犬の急性腎不全と慢性腎不全 ~犬の腎臓病の種類と症状~

13 急性腎不全と慢性腎不全 1-1
犬の腎臓の病気としては腎不全があります。また、腎不全は急性と慢性腎不全に分類されます。

体にとって不必要な老廃物や毒素を尿として体外に排出します。腎臓はこの尿を生成する臓器です。腎臓病は最終的には全身の臓器に障害を与えるようになる病気です。

今回は腎不全について紹介していきたいと思います。

犬の腎臓の役割

犬の腎臓は胃や肝臓よりも後ろにある臓器で左右1つずつある背中側にある臓器です。

腎臓の主な役割は、尿を作る事で、尿と一緒に老廃物や毒素を体外へと排出する事で、健康を維持します。つまり、腎臓なしでは健康な生活を送る事はできません。

その他にも赤血球を作らせたり、血圧を調節するホルモンを作ったりします。

また、腎臓にはネフロンという腎臓の機能の単位があります。ネフロンは、腎小体とそれに続く1本の尿細管のことを指します。犬では80万個存在するとされ、各々でろ過や再吸収、分泌、濃縮が行われて尿が作られています。

犬の腎不全とは

13 急性腎不全と慢性腎不全 1-2
腎不全は、約75%以上の腎臓機能が何らかの原因によって障害されて、症状が呈されるような状態をいいます。

また、腎不全には経過によって急性と慢性に分類され、急性腎不全は更に3つに分類されます。

急性腎不全は数時間~数日の間に急激に症状が悪化するのに対して、慢性腎不全は数年以上に渡ってゆっくりと進行して様々障害が発現します。

急性腎不全と慢性腎不全の違いは、急性腎不全が治療によって腎機能が回復するのに対して、慢性腎不全は一度低下した腎機能が戻る事は殆どありません。

犬の急性腎不全の原因と分類

急性腎不全は、障害される部位によって3つに分類されます。

心疾患などに起因して腎臓へ流れる血液量の低下によって起こる「腎前性腎不全」、腎臓の構造そのものが種々の原因に追って障害される事により起こる「腎性腎不全」、腎臓で作られた尿の排泄路の障害によって起こる「腎後性腎不全」に分類されます。

急性腎不全の原因としては、尿路結石症によっておしっこの通り道が塞がった事によるものが多い傾向にあります。また、その他にもレプトスピラによる間質性腎炎や溶血によって生じる腎不全などがあります

急性腎不全の原因としては、毒性物質もあります。これは腎臓に作用して毒性を発揮して機能不全に陥る物質の事で、腎毒性物質と呼ばれます。

抗生物質、化学療法薬(抗がん剤)、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)、造影剤、重金属、昆虫やヘビなどによる生物毒、ブドウ、ユリ科植物など様々ありますが、最も多い症例としてはエチレングリコールによる急性中毒です。

エチレングリコールは一般的には不凍液の原料として使用されます。これを誤飲すると、消化管から急速に吸収されて肝臓に移り、グリコアルデヒド、グリコール酸、グリオキシル酸、シュウ酸といった物質に分解されます。

このようにして体内にできた腎毒性物質は代謝性アシドーシスを引き起こすほか、腎尿細管上皮細胞を破壊して急性腎不全を招きます。

スポンサーリンク




犬の急性腎不全の症状と治療

13 急性腎不全と慢性腎不全 1-3
急性腎不全の症状としては、最初に食欲不振、吐き気、嘔吐が認められ、血尿、乏尿、無尿などを伴い、急速に状態が悪化します。また、尿毒症を引き起こし、致命的な状況になり、数時間のうちに死亡する危険性が高くなります。

急性腎不全の治療は、完治を目指す為のものではなく、症状を軽減する為のもので、輸液やホルモン剤、血液透析などが行われます。また、別の病気が原因で発症している場合にはその原因となっている病気の治療も行われます。

犬の慢性腎不全の原因

13 急性腎不全と慢性腎不全 1-4
慢性腎不全の原因としては、慢性糸球体腎炎、慢性腎盂腎炎、多発性嚢胞腎、先天性腎形成不全などの病気によってネフロンが障害され、慢性化します。

また、腎臓が効果的にリンを排除することができないので、過剰量のリンと不十分な量のカルシウムを含む食べ物を犬に与えると、 腎結石の形成または腎組織の退化を引き起こし、長期的には腎不全になります。

慢性腎不全ではある特定の犬種で発症が多い傾向がある事から遺伝的な要因も考えられています。イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ケアーン・テリア、ゴールデン・レトリバー、サモエド、シャーペイ、ジャーマン・シェパード・ドッグ、シー・ズー、ソフトコーテド・ウィートン・テリア、スタンダード・プードル、チャウチャウ、ドーベルマン、ノルウェジャン・エルクハウンド、バセンジー、ビーグル、ブル・テリア、 ミニチュア・シュナウザー、ラサ・アプソ、ロットワイラーなどの犬種を飼育する場合には慢性腎不全に要注意です。

犬の慢性腎不全の症状と治療

13 急性腎不全と慢性腎不全 1-5
犬の慢性腎不全の症状としては、水を沢山飲むようになり、飲む量が増えれば当然おしっこの量も増加しますが、この段階では他の症状が発現しない事から見落としやすい状況です。

さらに進行すると次第に食欲にむらが認められるようになり、時々嘔吐も観察でき、体重減少や貧血などの症状も認められるようになります。重症化すると尿毒症の症状が認められるようになり、中には痙攣等の神経症状を発現するようになります。この状態になると、非常に危険な状態といえます。

慢性腎不全の治療は非常に難しく、特効的な治療法もありません。慢性腎不全と診断された場合には食餌中のたんぱく質や塩分を制限する必要があり、早期に治療する事が重要です。

まとめ

1. 腎臓の役割は、体に不必要なものを体外に排出する事で、健康の維持を行っています。

2. 腎不全とは、腎臓の機能が著しく低下した状態で、経過によっていくつかに分類する事ができます。

3. 急性腎不全の原因と分類は、障害が発現する場所によって3つに分類され、原因もいくつか存在します。

4. 急性腎不全の症状と治療は、食欲不振や嘔吐などが発現し、数日で死亡する可能性もあるので、すぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

5. 慢性腎炎の原因は、様々な病気が原因となったり、食べ物が原因となります。特になりやすい犬種を飼育する場合には注意が必要です。

6. 慢性腎不全の症状と治療は、水を沢山飲んだり、おしっこの量が増えたり、嘔吐や体重減少など見落としやすい症状が多い為に、よく観察して異常が確認できた場合にはすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

腎臓は、犬が健康に生活する上で必要な臓器なので、腎臓病にならないように食べ物や原因となる病気にならないように日々の健康管理には注意しましょう。

また、腎臓病の症状は見落としやすいものもあるので、常日頃からよく観察して異常がないかをチェックしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク