犬の食餌性アレルギー ~ドッグフードが原因のアレルギー。フレンチ・ブルドッグは特に注意!~

犬のアレルギー わんわんネット1-1

犬のアレルギーの病気としては主なものは3つありますが、その中でドッグフードが原因となるものは食餌性アレルギー(しょくじせいアレルギー)というものがあります。

アレルギーは、体の免疫機能が過剰に反応した結果、現れる症状です。この過剰に反応する物質の事をアレルゲンと呼びます。

食餌性アレルギーは、アレルゲンがドッグフードをはじめとする食べ物が原因となるアレルギーです。今回は、食餌性アレルギーについて紹介したいと思います。

犬の食餌性アレルギーとは

犬のアレルギー わんわんネット1-2
食餌性アレルギーは、食べ物が原因となるアレルギーで季節や犬種に関係なく起こりますが、一般的に仔犬に多い傾向にあります。

また、どの犬種でも発症する可能性はありますが、フレンチ・ブルドッグは特にアレルギーが発現するといわれているので注意が必要です。

アレルギーには他にもアトピー性アレルギーや接触性アレルギーがありますが、食餌性アレルギーは全体の1割程度と少ないアレルギーです。ただ、食べ物が原因となるので、ドッグフードやおやつなどを与える際に注意が必要です。

関連記事:犬のご飯の選び方 ~手作りの食餌とドッグフードのメリットとデメリット~

犬の食餌性アレルギーの原因

犬のアレルギー わんわんネット1-3
食餌性アレルギーの原因は、アレルゲンを食べる事で発症します。

食餌性アレルギーのアレルゲンとなる食べ物は多く、主にたんぱく質成分に原因があるといわれます。犬では牛肉、豚肉、鶏肉、牛乳、卵、穀類などがアレルゲンとなります。これらのアレルゲンとなる物質は、ドッグフードに含まれている食べ物です。

また、これらの食べ物は仔犬が離乳時に食べた物に含まれていて、母乳以外で仔犬が初めて口に擦る食べ物といえます。

もちろん、全てのアレルゲンとなり得る食べ物を食べてもアレルゲンになるとは限りません。また、アレルゲンを食べなくなると、アレルギー症状は治まります

スポンサーリンク




犬の食餌性アレルギーの症状

犬のアレルギー わんわんネット1-5
食餌性アレルギーの症状としては、他のアレルギー同様に掻痒感が局所もしくは全身的な掻痒感から二次的な皮膚炎を併発する事が多い傾向があります。

また、食餌性アレルギーの症状として特徴的なものとして外耳炎があります。この外耳炎は片側と両側で起こります。

ただ、犬の垂れ耳の場合は外耳炎になりやすい為に食餌性アレルギーが原因という事が見落としやすい傾向にあるので、原因不明の外耳炎の場合は食餌性アレルギーを疑ってみましょう

また、抜け毛や皮膚を掻痒感から咬んだり、引っ掻いたりする事もあります。食べ物が原因なので、下痢や嘔吐などの消化器系の症状も認められる事があります。


犬の食餌性アレルギーの診断と治療

犬のアレルギー わんわんネット1-6
食餌性アレルギーの検査には様々なものがありますが、現在では血液検査でその犬がどの食べ物がアレルゲンかどうかを検査する方法があります。他の検査でもわかりますが、他の検査は時間がかかってしまい、あまり実用的とは言えません。

ですが、この検査は、他の検査よりも早く診断が下せて、なにより犬への負担も少なくて済みます。

治療としては、アレルゲンが含まれる食べ物は食べさせないようにします。なので、治療を開始するにはアレルゲンを特定する必要があります。ただ、市販のドッグフードはアレルゲンが含まれている事が多い為に、アレルゲンの種類によっては市販のドッグフードを与える事ができない場合もあります。

なので、動物病院で低アレルギー食を購入したり、ネットにおいて外国で製造されているドッグフードの中にはアレルゲンが入っていないドッグフードを販売している事もあります。
→アレルギーに配慮した穀物不使用・無添加のドッグフートならモグワン

犬の食餌性アレルギーの予防と対策

食餌性アレルギーの予防と対策は、その犬がどの食べ物がアレルゲンになるかを理解してそれが入っていないドッグフードを選ぶようにします。

また、犬が体を掻いたり、噛んだりしている場合には動物病院での診察を受けるようにしましょう。

また、仔犬用のドッグフードを初めて与える際やドッグフードの変更をする場合にはアレルギー反応が出ないかどうかをよく観察しながら与えるようにしましょう。

まとめ

1. 食餌性アレルギーとは、食べ物が原因となり、掻痒感を主症状として発現するアレルギーです。

2. 食餌性アレルギーの原因は、アレルゲンとなる食べ物を食べてしまった事で起こります。

3. 食餌性アレルギーの症状は、掻痒感と掻痒感からくる二次的な皮膚炎で、外耳炎を引き起こす事もあります。

4. 食餌性アレルギーの診断と治療は、アレルゲンを特定して、アレルゲンが含まれていないドッグフードを与えるようにします。

5. 食餌性アレルギーの予防と対策は、事前にアレルゲンかどうかを検査する事で予防する事はできます。また、体を掻いたり、痒がっている場合にはすぐに動物病院での診察を受けるようにします。

犬のアレルギーは、重篤な症状の場合は命に関わる事もあります。なので、アレルギー症状を発現している場合にはすぐに動物病院で診察を受けて的確な治療を行うようにしましょう。

また、大事な愛犬にどんなアレルギーがあるかを知りたい人は動物病院で検査を受けて事前に理解しておくと、アレルギーを起こさないようにする事は難しくありません。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク