犬の歯周病 ~ペットの8割が歯周病!? 治療と予防法ついて~

犬の歯周病 わんわんネット 1-1
犬の口腔や歯の病気の中で注意しなければいけないのは歯周病です。

犬は、人のように食べ物を咀嚼して食べるわけではありません。咀嚼しないわけではありませんが、ある程度の大きさや硬さのものはそのまま飲み込んでしまいます。

なので、犬は人よりも虫歯になる可能性は少ないですが、歯を支える取集組織の病気は人と同じくもしくは人以上といわれています。

今回は、歯周病について紹介していきたいと思います。

犬の歯周病の原因

犬の歯周病 わんわんネット 1-2
犬の歯周病は、歯肉炎と、歯根膜や歯槽骨にまで炎症の及んだ歯周炎を合わせた呼び名です。

また、現在、飼育されている犬の約8割が歯周病ともいわれていて、飼い主や家族が歯のケアをしていないかがわかる結果となっています。

主な原因は、歯の表面にべったりとついた歯垢です。歯垢は、食べ物のカスと細菌の塊で歯肉炎を起こす原因となっています。

また、歯垢を放置したままに行うと、唾液の中のカルシウムを吸収して固い歯石となってしまいます。歯石まで進行してしまうと、歯ブラシでは除去する事ができなくなり、動物病院においての処置をしてもらう以外除去する事ができません。

歯石の表面はザラザラとしていて、歯垢がより付きやすくなり、その歯垢が歯石になるという悪循環に陥ります。歯垢の形成には唾液の量や性質が大きく影響するといわれています。唾液の少ない犬では歯垢ができるスピードが速くなります。

また、ウェット・タイプのドッグフードのような柔らかいドッグフードを食べさせている場合には、ドライ・タイプのドッグフードよりも歯垢の蓄積スピードは速いといわれます。

犬の歯周病の症状

犬の歯周病 わんわんネット 1-3
歯周病になると、歯肉に炎症を起こし、歯肉の端が赤くはれたりして出血しやすくなります。更に歯肉炎を放置すると、炎症が進行して歯肉が歯から剥がれて歯肉と歯の間にポケットのような溝ができます。

この溝に歯石が入りますが、一緒に細菌も入り、歯垢や細菌が繁殖・増殖し、更に溝が大きくなっていきます。さらに、歯周病を起こす細菌は嫌気性菌と呼ばれ、通期が悪い場所を好んで繁殖する細菌で、毒素を出す為に歯槽骨を溶かしてしまいます。

歯周病に罹った犬は、口臭が強くなったり、歯肉が出血しやすくなり、歯がグラグラになって最終的には歯が抜け落ち、硬い食べ物が食べなくなります。

→歯周病以外の口臭が気になる愛犬に。腸内環境を整えるサプリメント「ずっと一緒だワン」

スポンサーリンク




犬の歯周病の治療と予防

犬の歯周病 わんわんネット 1-4
初期の治療では、歯垢や歯石の除去や薬物投与によって改善されますが、進行したものでは外科的な処置が必要となる場合もあります。

また、歯がグラグラになってしまった場合には抜歯を行う場合もあります。

歯石を除去する為には、基本的には麻酔をした状態でスケーリングを行います。無麻酔で行う動物病院もありますが、デメリットが存在するので注意が必要です。

歯周病の予防には歯垢の状態で歯ブラシによって歯みがきをする必要があります。ただ、歯みがきは成犬から行う事は大変です。なので、仔犬の頃から習慣づけるようにしましょう。

犬の歯みがきの方法

歯みがきをする場合には、最初は犬の口を触れて歯を見る事ができるようにします。

犬のマズルは敏感な所なので、いきなり触れる事を嫌がる犬が殆どです。なので、まずはゆっくりとブラッシングやスキンシップの時に触れるようにします。また、無理やり触る事はより触る事が難しくなるので、無理やり行う事はやめましょう。

最初は短時間触れるようにして、触る事ができたら褒めるようにして犬に触る時に大人しくしていると褒められる事を学習して、いつでも触れるようにしつけます。触れるようになると、指にガーゼを巻いて磨くようにします。ガーゼは軟らかいガーゼや薄いガーゼでは破けてしまう場合があるので、破れないように不織布ガーゼを使用するようにしましょう。

ガーゼによる歯みがきに慣れてきたら、歯ブラシによる歯みがきを行うようにして習慣的には磨きを行うようにします。歯みがきに使う歯ブラシは、基本的にどんなものでもいいですが、歯肉を傷つけたりしないように注意しながら行いましょう。

まとめ

1. 歯周病の原因は、食べ物のカスや細菌が施行になり、それが歯石になる事で歯肉炎を起こしてしまう病気です。

2. 歯周病の症状は、口が臭くなったり、歯から出血したりします。これらの症状が確認できた場合には動物病院での診察を受けるようにしましょう。

3. 歯周病の治療と予防は、歯垢や歯石の除去をしますが、早めの治療を行えば、犬にとっても軽い負担で済むので、定期的な歯のケアを行う事が大切です。

4. 歯みがきの方法は、犬に過度のストレスをかけないように徐々に慣らしていき、人にとっても犬にとってのストレスがかからないようにしながら行いましょう。

犬の口腔や歯の病気は、見落としやすい病気ですが、しっかりとした歯みがきなどの歯のケアを行えば十分予防する事ができる病気なので、しっかりと歯のケアを行うようにしましょう。

また、歯みがきは力が弱く、噛む力も間で弱い仔犬の頃から習慣化して行う事が大切です。力や咬む力が強くなっている成犬から行う事は飼い主や家族の怪我にもつながるので、仔犬の頃から行いましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク