犬の中毒 ~チョコレートやネギ類など、犬の中毒の種類と対処法~

犬の中毒 わんわんネット
犬が中毒症状を発現する食材や物質などは多くあります。

また、犬は習性的に何でも口に入れてしまうので、よく誤飲が起こる動物でもあります。

散歩中に少し目を離したすきに落ちているものや植物を口の中に入れた結果、中毒症状を引き起こすという事も考えられます。

今回は、犬の中毒を起こす物質と中毒を起こした際の対処法について紹介していきたいと思います。

犬の中毒―食べ物―

犬の中毒 わんわんネット

犬の中毒:チョコレート

犬が中毒を起こす食べ物としては、チョコレートがあります。人にとってはおいしい食べ物であるチョコレートですが、犬にとっては毒となる食べ物です。

チョコレートに含まれるデオプロミンは中枢神経を刺激して毒素となり、中毒症状を引き起こします。

また、このデオプロミンはカカオの香り成分の1つなので、カカオの含有量が高いほど危険性が高くなるのでビターチョコの方が危険度は高くなります。ただ、カカオの含有量が低いチョコでも危険であることに変わりはありません。

致死量は、カカオの含有量によっても違いますが、一般的には体重1㎏あたり200~500㎎とされています。
犬の側でチョコを食べる際には、盗み食いをしないように注意しましょう。

犬の中毒:ネギ

チョコレートと同じくらい危険度があるのがネギ類です。

タマネギなどのネギ類にはアリルプロピルジスルファイドなどの成分が含まれています。この成分は赤血球を破壊して、溶血性貧血やハインツ小体性貧血を発症しやすくします。

致死量に関してはよく分かっていませんが、大量に摂取すると死亡する事は確実です。

犬の中毒:アボカド

沖縄料理で使用されるアボカドも犬にとっては毒となります。

アボカドに含まれるペルジンは犬にとっては有毒物質で、大量に摂取するとネギ類同様に死亡します。

また、ぺルジンは皮にも含まれているので、調理後の皮などを盗み食いしないように注意する必要があります。

犬の中毒:キシリトール

犬にとって毒となるものとしては、ガムなどに含まれるキシリトールもあります。

犬がガムを食べる事はありませんが、キシリトールは他のものにも含まれることもあるので、注意しましょう。

犬は基本的に口に入るものは何でも口に1度入れる動物なので、ガムだけでなく、歯磨き粉なども犬の口が届く位置には置かないようにしましょう。

スポンサーリンク




犬の中毒―植物―

犬の中毒 わんわんネット
犬が口にして中毒症状を引き起こす植物としては、スイセン、スズラン、チューリップ、ヒヤシンス、イヌサフランなどのユリ科植物、トリカブト、クリスマスローズ、チョウセンアサガオ、イラクサ、フクジュソウ、ワラビ、ギギタリスがあります。

また、中毒症状を引き起こす可能性がある植物としては、オシロイバナ、アヤメ、アマリリス、ポインセチア、ボタン、キキョウ、アメリカシャクナゲ、ジンチョウゲ、ランタナ、ツタ、トチノキ、アイビーといったものがあります。

植物というのは、犬の散歩道や家の中など至る所にあります。

散歩などの際には飼い主や家族が注意しておけばいいですが、家の中や庭などに割いている植物に関しては100%注意する事ができないので、犬が触れないようにしたり、危険な植物は取り除くなどの工夫が必要です。

犬の中毒―薬品―

犬の中毒 わんわんネット
犬の中毒を引き起こす薬品としては、人の解熱鎮痛薬に含まれるアセトアミノフェンは、少量でも中毒症状を引き起こします。
また、人でも大量摂取すると人でも死亡症例も報告されています。

その他にも関節炎、生理痛、発熱、炎症部位の鎮痛に用いるイブプロフェンを含む薬品にも注意が必要です。

これ以外でもたばこや洗剤、ガソリンや灯油、不凍液などの薬品でも中毒症状を引き起こす可能性があるので、これらのものは犬の飼育環境の近くや犬が口にしないようにしましょう。

犬の中毒の症状

犬の中毒 わんわんネット
一般的には中毒の症状としては、突然激しい嘔吐や下痢、痙攣発作が起こり、虚脱や昏睡の状態になる事もあります。

また、動物病院に連れていく際には、その原因となった食べ物や物質等を一緒に持って行くと、治療も速やかに適切に行われます。

犬が中毒症状を引き起こした際の対処法

中毒症状を引き起こした際には、中毒症状を引き起こした物質が皮膚や目などに触れて中毒症状を引き起こしている場合には、大量の水で洗い流します

また、ぬるめのお湯を溜めて浴槽に入れるのも1つの方法です。

更に、水を飲むようであれば大量に水を飲ませるといいですが、飲まない場合もあります。

中毒症状を引き起こした際に大切な事は、犬を落ち着かせる事です。
また、新鮮な空気に当てる事も大切です。

何か食べたのであれば、吐かせる事が大切です。食べて2時間以内であれば吐かせる事は有効な手段です。

吐かせるには、食塩を体の大きさに合わせてスプーン1~7杯を飲ませます。
そうすれば、犬は水を飲み、その後に吐かせる事ができます。

まとめ

1. 犬の中毒―食べ物―は、人にとっては安全な食べ物の場合が多く、犬が盗み食いをする可能性があります。

2. 犬の中毒―植物―は、道路沿いや家の中、庭などに植えられている植物もあり、犬が食べてしまう可能性があります。散歩などで通る道の場合は事前に確認して危険が低い道を選ぶようにしましょう。

3. 犬の中毒―薬品―は、犬の飼育環境や犬が届く位置に薬品などを置かない事が大切です。

4. 中毒の症状は、中毒かどうかは判断が難しいので、中毒の可能性がある場合にはすぐに動物病院に中毒症状を起こした可能性があるものを持って行くようにしましょう。

5. 中毒症状を引き起こした際の対処法は、何が中毒症状を引き起こしているかを判断して、洗い流すのか吐かせるかを決めます。また、事前に動物病院に連絡してから指示を仰ぐという方法もアリです。

犬の中毒症状は、命に関わる事もあるのでいち早く対処する事が大切です。

また、人の食べ物には犬が中毒症状を引き起こすものもあるので、人の食べ物を与えない事も大切です。

さらに、中毒症状を引き起こすものを犬が生活する環境に置かない事も大切です。

特に昼間家を空けて犬が長時間留守番をする場合には、危険なものを犬が届く位置に置かない事が重要です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク