犬の抜け毛 ~犬が抜け毛する原因に考えられる病気の種類と症状~

犬の抜け毛 わんわんネット
犬は春と秋によく被毛が抜けますが、病気の1つの症状として毛が抜ける事があります。

また、病気が原因で毛が抜ける場合には、特徴的な毛の抜け方を吸うので病気を特定する事ができます。

今回は、抜け毛の原因と考えられる病気について紹介していきたいと思います。

犬の病気ではない抜け毛

犬は春と秋に換毛期がある動物です。

秋はこれから来る冬に寒さに耐える事ができるように被毛が生え変わり、春は冬が終わり、寒さに耐えるのではなく、夏の暑さに体が耐えるように通気性の高い被毛に生え変わります。

この被毛が生え変わる時期には他の季節と比較して非常に多くの被毛が抜けます。また、抜け毛が多い犬種としては、柴犬、ラブラドール・レトリーバー、ゴールデン・レトリーバー、シェットランド・シープドッグなどのダブル・コートの犬種が多いとされます。

また、現在多くの飼い主や家族が犬を室内飼育をしていますが、室内飼育をする場合には外の気温や日照時間の影響を受けにくいので、1年を通じて少しずつ被毛が抜けている傾向があります。

犬の毛が抜ける原因となる病気

犬の抜け毛 わんわんネット
毛が抜ける際に原因となる病気としては、アレルギー性皮膚炎・膿皮症・皮膚真菌症・ホルモン性皮膚炎・脂漏性皮膚炎・外部寄生虫などがあります。

毛が抜けるという事は、皮膚に異常が出ているという事なので、基本的には皮膚の病気の可能性があります。

ただ、クッシング症候群甲状腺機能亢進症などの体内のホルモンの病気が原因となる事もあります。
関連記事:犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症) ~糖尿病などを併発する内分泌の病気~

犬の毛が抜けた時のチェックポイント

犬の抜け毛 わんわんネット
毛が抜けた時はいくつかのチェックするポイントがあります。

まずは、毛が抜けている場所を確認します。病気の場合は全身の被毛が抜けているのではなく、部分的に抜ける事が多く、病気の種類によって抜ける場所が変わるので病気を特定する意味でも抜けている場所を確認します。

また、抜けている形も確認します。病気によっては円形に抜けたり、左右対称に抜けたりするので、その形も確認しましょう。

抜け毛を確認した際にはかゆみを伴っているかもチェックします。
その他にも食餌の種類や今現在、他の病気で治療を受けているかどうかをチェックします。

ドッグフードに含まれている食材によってアレルギーを発現する事もあり、アレルギーの症状の1つとして抜け毛もあるので、ドッグフードを変更する事も考えましょう。
関連記事:犬の食餌性アレルギー ~ドッグフードが原因のアレルギー。フレンチ・ブルドッグは特に注意!~

アレルギー性皮膚炎や甲状腺機能亢進症などの治療で使用される薬剤の中にはステロイド剤があります。ただ、ステロイドの副作用が原因となって毛が抜ける場合があります。

その場合にはステロイドの使用量を減らす必要がありますが、素人判断では危険なので、必ず獣医師の指示に従うようにしましょう。

犬の毛が抜ける場所から考えられる病気

犬の抜け毛 わんわんネット
顔や肢、脇、背中の毛が抜けている場合には、アレルギー性皮膚炎の可能性があります。
また、症状が重い場合には全身に紅斑ができる場合もあります。

お尻から背中にかけての毛が抜ける場合には、ノミアレルギーの可能性があります。
この場合の抜け毛は尾の付け根や腰の周りの毛が抜ける事が特徴です。

被毛が左右対称に抜ける場合には、クッシング症候群と甲状腺機能低下症の可能性があります。

クッシング症候群は頭と足以外の毛が左右対称に抜けます。また、色素沈着を伴う場合があります。

甲状腺機能低下症は、肢を中心に左右対称に毛が抜ける場合と背中とお腹の毛が左右対称に抜ける場合があります。

スポンサーリンク





円形に抜ける場合は皮膚真菌症の可能性があります。
この抜け毛は円形に近い形の抜け毛が起こり、進行するにしたがって全身に広がります。

広範囲に抜け毛が起こる場合には、膿皮症の可能性があります。
膿皮症に罹患すると、皮膚が赤くなったり、発疹や強い痒みが起こり、痒みから咬んだり引っ掻いたりして毛が抜けます。

お尻周りや外陰部、下腹部の毛が抜けると性ホルモンの異常が起こっている可能性があります。
この場合の抜け毛は、左右対称に抜けるのではなく、この場所だけで毛が抜ける事が特徴です。

目や口の周りの毛が抜ける場合にはニキビダニ症に感染している可能性があります。
また、ニキビダニ症の場合の抜け毛は全身的に抜ける場合もあります。

体を舐めて、毛が抜ける場合には精神的なストレスの可能性があります。
精神的なストレスが原因で、犬が自分の肢を舐めたり、尻尾を噛んだりして怪我抜ける事があります。

犬の抜け毛の対策

犬の抜け毛 わんわんネット
病気が原因の場合には、その病気を治療する事で抜け毛を改善する事ができます。

病気が原因でない場合には、ブラッシングをする事が大切です。

ブラッシングの頻度は、被毛の長さや被毛の種類によって変わっていきますが、少なくても1週間に1回は必ずブラッシングをするようにしましょう。
関連記事:犬の手入れ ~ブラッシング、爪切り、歯みがき、耳かき、肛門絞りのやり方とコツ~

シャンプーも抜け毛対策としては大切ですが、シャンプーのやりすぎは逆に被毛の状態を悪くする原因となります。

なので、シャンプーは月に1回程度で十分です。シャンプーよりもブラッシングをする事の方が抜け毛対策には重要です。
関連記事:犬のシャンプー ~犬は水にぬれるのが大嫌い!シャンプーの必要性とコツ~

まとめ

1. 病気ではない抜け毛は、基本的には換毛期に抜ける被毛が多い傾向ですが、それ以外の季節でも被毛は抜けます。

2. 毛が抜けた時のチェックポイントは、部分的に被毛が抜ける場合には病気の可能性があるので、どの病気かを特定する為にも抜ける場所や抜ける形などをチェックしましょう。

3. 毛が抜ける場所から考えられる病気は、抜ける場所からある程度病気を判断する事ができます。

4. 抜け毛対策は、最も大切なのはブラッシングをする事です。また、病気にならないように日頃の健康管理も大切です。

犬の抜け毛は、痒みが伴っている場合には見つけやすいですが、痒みを伴わない場合には見落としやすく、ロング・コートの犬種ほど皮膚の状態や抜けている場所を見つける事は難しくなります。

なので、ブラッシングをする場合にはしっかりと皮膚をかき分けて皮膚の状態や特定の場所の被毛が抜けていないかをチェックする必要があります。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク