犬のアトピー ~アレルゲンとなる物質を取り除く事で予防も、アトピーの改善~


アトピーは、犬がアレルゲンを吸い込む事によって症状が発症するアレルギーの1つです。また、アトピーは遺伝的な要因が強く、免疫グロブリン抗体が産生されやすい体質の犬に発症するといわれます。

アトピーは直接命に関わる事はありませんが、アレルギーの中で最も発症率が高い為に注意が必要なアレルギーです。

今回は、アトピーの原因と対策について紹介していきたいと思います。

犬のアトピーの原因


アトピーは、免疫グロブリンE(IgE)抗体が産生されやすい体質の犬に発症するとされ、犬の約10%はアトピーに罹患しているといわれています。

また、原因となるアレルゲンとしてはハウスダスト、花粉、ダニ、真菌などが考えられ、これらのアレルゲンを吸い込む事によってアトピーを発症します。

アトピーは遺伝的要因があるとされ、犬種としては柴犬、シー・ズー、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ミニチュア・ダックスフンド、フレンチ・ブルドッグ、ビーグル、トイ・プードルで多いとされます。

本来、犬を含めて人や猫などでも皮膚には外部からの刺激から犬を守る為の防御機能が存在します。ただ、皮膚の防御機能が低下する事でアレルゲンの侵入を許し、犬の体が異常反応する事によって症状が発現してしまいます。

また、皮膚の防御機能は、体内の水分が蒸発しないよう内部にとどめておく機能および外界の異物が体内に侵入しないよう防御する機能の事です。

犬のアトピーの症状

アトピーを発症した場合には、顔や四肢、腹部などに強い掻痒感を引き起こし、時には全身症状も生じます。また、強い掻痒感から引っ掻いたり、噛んだりする事で二次的な皮膚炎を引き起こし、その多くが湿疹の経過症状をとります。

また、アトピーに罹患すると外耳炎や膿皮症、結膜炎を引き起こします。

犬の外耳炎


外耳炎は、耳の外耳道に炎症が起こる病気で強い掻痒感と疼痛を発現し、耳や首を振ったり、耳を引っ掻いたりといった症状が認められます。
また、疼痛から飼い主や家族でも耳を触られる事を嫌がるようになります。

アトピーが原因の場合はアレルゲンを取り除けば症状は改善されます。

犬の膿皮症

膿皮症は、皮膚の化膿性病変を総称して膿皮症といいます。また、軽症のものは自然治癒しますが、抵抗力の弱い犬や不適切な治療を施した場合には悪化し、慢性化しやすいといわれます。また、化膿部の深さや程度、化膿の原因となる細菌の種類、基礎疾患の有無などで病名や症状が変わってきます。

一般的な膿皮症の症状としては、皮膚が局所的に発赤し、次第に掻痒感が増加してきます。掻痒感から犬が引っ掻いたり、噛んだりすると広範な脱毛を示します。

また、症状が進行すると、腫脹・膿瘍・発熱・疼痛などが認められます。

スポンサーリンク




犬のアトピーの治療


何がアレルゲンとなるかは、アレルギー検査によって判断しますが、最も信頼度が高い検査としては皮内反応検査があります。

この検査方法は、皮膚に直接アレルゲンの候補を注射して、その反応によってアレルギーの原因を検査する検査方法です。

また、最近では血液検査でも検査する事ができるようになっています。

検査によってアレルゲンを特定したら、治療が施されます。一般的には炎症や掻痒感を抑制する為にステロイド剤やヒスタミン剤の投与が施されます。

また、減感作という治療法も施される場合があります。この治療法は、アトピーは体が過剰に反応した為に起こる為に毒素を薄めたアレルゲンを故意に体内にいれて、そのアレルゲンになれさせようとする治療方法です。

また、アトピーは皮膚が乾燥すると悪化する為に、皮膚を乾燥させないように保湿剤を塗布する事もあります。

犬のアトピーの予防


アトピーの予防としては、常に犬の生活環境を清潔にしたり、アレルゲンを犬の生活環境から取り除く事が大切です。
また、犬にとって何がアレルゲンとなるかを理解しておくことも大切です。

まとめ

1. アトピーの原因は、ハウスダスト、花粉、ダニ、真菌などを吸い込む事によって発症します。

2. アトピーの症状は、顔や四肢、腹部などに強い掻痒感を示し、時に全身症状を生じます。

3. 外耳炎は、外耳道に炎症を起こす病気で、耳や首を振ったり、耳を掻いたりします。

4. 膿皮症は、化膿性の皮膚病変で皮膚が局所的に発赤し、次第に掻痒感が増加してきます。

5. アトピーの治療は、炎症や掻痒感を抑制する為にステロイド剤やヒスタミン剤の投与が施されます。

6. アトピーの予防は、アレルゲンを取り除く事が重要です。

犬のアトピーは、アレルゲンとなる物質を取り除く事で予防も、アトピーの改善もできます。なので、飼い主や家族としては犬の生活環境野中にアレルゲンがないようにするだけで予防はできます。

ただ、どれがアレルゲンになるかは犬によって変わってきてしまうので、動物病院で検査を行い、どれがアレルゲンとなるかを理解しておくと予防も容易となります。

アトピーになると皮膚に異常が生じる為に常に犬の皮膚の状態をチェックする必要があります。ただ、犬の皮膚は被毛で覆われているので皮膚をチェックする場合には皮膚をかき分けてチェックするようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク