犬の10大死亡原因 ~ほとんどは病気が原因。愛犬の健康管理と予防~

犬の死亡原因 わんわんネット
飼い主や家族としてはいつまでも健康に愛犬が過ごしてもらいたいと願いますよね。

その為には健康管理が重要ですが、犬がどのように死亡してしまうかを理解しておくと予防がしやすいですね。

今回は犬の死亡原因について紹介していきたいと思います。

犬の10大死亡原因

犬の死亡原因 わんわんネット
犬の10大死亡原因としては、以下の10つがあります。

全ての犬がこの死亡原因でなくなるわけではありませんが、この原因で死亡する可能性が高いのでこの10つの原因を防ぐように健康管理を行えば、より長生きする事ができます。

1位 ガン 54%
2位 心臓病 17%
3位 腎不全 7%
4位 てんかん発作 5%
5位 肝臓疾患 5%
6位 胃拡張・胃捻転 4%
7位 糖尿病 3%
8位 アジソン病 2%
9位 クッシング病 2%
10位 突然死 1%

→グレインフリー・肉の副産物不使用のプレミアム・ドッグフード「カナガン」

犬の死亡原因No.1ガン

犬の死亡原因 わんわんネット
犬の死亡原因で最も高い原因はガンで、全体の約半数以上を占めています。

また、犬は比較的ガンに罹患しやすいといわれていて、人と同じくガンは年を重ねるほど発症率は高くなります。

ガンは悪性腫瘍といわれ、無規律な増殖、浸潤性、転移性を特徴とする腫瘍です。

ガンに罹患すると、無制限に栄養を使って増殖するため、健康な細胞を栄養不足に陥ったり、正常な組織を圧迫したり場所を占領することで機能不全に陥ったりします。

また、内分泌組織を機能不全に陥ったり、ホルモンバランスを崩します。
ガンが全身に転移すると多数の臓器が機能不全に陥ります。

ガンの特徴としては自然治癒する事はなく、積極的に治療を行わなければ最終的には死亡してしまいます。

→アレルギーに配慮した穀物不使用・無添加のドッグフートならモグワン

犬の死亡原因No.5肝臓病

犬の死亡原因 わんわんネット
肝臓は犬が生きていくために非常に重要な器官です。

特にタンパク質の生産、血糖値の調節、血液凝固の調節、炭水化物、 脂肪の代謝、すべてのビタミンの生産および蓄積、消化のために胆汁の生産、有害物質の排除外など役割を担っています。

また、犬が肝臓病に罹患していたとしても早期に発現する症状は特徴がない為に見落としやすい病気です。

主な症状としては、食欲不振、体重減少、嘔吐や下痢、軟便、大量の水を飲み、おしっこを頻繁にするなどがあります。

これらの症状だけでは肝臓病かどうかの診断を下す事ができない場合が多く、見落として進行してしまう事もあります。

関連記事:犬の肝炎と肝硬変 ~肝臓の病気は気付きにくく手遅れになることも!~
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

スポンサーリンク




犬の死亡原因No.6胃拡張、胃捻転

犬の死亡原因 わんわんネット
犬の死亡原因のNo.6の胃拡張、胃捻転は大型犬や超大型犬に多く、放置すると数時間で死亡してしまう緊急性が高い病気です。

食後すぐの激しい運動をしたり、早食いやドガ食いなど原因で発症し、食後1~4時間以内にお腹が膨れてきてチアノーゼやショック症状を起こして、数時間で死亡します。

関連記事:犬の胃捻転 ~大型犬に多い胃捻転。異常を感じたらすぐに病院へ~

→口臭や体臭、便臭が気になる愛犬に。腸内環境を整えるサプリメント「ずっと一緒だワン」

犬の死亡原因No.10突然死

犬の死亡原因 わんわんネット
犬の死亡原因の中で唯一病気が原因でない原因が突然死です。
事故でも病気でもなく、老衰でもない死亡原因が突然死です。

突然死はいきなりなくなってしまうので、飼い主や家族としては心の準備なく死亡してしまいます。
突然死の原因は心臓化膿に原因があるとされています。

犬種として突然死が多いのはチワワとさえています。

チワワはもともと心臓が強い犬種ではなく、チワワの特徴であるアップルヘッドと呼ばれる丸みのある頭で、頭蓋骨の間に隙間がある事が多く、頭に関する病気になりやすいので突然死の危険性が高い犬種です。

また、突然死は真夏と真冬に多く認められるので、これらの季節には特に注意が必要です。
これらの季節に多い理由としては、何らかの原因で心臓や脳に痙攣を伴う発作が起こりやすい為といわれています。

→お部屋についたおしっこなどの臭いの原因を元から分解!消臭剤カンファペット

まとめ

1. 犬の10大死亡原因は、ガンが最も多く、その半数を占めます。割合から見ても他の死亡原因よりもガンで亡くなる犬が多いことが分かります。

2. 犬の死亡原因No.1ガンは、転移する可能性があり、早期に治療を行わないと手遅れになる危険性があります。

3. 犬の死亡原因No.5肝臓病は、初期症状が特徴的なものがない為に飼い主や家族が見落としやすいので注意が必要です。

4. 犬の死亡原因No.6胃拡張、胃捻転は、大型犬や超大型犬に多いとされますが、稀に中型犬や小型犬でも起こる為に食後1~2時間は運動はさせないようにしましょう。

5. 犬の死亡原因No.10突然死は、いきなりなくなってしまう為に予防する事は難しいですが、真夏や真冬に多いとされるので、その時期には体調管理はしっかりと行いましょう。

犬の死亡原因は、突然死を除けばすべて病気が原因となっています。
また、どの病気も100%予防はできませんが、ある程度予防する事ができる病気です。

なので、しっかりと健康管理をして、適度に運動させて、栄養バランスの優れた食餌を食べさせることが大切です。
予防できる病気に関してはしっかりと予防する事で、愛犬との生活を少しでも長く過ごしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)