犬のペットロス ~愛犬を失う辛さ苦しさへの対策・回復法~

犬をはじめとするペットが亡くなった後に感じる悲しみがペットロスです。

ペットロスは基本的にどんな人でも陥るものです。

ただ、人によっては鬱(うつ)などの精神的な病気になるほど重い悲しみを背負う場合もあります。
ペットロス わんわんネット
今回は、ペットロスとその対策について紹介していきたいと思います。

犬のペットロス

ペットロス わんわんネット
大事な家族である犬が亡くなった後に悲しむことは普通の事です。

更にペットロスを引き起こすものとなるのは、ペットの喪失およびペットがいたからこそ享受できていた散歩・アジリティ・犬仲間との会話などの喪失です。

ペットロスになると、鬱病、不眠、情緒不安定、疲労や虚脱感・無気力、眩暈、摂食障害、精神病様症状といった症状を示すようになります。

また、ペットを失った時に感じる深い悲しみにはいくつかの典型的なモデルがあります。

悲しみのプロセス

ペットロス わんわんネット
悲しみのプロセスとしては、悲しみが生じてから回復するまでの心の過程を「拒否・怒り・交渉・抑うつ・受容」の5つに分類しています。

悲しみのプロセス:拒否

拒否は、犬が亡くなったという事を頑なに認めようとしない状況です。

この拒否の状況はどんなに荒唐無稽でも、「犬が死んだというのが何かの間違いである」と思わせてくれるような材料を片っ端から探してでも亡くなったことを認めようとしません。

悲しみのプロセス:怒り

怒りの段階は、自分に苦しみを与えたものに対して漠然と反発することです。

「他者への怒り」もあれば、「自分への怒り」も様々あります。

悲しみのプロセス:交渉

交渉の段階は、悲しみを克服するために、何か神的なものに願掛けをすることで、神頼みに近い心理状況といえます。

悲しみのプロセス:抑うつ

抑うつは、無気力状態の事です。ポジティブな感情を悲しみの感情が押し流してしまい、どんなことをしても楽しくない状態になる事です。

悲しみのプロセス:受容

受容の段階は、犬の死を受け入れ始める時期で、徐々にポジティブな感情も出てくる時期です。

次第に生活の中で嬉しいと思う時や楽しいと思うときが増えてきて、通常の生活に戻ってきます。

ペットロスはこの5段階を経過する事で少しずつ改善されていきますが、その時間は個人差があり、半年以上も抜け出せない場合もあります。

犬のペットロスを悪化させる原因

ペットロス わんわんネット
ペットロスを悪化させる原因としては、「友人や家族の支えが得られない」場合や「友人や家族がいても、鈍感なコメントしか聞くことができない」といった場合があります。

「たかがペットじゃないか。元気出しなよ」とか、「新しいペットを飼えば良いんじゃない?」などという事は飼い主や家族としては、非常にショックな言葉となり、よりペットロスが悪化する原因となります。

スポンサーリンク





また、犬の死が事故死や突然死などの場合は飼い主や家族が自分の責任と感じて、ペットロスが悪化する事もあります。

死に方も問題で、「長患い後の死・苦痛やトラウマを伴う死」という場合、「ペットに対して何もしてあげることができなかった・・」という無力感からペットロスが悪化する事もあります。

犬との関係が深すぎると、犬が亡くなると自分の体の一部が失ってしまったかのような感覚になってしまい、ペットロスが悪化してしまいます。

ペットロスを悪化させる原因としては、犬が亡くなった悲しみを率直に表現する事ができなくなったり、正常な悲しみのプロセスが抑えられたりした場合があります。

犬のペットロスの予防策や対策

ペットロス わんわんネット
ペットロスの予防策としては、事故死などの不慮の死を防ぐ事が大切です。

不慮の死を防ぐ為には常日頃安全に配慮する事が重要です。散歩などで外に出れば事故に遭う可能性はゼロではありません。

なので、ノーリードで散歩をしないようにし、常に犬をコントロールできる人がリードを持つようにしましょう。

また、落下事故や感電事故を防ぐ為に犬の生活環境で危険なものはできる限り取り除くようにしましょう。

ペットロスには過度の依存関係が原因となる場合もあるので、過度の依存関係にならないようにある程度距離を置いて接するようにしましょう。

ペットロスになった際には、思いっきり泣く事が大切です。

鳴かなかったり、感情を抑える事はペットロスを悪化させる原因となるので、思いっきり泣く事で過剰なペットロスにならないようにする事ができます。

また、ペットロスの対策としてはそのペットとの別れの時間をちゃんと行う事が大切です。

人であればお通夜、葬式といった故人との別れをする時間があります。

ただ、犬などのペットの場合はそういった事をしない事が殆どで、しっかりと別れをしないままで置くためにペットロスが悪化する事があります。

なので、ペットが亡くなった後は1日でもしっかりと別れの時間を作って、大事な家族が亡くなった事を理解して、別れの時間を過ごすようにしましょう。

まとめ

1. ペットロスは、ペットを失った人すべての人になる可能性があります。

2. 悲しみのプロセスは、ペットロスになった人が正常な生活に戻る為に必要なプロセスです。

3. ペットロスを悪化させる原因は、ペットの死に方や周囲の人の心無い言葉でペットロスは悪化してしまいます。

4. ペットロスの予防策や対策は、ため込んだりしないで思いっきり泣いたりして悲しみの感情を表現したり、不慮の死を迎えないように細心の注意を払うようにしましょう。

ペットロスは、ペットを飼育する全ての人がなる可能性がありますが、改善して正常の生活に戻るまでの時間は人やペットとの関わり合いの深さによっても変わってきます。

また、周囲の人はペットロスになった人に対してはかける言葉には注意しないと、傷つけてしまう事があります。

(コラム:ペット専門家 クロさん)