犬の乳腺腫瘍 ~乳腺にしこりがないか確認。オスも要注意~

11 乳腺腫瘍 1-1
犬の腫瘍の中の1つである乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)は、犬の腫瘍の中では皮膚腫瘍に次いで発症が多い腫瘍です。

また、人の乳がん同様にオスの発症確率は低いですが、発症しないわけではありません。

今回は、乳腺腫瘍について紹介していきたいと思います。

犬の乳腺腫瘍とは

11 乳腺腫瘍 1-2
乳腺腫瘍とは、乳腺に腫瘍ができた状態ですが、犬は人とは違って多産動物である為に乳腺も腹部に5~7対あります。

また、同一の乳腺組織内に複数の異なった腫瘍が発症したり、それぞれの乳腺組織に違う種類の腫瘍が同時期あるいは時期をずらして発生したりする事もあります。

乳腺腫瘍の特徴としては、発症した乳腺腫瘍の50%が良性で、悪性の乳腺腫瘍の50%が転移しているといわれています。つまり、乳腺腫瘍の75%は乳腺を摘出する事で完治が望める病気という事です。

犬の乳腺腫瘍の原因

乳腺腫瘍のはっきりとした原因は不明ですが、エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンとの関係が示唆されている為に、メスに発症が多いとされます。

また、その他にも成長ホルモンや黄体ホルモンなどの影響も推測されていて、体質・環境・食餌・生活環境等も原因と考えられていますが、特定には至っていません。

ただ、悪性の乳腺腫瘍は遺伝子の異常によって引き起こされる事だけは判明しています。

犬の乳腺腫瘍の症状

11 乳腺腫瘍 1-3
乳腺腫瘍は、人の乳がん同様に乳腺組織にしこりが認められます。しこりの大きさや硬さは様々で、胸、脇の下、下腹部、内股にしこりができます。

良性の場合は、しこりが小さく境界明瞭で硬いしこりで、しこりの大きさが1cm以下であれば問題ありませんが、大きくなるほど悪性や転移をする可能性が高くなり、摘出が難しくなります。良性の場合は、しこり以外に症状はなく、痛みもありませんが、乳腺から血のような分泌物や膿を出す場合があります。

ただ、悪性の場合はしこりに熱感があったり、皮膚表面が壊死もしくは自壊したり、自壊した部分から出血したり、リンパ節や肺、肝臓、その他の胸や腹部の臓器に転移するなどの症状があります。

主要の大きくなるスピードは個体によって変わり、数か月で大きくなるタイプから数年をかけてゆっくりと大きくなる場合もあります。

乳腺腫瘍は、8~10歳齢の壮年期に好発しますが、若年期でも発症する事があります。
また、乳腺腫瘍は全ての犬種に発症する可能性がありますが、マルチーズ、シー・ズー、プードル、ヨークシャー・テリアといった犬種では多い傾向にあります。

スポンサーリンク




犬の乳腺腫瘍の治療

11 乳腺腫瘍 1-4
乳腺腫瘍の治療としては、外科手術で乳腺を摘出しますが、その他にも放射線治療、抗がん剤治療、免疫療法などがあります。ただ、抗がん治療はほとんど行われていません。その理由は、乳腺腫瘍に抗がん剤が効きにくいとされている為です。

完治を目指す為には乳腺の摘出しかなく、それ以外の治療は痛みなどを緩和する事が目的として施されます。また、完治が望めない場合にはQOLを重要視します。

QOLは、生命や生きていく事の質の事で命の尊厳だけでなく、動物の治療後におけるさわやかな生活を過ごす事を目的とする事とされています。ただ、生きるだけでなく、その犬が満足する生活を送れるようにする事が目的です。

また、乳腺腫瘍の発症確率を下げる避妊手術ですが、発症後に行っても乳腺腫瘍に対して再発防止、治療や延命といった効果はありません。あくまでも発症する前に行う事が大切です。

犬の乳腺腫瘍の予防と対策

11 乳腺腫瘍 1-5
乳腺腫瘍の予防は避妊手術を行う事で、避妊手術は卵巣と子宮の摘出を行う手術の事で、乳腺腫瘍の他にも子宮蓄膿症、子宮内膜炎、子宮捻転、子宮破裂などの病気を予防する事ができます。

また、避妊手術を行っている場合と行っていない場合では、約7倍発症頻度が違います。さらに、初回発情前に避妊手術を行った場合の発生率は0.05%まで下げる事ができます。

毎日のスキンシップの際にしこりがないかどうかを確認して、しこりを確認できた場合にはすぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。特にしこりができやすいといわれる胸、脇の下、下腹部、内股は入念に行います。

また、犬は基本的に被毛に覆われていて、しこりがわかりにくいので触って確認する際には被毛をかき分けたり、しっかりと皮膚を触るようにします。

まとめ

1. 乳腺腫瘍とは、メスだけでなくオスにも確率は低いですが、発症する可能性があるので、オスといえども安心できない病気です。

2. 乳腺腫瘍の原因は、いくつかありますが、いまだ特定されていません。

3. 乳腺腫瘍の症状は、代表的な症状はしこりで、しこり以外にも症状がある場合には悪性の可能性が高いので、すぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう

4. 乳腺腫瘍の治療は、乳腺の摘出をする以外に完治を目指す方法はありません。

5. 乳腺腫瘍の予防と対策は、避妊手術を行う事と毎日のスキンシップでしこりができていないかを確認する事です。

乳腺腫瘍は、完治を目指す事ができる腫瘍ですが、発見や治療が遅れれば命に関わる事もあります。ここは、他の腫瘍と変わりはありません。

なので、しこりができていないかを常に確認して、他の症状も発現していないかどうかは観察しておく必要があります。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク