犬の結膜炎 ~犬の目の病気として最も発症する病気~


犬の結膜炎は犬の目の病気として最も発症する病気です。また、結膜炎の原因はほとんどが外的要因によるものとされ、予防が難しくない病気といえます。

命に関わる事はない病気ではありますが、疼痛がある病気なので犬の為にも結膜炎についてしっかりと理解して予防する事が大切です。

今回は、結膜炎について紹介していきたいと思います。

犬の結膜と結膜炎の原因


結膜は、目を覆っている角膜と強膜の上から眼球を覆っている粘膜の事で、角膜と共に外界と接している部分です。

なので、細菌やウイルスなどの感染、事故、喧嘩などによる負傷が起こりやすい場所です。

また、結膜は眼瞼の内側にある眼瞼結膜と眼球の前半部分を覆っている眼球結膜の2つがあり、そのどちらでも結膜炎は起こり得ます。

結膜の原因としては、結膜炎が両目で起こっているのか、片側だけで起こっているかで変わってきます。両目で起こっている場合にはアレルギーや感染症などが原因で起こり、片目の場合には異物などの物理的刺激によって起こる事が考えられます

異物としてはゴミ、シャンプー、花粉、粉塵、揮発性有機化合物などがあります。また、感染症としてはジステンパーレプトスピラ症などがあります。

また、天疱瘡、アトピー性皮膚炎、角膜炎、ドライアイ、流涙症、ブドウ膜炎、緑内障、副鼻腔炎などを発症している場合に結膜炎を引き起こす事もあります。

結膜炎は、ヨークシャー・テリア、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、シー・ズー、ミニチュア・シュナウザー、パグ、ブルドッグ、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアなどの犬種でよく認められる為にこれらの犬種の飼い主や家族は注意する必要があります。

犬のドライアイ


結膜炎の原因の1つであるドライアイは、人でも発症しますが犬でも起こります。正式には乾性角結膜炎と呼ばれる病気で、涙が減少する事で起こります。

原因としては先天性、神経性、自己免疫性、突発性などが考えられ、涙を産生する涙腺や第三眼瞼腺に異常が起こる事で涙の産生量が減少してしまう事で発症します。

また、眼の病気の1つであるチェリーアイの治療として第三眼瞼腺を切除した場合や眼球周辺の腫瘍遺体する放射線治療を施した場合等でも涙の量が停止、ドライアイを発症してしまいます。

こういった異常がなくてもドライアイを発症する事があります。涙が蒸発するスピードが速すぎて、涙の産生が追い付かない場合にはドライアイを発症します。

この場合は、アメリカン・コッカー・スパニエル、イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ブルドッグ、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ラサ・アプソ、シー・ズー、パグなどの外気に触れている眼球の表面積が大きい目の犬種で多いとされています。

犬の結膜炎の症状


結膜炎を引き起こすと、疼痛や掻痒感が発現する為に目を擦ったり、何かに目を擦り付けたりといった行動が認められます。こういった行動が認められた場合には目に異常が起こっている為に動物病院での診察を受けるようにしましょう。

また、白目が充血したり、瞬きが多くなったり、涙が多くなったり、眼球が腫れてやや大きくなるといった症状も認められます。

スポンサーリンク




犬の結膜炎の治療

結膜炎を発症した場合には炎症を抑える為に点眼薬や眼軟膏の治療が施されます。また、眼球の周りの被毛が目に入る事で炎症を起こしている場合には目の周りの無駄な被毛をカットする事もします。

眼を清潔に保つようにする為に眼の周辺をほう酸水などで洗浄したり、細菌やウイルス、他の病気が原因の場合にはまずはそういった感染症や病気の治療が施されます。

治療の過程で犬がどうしても目を擦ってしまう場合にはエリザベスカラーなどで擦れないようにする事もありますが、この方法はあくまでも治療の過程で犬が目を擦る事で眼球を傷つけない為に施されます。

犬の結膜炎の予防


結膜炎は基本的に外的要因が原因なので、眼を傷つけないようにする事が大切です。

目の周りの被毛が多い犬種の場合は余計な被毛をカットしたり、散歩をする際に木の枝などで目を傷つけないように注意する事が大切です。また、眼に異物が入らないように常に犬の生活環境を清潔にしたりする事も重要です。

眼を擦っている行動を確認した場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにする事も大切です。また、ジステンパーやレプトスピラはワクチンによって予防できるので、しっかりとワクチン接種をする事も大切ですね。

まとめ

1. 結膜と結膜炎の原因は、外界に接している為に細菌やウイルスなどの感染、事故、喧嘩などによる負傷が起こりやすく、感染症や病気、アレルギー、異物といった事が原因となり発症します。

2. ドライアイは、涙腺や第三眼瞼腺に異常が起こる事で涙の産生量が減少する事で発症します。

3. 症状は、疼痛や搔痒感が起こる為に目を擦ったり、物に目を擦りつけるといった行動が認められます。

4. 治療は、炎症を抑える為に点眼薬や眼軟膏の治療が施したり、眼を清潔に保つようにする為に眼の周辺をほう酸水などで洗浄をしたりします。

5. 予防は、目の周りの被毛が多い犬種の場合は余計な被毛をカットしたり、散歩をする際に木の枝などで目を傷つけないように注意する事が大切です。

犬の結膜炎は、眼を清潔にしたり、傷をつけないようにする事で予防する事ができます。

また、目を擦ったり、物に擦り付けたりといった行動をするためにそういった行動をした場合には目に異常が起こっている証拠なので、すぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク