犬の脳腫瘍 ~小さな異常も見落とさないようにチェック~


脳は、体と心を司る臓器で生きていく上でなくなくてはならない臓器です。なので、脳が脳腫瘍などで障害を受けると体や心に影響ができます。また、脳のどこに発症するかで症状が変わってきます。

今回は、犬の脳腫瘍について紹介していきたいと思います。

犬が脳腫瘍になる原因


脳腫瘍には、脳の細胞が腫瘍化してできる原発性脳腫瘍と他の部位から転移する続発性脳腫瘍があります。また、転移する腫瘍としては、悪性黒色腫や悪性リンパ腫、血管肉腫、乳腺がんなどがあります。

脳や脊髄自体はごく柔らかい組織であり、それが腫瘍化する事もありますが、脳腫瘍として最も多いのは髄膜が腫瘍化して起こる髄膜腫です。また、髄膜腫は脳を表面から圧して潰してしまう事が多いようです。

脳や脊髄自体がガン化する場合には、脳の中に腫瘍が隠れている事があります。また、グリア細胞種と呼ばれるものが多く、これ自体も数種類に分類されます。また、脳内にある脳室から発生する脈絡叢腫、上衣腫なども認められます。

続発性脳腫瘍は、数多くの悪性腫瘍で転移が確認されていますが、犬で最も多い悪性腫瘍は血管肉腫です。

脳腫瘍を発症した犬の95%以上が7歳以上の為に壮年期~老年期にかけての病気といえます。また、短吻犬種が高い発症率を持っている為に、短吻犬種を飼育する場合には中が必要です。更に例外的にゴールデン・レトリーバーもかかりやすい犬種として知られます。

犬の脳腫瘍の症状


脳腫瘍は発症した場所によって症状が変わってきますが、一般的な症状が痙攣です。
また、急に臆病になった、反応が鈍くなった、怒りっぽくなった、痙攣発作を起こすようになったなどの精神的な症状が発現する事があります。

また、眼振、視力喪失、斜視、目が窪んでいるなどの目に症状が発現する事があります。これは、眼が多くの脳神経によってコントロールされている事が原因で症状が発現します。

脳腫瘍が体の平衡感覚をコントロールをしている場所に発症した場合には斜頸や捻転斜視などが認められます。

この他には、片方あるいは両方の顔面の筋肉が下がったように見えたり、頭の筋肉が薄くなり、頭のてっぺんの骨が出っ張ったように見えたり、後肢がふらついたり、一定方向に傾いて歩いたりする事があります。

犬の脳腫瘍の診断


症状が他の病気でも認められるものである為に、症状だけで脳腫瘍かどうかを診断する事は稀で、診断を下す際には体全体をまんべんなくチェックする事が大切です。

また、MRI検査や脳脊髄液検査によって診断しますが、どの動物病院でも検査できるわけではない為、大学病院や大病院に連れていく必要があります。また、犬の場合はMRI検査などをする場合には全身麻酔も必要となります。

スポンサーリンク




犬の脳腫瘍の治療

脳腫瘍の治療としては腫瘍の部位や種類によって化学療法や外科的手術、放射線療法などが単独で或いはいくつかの治療法が組み合わせて行われます。

脳腫瘍に伴う炎症や浮腫を抑えたり、てんかん様発作をコントロールするため、抗炎症薬などによる内科的治療が施される事もあります。

また、犬の年齢が若く、体力がある場合には外科手術によって摘出手術が施される事もありますが、腫瘍の場所によってはできない場合もあります。
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

手術ができない場合には、緩和・放射線・化学療法が施されます。
ただ、放射線治療は成功率が低く、治療費も高額なので化学療法と緩和療法が併用される事が多い傾向です。

犬の脳腫瘍の予防


脳腫瘍は予防が難しい病気なので、予防をするというよりも早期発見・早期治療が重要となってきます。なので、常日頃から犬の状態をチェックして異常があった場合にはすぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

ただ、脳腫瘍の場合は飼い主や家族が動物病院に連れて行った際にはもうすでに手遅れの状態という事もあります。なので、常日頃から犬の状態をチェックする事と定期的な健康診断が大切となります。

まとめ

1. 原因は、原発性と続発性に分類され、壮年期~老年期の犬に発症しやすい傾向があり、短吻犬種は特に注意が必要です。

2. 症状は、最も発現するのは痙攣で、眼振、視力喪失、斜視、斜頸や捻転斜視、後肢がふらついたり、一定方向に傾いて歩いたりするといった症状が発現します。

3. 診断は、MRI検査や脳脊髄液検査によって行われますが、どんな動物病院でもできるわけではないので、大学病院や大病院へ行かなければいけません。

4. 治療は、侵されている場所や程度、犬の状態によっても変わってきますが、内科的治療と外科的治療のどちらかもしくは両方をかけ合わせて行われます。

5. 予防は、困難なので早期発見・早期治療が重要となります。

犬の脳腫瘍は、予防が困難な病気なのである日突然発症する事がある病気なので、常日頃から犬の状態をまんべんなくチェックし、定期的な健康診断を行う事が重要です。

脳腫瘍は飼い主や家族が異常に気付いた場合には手遅れである事があるので、小さな異常も見落とさないようにチェックする事が重要です。また、少しでもおかしいと思った場合にはすぐに動物病院での診察を受ける事も大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク