犬の骨折 ~骨折の種類と対処法、骨折しやすい犬種について~

犬の骨折 わんわんネット
骨折は人でも起こりますが、犬でも起こります。

骨折は外力によって骨の一部もしくは全部が断たれた状態をいい、その原因によって外傷性骨折、病的骨折などに分類されたり、骨折の状態によっても単純骨折、複雑骨折などに分類されたりします。

今回は、骨折の種類と対処法について紹介していきたいと思います。

犬の骨折の原因と分類

犬の骨折 わんわんネット

外傷性骨折

骨が耐えることができる力以上の外力が加わる事で起こる骨折を外傷性骨折といい、犬では交通事故や落下などの強度の打撲が原因で起こる事が多い骨折です。

また、小型犬同士のけんかによっても起こる事があります。

開放性骨折

折れた骨が皮膚を突き破ったり、外力が強すぎてしまった場合には骨が折れるだけではなく周囲の皮膚や皮下組織、筋肉なども同時に傷害して骨と本来接する事のない外界が接ししてしまう状態を開放性骨折といいます。

開放性骨折は、骨折端の骨膜や骨髄、周囲の軟部組織などに細菌感染が起こると重篤な状況になる事もあります。

閉鎖性骨折

開放性骨折とは違って、外界と接しない場合を閉鎖性骨折といいます。

この場合も骨に加わった外力が協力過ぎた場合でも骨折部周囲の軟部組織が同時に損傷している事があります。

その他の骨折

これ以外にも弱い力が繰り返し加わる事で起こる疲労骨折、骨にひびが入る亀裂骨折、骨についている筋肉や靱帯が強い外力で引っ張られた時に生じる剥離骨折、強い外力で押し潰されて生じる圧迫骨折、子犬の成長期に起こる成長板骨折などがあります。

骨折は、くる病、骨腫瘍、骨感染症、その他栄養障害などが原因となって起こる事もあります。これらの骨折を病的骨折といい、軽微な外力によって簡単に骨折してしまいます。

骨折をしやすい犬種

犬の骨折 わんわんネット
骨折をしやすい犬種としては、ポメラニアン、チワワ、マルチーズ、イタリアン・グレーハウンド、ボルゾイ、サルーキ、アイリッシュ・セター、甲斐犬、トイ・プードル、ミニチュア・ピンシャー、パピヨンなどがいます。

これらの犬種はどちらかというと華奢な体格をしている犬種が多く、小型犬や超小型犬が多い傾向ですね。

体が小さいと少しの段差から落ちたとしても受けるダメージが大きくなりがちになります。

犬が骨折をした時の症状

犬の骨折 わんわんネット
骨折をした場合には、痛みや折れた部位が腫れたり、熱を持ったり、内出血を起こしたり、変形などが起こります。

肢の骨が骨折した場合には、跛行や歩行困難などが起こったり、麻痺が起こしたり、後肢や腰部の麻痺と排便や排尿根名を伴う事もあります。

大腿骨が骨折した場合には、大量出血を伴って出血性ショックの原因となる事もあります。
また、骨折をすると触られる事も嫌がるので、その仕草でもどこが折れているか分かります。

外傷性骨折の場合には、神経や血管、筋肉などの軟部組織に色々な合併症を起こす事があります。

この場合は、神経や血管が損傷したり、筋肉の血行障害が起こる事で阻血性拘縮が起こり、筋肉が壊死します。

同様に血行障害により骨折端の壊死が起こり、骨折部分が癒合するはず日数を過ぎても癒合しない状態になる事もあります。

スポンサーリンク




犬が骨折した際の対処法

骨折をした場合には、骨折部位にガーゼを巻き、ガーゼの間に副木を挟むようにして当てます

副木は木じゃないといけないわけではなく、段ボールなどでも代用ができます。ガーゼも包帯でも十分です。

これらの手当てをした後に動物病院へ連れて行くようにしましょう。

犬の骨折の予防

犬の骨折 わんわんネット
骨折の原因で最も多いのは交通事故なので、飛び出ないようにしつけを徹底的に行ったり、リードを長くしないように持ったりしましょう。

また、テリア犬種や元狩猟犬などの犬種は、特にいきなり飛び出たり、猫や他の犬を追いかけたり、自転車や自動車などの動くものに飛びかかりやすい為に、いつでも犬をコントロールできるようにしておくことが大切です。

リードを持つ人がしっかりと犬をコントロールできる人が持つことも交通事故を防ぐ意味でも大切です。

小型犬や超小型犬の場合は、少しの高さから落ちても骨折をする場合があるので、抱っこをする場合には暴れても落ちないような抱っこの方法をするか、リードをもってたとえ落ちても地面に叩きつけられる事は防いだり、首輪に指をかけておくなどの工夫をしましょう。

仔犬期の肥満は、骨の発育を遅らせる結果となり、骨折しやすくなるので食餌管理と体重管理をしっかりと行うようにしましょう。

まとめ

1. 骨折の原因と分類は、骨が絶えることができないほどの外力を受けた際に骨が折れます。また、骨折する原因や骨折した状態によっていくつかの骨折に分類されます。

2. 骨折をしやすい犬種は、華奢な犬種や小型犬種が多い傾向があります。

3. 骨折した時の症状は、折れた部位が腫れたり、熱を持ったり、変形などの症状を起こりします。

4. 骨折した際の対処法は、ガーゼや包帯を副木を添えて巻きますが、骨折した犬は触られる事を嫌がるので、噛まれないように注意しましょう。

5. 骨折の予防は、交通事故や落下などを防いだり、仔犬期にしっかりと骨が成長するように体重管理や食餌管理を行います。

犬の骨折は、交通事故や落下などが主な原因なので予防する事もできるので、しつけや抱っこの方法によって骨折をしないようにしましょう。

また、しっかりとした骨を成長できるように仔犬期の食餌量や運動量には注意しましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク