犬のワクチン接種 ~毎年接種する狂犬病ワクチンなど、犬のワクチンの種類と注意点~

犬のワクチン接種 わんわんネット
毎年、春先になると自治体から狂犬病ワクチンのはがきが来ますよね。

犬の場合は毎年狂犬病ワクチンを接種しなくてはいけないですが、それ以外にもいくつかの病気を予防するためにワクチンを接種する事が大切となります。

今回は犬が摂取する事ができるワクチンの種類や接種する際の注意点について紹介していきたいと思います。

関連記事:犬の感染症・狂犬病 ~人にも感染し、ワクチン接種が義務づけられる狂犬病について~

犬のワクチンとは?

犬のワクチン接種 わんわんネット
ワクチンは、ある病気の抗体を体内に作るために無毒化もしくは弱毒化したウイルスを注射するものです。
ワクチンは特定の病気を予防するために接種するものですが、感染を100%予防する事はできません。

ただ、仮に感染しても症状を軽減する事ができ、犬の体への負担を軽くします。
 
また、ワクチンの種類としては化学処理などによって殺したウイルスや細菌を使用した「不活化ワクチン」と、毒性を弱めた微生物やウイルスを使用した「生ワクチン」があります。

不活化ワクチンの効果が約1年で薄れるのに対して、生ワクチンの効果は短くても3年ほど持続します。
効果が長い生ワクチンですが、極稀に有毒化したり、増殖したりする事があり、副作用の可能性もあります。

犬のワクチンで予防できる病気

犬のワクチン接種 わんわんネット
ワクチンで予防できる病気は、狂犬病、イヌ伝染性肝炎、コロナウイルス感染症、ジステンパー、パルボウイルス感染症、レプトスピラ症があります。

関連記事:犬の咳と病気 ~犬の咳の種類とジステンパー・ケンネルコフ・フィラリア・気管虚脱~

この中で狂犬病は毎年接種する事が狂犬病予防法という法律によって義務付けられていて、罰則規定もあります
それ以外の病気のワクチンは飼い主や家族の判断に任せられていますが、接種した方がいいとされています。

また、全ての病気のワクチンを接種するのではなく、その組み合わせは1~11種類あるとされています。

関連記事:犬の感染症・狂犬病 ~人にも感染し、ワクチン接種が義務づけられる狂犬病について~

犬のワクチン接種のタイミング

犬のワクチン接種 わんわんネット
ワクチン接種は仔犬の頃から始めますが、生まれた直後は母犬からの贈り物である受動免疫があるので、この受動免疫の効果が切れるタイミングで行う事が必要です。

受動免疫は母犬の初乳を経由して仔犬に渡させる免疫で、まだ免疫が確立されていない仔犬を守る為の期間限定の免疫で、期間は生後8~12週間です。

この受動免疫が効果を発揮している間にワクチンを接種しても、ワクチンの効果が十分に得られない為に受動免疫の効果が切れてからワクチン接種は行います

全米動物病院協会や世界小動物獣医協会のガイドラインでは生後6~8週齢頃に初回のワクチン接種を行う事を奨励しています。

これは、母犬の初乳を飲んでいない仔犬は8週齢までの免疫力が非常に弱い為で、副作用や個体差を考慮して6週齢から行う事が一般的となっています。

生後6~8週齢に1回目の接種をし、その2~4週間隔で第2回目の接種を行います。
その後は生後16週齢以降に最後の接種を行い、その半年後に免疫を強化する為の接種を行い、その後は3年後に再び接種します。

スポンサーリンク




犬のワクチンは1年ごとに接種しなければいけないのか?

犬のワクチン接種 わんわんネット
日本ではワクチン接種は毎年1回のペースで行いますが、最近、アメリカでは3年に1回で十分という考え方が主流となっています。

ワクチンの中でコロナウイルスやパラインフルエンザ、レプトスピラといった病気のワクチンは1年で効果が切れる為に未だに1年に1回が主流となっています。

ワクチンの接種する期間は、ワクチンの接種による副作用の危険性が感染症に感染する危険性よりも低いかどうかが大切です。
飼い主や家族が犬の生活環境から感染の危険性からどのワクチンを接種するか決めるようにしましょう。

犬のワクチンを接種する際の注意点

犬のワクチン接種 わんわんネット
ワクチンは無毒化や弱毒化されているといっても副作用が発現しないというわけではありません。
なので、ワクチン接種後は副作用が発現しないかどうか観察する事が大切です。

副作用としては、注射した場所の腫れや痛み、脱毛、肉芽腫、虎穴性病変といった症状が発現したり、全身性の副作用としては食欲不振、微熱、リンパ節の腫れ、脳炎、多発神経炎、関節炎、発作、異常行動、脱毛、呼吸の変化といった症状が発現したりします。

これ以外にも貧血を起こしたり、アナフィラキシーショックを起こしたりする可能性もあります。

副作用は、特に小型犬に複数のワクチンを接種して3日以内に起こる事が多いとされています。
この副作用の中で最も恐ろしいのはアナフィラキシーショックです。

これはアレルギー反応の中で最も重篤な症状とされていて、命の危険性もあります。
早ければ接種後10~15分くらいで呼吸困難、嘔吐、けいれん、血圧低下などの症状が認められます。

ワクチン接種後は、24時間は安静にして犬に異常が発現していないかを観察するようにしましょう。

まとめ

1. ワクチンとは、狂犬病やジステンパー等の病気を予防するために犬に体内に抗体を作る為に打つ薬品です。

2. ワクチンで予防できる病気は、狂犬病やジステンパーなどの危険度の高い病気を予防できます。

3. ワクチン接種のタイミングは、6週齢くらいに最初のワクチン接種をしてその後2回のワクチン接種をして、後は1年もしくは3年に1回接種します。

4. ワクチンは1年ごとに接種しなければいけないのかは、ワクチンの種類によっては3年ごとでも十分なワクチンもあります。

5. ワクチンの接種する際の注意点は、副作用が発現しないかどうかを確認したり、接種後は24時間は安静にしておくようにします。

犬のワクチン接種は、犬が健康的に生活する為には必要なことです。

特に狂犬病やジステンパーなどの命に関わる病気でワクチンしか予防法がない病気もあるので、ワクチン接種はしっかりと行うようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)