犬の熱中症や熱射病 ~犬は汗をかかないので体温調節が苦手!高い気温は要注意~

犬の熱射病 熱中症 わんわんネット1
犬は、人とは違って体温調節が苦手な動物です。なので、熱中症や熱射病になりやすい動物といえます。

特に気温が高い時期や気温が高い場所では要注意な病気の1つです。また、時には命の危険もある病気です。

今回は、熱中症や熱射病について紹介していきたいと思います。

犬の体温調節方法

犬の熱射病 熱中症 わんわんネット1
人は、暑い時や体温が高くなる場合には全身にある汗腺によって汗をかく事で体温調節をします。ただ、犬は人のように汗をかかない動物といわれます。実際は少しは汗をかく汗腺が存在します.が、肉球くらいしかないので汗をかく事だけで体温調節だけでは間に合いません。

だから、犬は汗をかく事ではなく、舌を出して唾液を蒸発させて体温調節を行います。この行為をパンティングと呼びます。

また、地面に穴を掘ったり、ひんやりとした床やコンクリートの上に腹ばいになったりする事で体温を下げたりします。

また、夏場の体温調節の1つとしては扇風機がありますが、犬にとってはあまり効果はありません

ただ、霧吹きなどで軽く水を吹きかけた後に扇風機を当てると、熱が水と一緒に飛ばす事ができるので、暑さ対策にはなります。

エアコンは、室内の温度を下げる事ができるので、扇風機よりも犬の熱中症や熱射病対策としては有効的です。

→皮膚や被毛のトラブルに化粧水アヴァンス(AVANCE)

犬の熱中症や熱射病

熱中症や熱射病は、蒸し暑い室内や車内での留守番、暑さが厳しい環境での散歩や運動などが原因で発症します。

急激な体温上昇が起こり、最悪の場合は呼吸困難や吐血をして死亡する事もある病気です。

気温や温度が高い場所だけでなく、水分補給が取れない場合などでも発症する事があります。

特に初夏から夏にかけて注意するべき病気ですが、それ以外でも気温が高い場合や蒸し暑い場所に長時間いる場合には注意が必要です。

→元気がない・食欲がない・皮膚病の犬におすすめなサプリメント「キングアガリクス」

犬の熱中症や熱射病の原因

犬の熱射病 熱中症 わんわんネット1
犬は体温調節が上手くできないので、水が十分に飲めなかったり、トイレを我慢しなくてはいけない状況、高温多湿な環境では熱中症や熱射病になりやすいといわれています。

熱中症や熱射病の原因として最も多いのが車内での留守番です。

車中の留守番に注意

人間でも幼児が車の中に放置されて熱中症になって死亡する事件も夏には起こりますよね。犬でも同じような事が起こります。

特に、日差しの強い駐車場で、エアコンをつけずに停車した車内は、熱がこもり温度が急上昇します。このような状況では数分で熱中症になる事もあります。

エアコンを賢く使おう

また、エアコンをつけたり、窓を少し開けていても安全というわけではありません。

換気が十分ではなく、不慣れな茶内での留守番で犬自身が興奮してしまい、体温が上昇する事もあるので、できる限り車内で留守番させる事はしないようにしましょう。

車内同様に室内でもエアコンなどで暑さ対策をしていない場合には、熱中症や熱射病の原因となります。

エアコンをつけたとしても直射日光が当たる場所にケージに入れてしまったらエアコンの効果は減弱して、熱中症や熱射病になる危険性はあります。

夏場のアスファルトで散歩は危険

夏場の暑い時間帯の散歩も熱中症や熱射病の原因となります。

真夏のアスファルトは約50℃まで温度が上昇し、さらに太陽のはね返りによってより熱く感じます。

また、犬は人よりも地面からの距離が近い為により暑さを感じるので、より熱中症や熱射病になりやすくなります。

スポンサーリンク




犬の熱中症や熱射病の症状

熱中症や熱射病になると、体温が40℃以上に急上昇になる為にパンティングや涎を流したり、嘔吐や下痢、呼吸促迫を引き起こして一時的にふらつき倒れる事もあります。

また、目や口の粘膜に充血が起こる事もあります。

この他にも虚脱や失神、筋肉の震えが認められたり、意識が混濁したり、反応が鈍くなったりしたり、完全に意識がなくなったり、全身性の痙攣を起こしたりする事もあります。

悪化すると、吐血や血便、血尿の出血症状が認められたり、チアノーゼが認められたり、最悪の場合はショック症状を起こし、命に関わる事もあります。

→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

犬の熱中症や熱射病になりやすい犬種となった際の対処法

犬の熱射病 熱中症 わんわんネット1
熱中症や熱射病になりやすい犬種としては、ボクサー、ブルドッグ、パグ、ペキニーズ、シー・ズーなどの短吻犬種、セント・バーナード、シベリアン・ハスキー、サモエド、グレート・ピレニーズ、アラスカン・マラミュートなどの北方出身の犬種、肥満体型の犬、仔犬や老犬、心臓や呼吸器が弱い犬があります。

熱中症や熱射病になった場合には、意識がある場合とない場合で対処法は変わってきます

意識がある場合には、犬を涼しい場所に移動させて、水が飲める場合には水を飲ませます。

また、水を飲まない場合には無理やり飲ませる事はせずに、水で濡らしたタオルなどを頭や脇の下、鼠径部にかけたり、水を全身にかけたりして体温を下げます。

また、室内で熱中症や熱射病になった場合には浴槽に水をためてその中に犬を入れるという方法も1つの対処法です。

体温が下がり、犬の平均体温である39度まで下がったら冷やすのを止めて動物病院へ連れていきましょう。

意識がない場合には体温を下げる対処は行いますが、すぐに動物病院で処置する必要があるので、動物病院に連れていきながら体温を下げるようにします。

犬の熱中症や熱射病の予防

犬の熱射病 熱中症 わんわんネット1
熱中症や熱射病の予防法としては、室内の場合は風の通りをよくして、直射日光が当たらないようにカーテンをかけたり、エアコンをかけるようにします。

また、常に新鮮な水が飲めるようにする事も大切です。

車内での留守番は可能な限り行わないようにしたり、どうしても留守番をさせる場合には短時間だけにしたり、新鮮な水を飲めるようにするといった工夫をしましょう。

夏場の散歩や運動をする場合には、日中の気温が高い時間帯を避けて行うようにしたり、犬用のシャツを着せる事でも暑さ対策になります。

また、室外飼育をする場合はや日中に外に出す場合には常に日影ができる場所を作ったり、室内や車内同様に常に新鮮な水を飲めるようにしましょう。

→口臭や体臭、便臭が気になる愛犬に。腸内環境を整えるサプリメント「ずっと一緒だワン」

まとめ

1. 犬の体温調節方法は、パンティングくらいしかない為に熱中症や熱射病になりやすい動物といえます。

2. 熱中症や熱射病は、体内にたまった熱を上手に放散できない状況になった場合に発症します。

3. 熱中症や熱射病の原因は、体温が上昇しやすい状況や熱い時間帯での散歩や運動が原因となります。

4. 熱中症や熱射病の症状は、体温上昇によってパンティングや涎を流したりしてふらつく事があります。

5. 熱中症や熱射病になりやすい犬種となった際の対処法は、呼吸が上手ではない短フン犬種や暑さに弱い寒い地方出身の犬がなりやすい傾向にあります。また、対処法は体温を下げる事が大切です。

6. 熱中症や熱射病の予防は、体温が上昇するような環境には犬を置かないようにしたり、気温が高い状況で散歩や運動をさせないようにします。

犬の熱中症や熱射病は、命の危険もある病気ですが、飼い主や家族がしっかりと予防すれば予防できる病気です。

犬は人よりも暑さに弱い為に、人が大丈夫でも犬は熱中症や熱射病になる可能性はあるので、常に犬の状態を観察してパンティングをしていないかなど注意深く観察するようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク