事になります。ノーリードは飼い主や家族が危ないと思っても犬をすぐにコントロールができない為に交通事故に遭いやすくなってしまうのでやめましょう。

→自然給餌(ナチュラルフィーディング)を基本コンセプトにしたアランズ・ナチュラルドッグフード

犬が交通事故に遭った際の注意点


交通事故は小型犬の方が死亡率が高いように思えますが、実際には大型犬の方が死亡率が高くなっています。小型犬の場合は車の下に潜り込んで危機を脱する事ができますが、大型犬の場合にはそういった事ができない為にもろにダメージを受けてしまうのでなくなってしまう事があります。

また、愛犬が交通事故に遭った際にはすぐに動物病院へと連れていく必要がありますが、その際に愛犬に噛まれる飼い主や家族が多くいます。
これは犬自身が疼痛によって反射的に噛んだりする事があります。この場合はいつもは大人しい犬でも同じで、注意しないと咬まれてしまいます。

ただ、意識がない場合にはあまり動かさずに動物病院へと連れていきましょう。

まとめ

1. 原因は、交通事故や階段などからの落下などの外的要因がほとんどです。

2. 症状としては、跛行、体のバランスを崩す、歩行不能、尻尾を動かせない、排便排尿困難などが発現する。

3. 治療は、症状が重くない場合には固定が施され、症状が重篤の場合には手術が施されます。

4. 予防は、段差から落ちないようにしたり、交通事故に遭わないように注意する必要があります。

5. 交通事故に遭った際の注意点は、犬がパニックになっている為に噛まれないように注意します。

犬の骨盤骨折は、交通事故などが原因となるので飼い主や家族としては交通事故に遭わないように注意する必要があります。

特に引っ張り癖がある犬の場合は交通事故に遭う確率が高くなります。なので、しつけによって矯正するようにしましょう。

万が一、交通事故に遭った際には犬がパニックになっている事があるので、噛まれないように注意しましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク