犬の疥癬(かいせん)・ヒゼンダニ ~強い掻痒感がある犬の皮膚病。多頭飼いは感染に要注意!~

犬の疥癬 わんわんネット 1-1

犬の皮膚病の中で最も強い掻痒感を発現する事でも知られる疥癬(かいせん)は、ヒゼンダニというダニによって引き起こされる皮膚病です。

また、疥癬は犬だけでなく猫やウサギ、ハムスターなどの他のペットにも感染するので、犬の多頭飼育だけでなく、他のペットとの共生をしている場合でも重要となる病気です。

今回は、犬の皮膚病の1つである疥癬について紹介していきたいと思います。

犬に寄生するヒゼンダニとは

犬に寄生するヒゼンダニは、顕微鏡下でのみ確認する事ができないダニの1種です。

ヒゼンダニは、犬の体表に寄生し、皮膚の表皮を食べて生活します。また、卵を持ったダニのメスは皮膚の中に2~3mmの深さに穴を掘り、そこに産卵します。

ダニの卵は、通常3~10日ほどで孵化し、そのまま清谷へと成長し、メスは再び穴を掘って散乱するというサイクルを繰り返します。このサイクルは約3週間ほどで行われます。

ヒゼンダニは、宿主である動物を離れると1~2日ほどしかいきれませんが、容易に再感染をするために要注意です。

犬の疥癬の原因

犬の疥癬 わんわんネット 1-2
犬の疥癬の原因は、ヒゼンダニの感染ですが、ヒゼンダニの感染力は非常に強く、感染した犬から感染する場合が殆どですが、中にはその犬が使った首輪やブラシなどからでも感染する事がわかっているので、多頭飼育している場合には1頭の感染で他の犬への感染も起こりやすくなります。

また、感染していた犬から落ちたヒゼンダニがいる場所に来た犬へ感染してしまう場合まであります。動物病院やドッグラン、犬同伴ができるドッグカフェなどの多くの犬や他の動物との接触がある場所では注意が必要です。

犬の疥癬の症状

犬の疥癬の最も発現する症状は、強い掻痒感です。その掻痒感は、他の皮膚病では確認できないほど強く、掻痒感から引っ掻いたり、噛んだりして二次的感染を起こす事もあります。特に被毛が少なく柔らかい耳、顔、肘、腹部やヒゼンダニが感染する際の通り道である四肢には多くの皮膚病変が起こります。

進行すると、厚いかさぶたができ、その下にはヒゼンダニが更に繁殖します。さらに強く掻き過ぎてしまい、脱毛が起こります。この脱毛は境目がはっきりとしないまだらな脱毛が特徴的で、この傷口から二次的に細菌感染を起こします。

また、日光浴などによって犬の体温が上昇すると、ヒゼンダニの運動が活発になってしまい、さらに掻痒感が強くなってしまい、そのまま放置すると皮膚病変は全身に渡り、掻痒感からくるストレスや食欲不振などによって免疫力の弱い仔犬や老犬は重症化しやすくなってしまいます。

→元気がない・食欲がない・皮膚病の犬におすすめなサプリメント「キングアガリクス」

人への感染

犬の疥癬 わんわんネット 1-3
ヒゼンダニは人へも感染します。疥癬の犬に触ったり、抱っこをしたりする事によって感染し、免疫力が弱っている人は感染します。

腕や胸、腰のあたりなどに赤い小さい発疹ができて、犬同様に強い掻痒感が生じますが、犬などのペットとは違って、ヒゼンダニは人の皮膚では3週間以上は生きる事はできない為に、症状は一時的といえます。

一時的とはいえ、強い掻痒感が出る事は事実なので、疥癬に感染している犬を触った後には消毒をしたり、極力触ったりしないようにしましょう。

スポンサーリンク




犬の疥癬の治療

犬の疥癬 わんわんネット 1-4
犬の疥癬の症状を起こしている場所の被毛を刈り、病変の範囲や程度を理解して、しっかりと病変に効果が出るようにします。

週に1回程度のペースで過酸化ベンゾイルの入った薬用シャンプーなどで症状が亡なくなるまでシャンプーを行います。このシャンプーは、フケを浮かせて殺虫成分を毛穴に浸透させる効果があります。

また、シャンプーの結果、症状がなくなったと思っても獣医師から指示があるまでは続けるようにしましょう。

疥癬の治療としては、セラメクチン、ミルベマイシン、イベルメクチンなどを投与する事もありますが、イベルメクチンに関してはフィラニアに感染している場合には使用する事はできません。また、イベルメクチンはコリー、シェットランドシープドッグ、オールドイングリッシュシープドッグ、オーストラリアンシェパードといった犬種においては遺伝的に強い副作用を引き起こす事もあるので使用する際には慎重に使用するようにします。

治療を開始してから完治するまでには、4~6週間ほどかかります。

犬の疥癬の予防と対策

多頭飼育している場合には、他に感染した犬がいないかどうかを確認します。

また、感染した犬との接触を避けたり、同じケージやベッドを使用しないようにします。疥癬に感染している犬を触った場合には、手をよく洗ったりして他の犬を触るようにします。

関連記事:犬の多頭飼育 ~先住犬との相性や性格、体格差、性別など多頭飼育のコツと注意点~

ヒゼンダニは犬などのペットの体を離れて1~2日しか生きる事ができない為に、犬の生活環境にある全てのグッズを洗うようにします。また、ダニは50度以上で死亡する為に50度以上の熱湯に10分間つけておくと効果的とされます。

ヒゼンダニは犬の抵抗力が弱くなると、感染しやすくなるので、常日頃から体調管理や衛生管理が重要です。

→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

まとめ

1. ヒゼンダニとは、犬の体に感染して強い掻痒感を発現する疥癬の原因となるダニです。

2. 疥癬の原因は、ヒゼンダニの感染で、他のペットや人にも感染します。

3. 疥癬の症状は、強い掻痒感が主な症状で、掻痒感から体を引っ掻いたり、噛んだりして、最終的には全身に脱毛が引き起こされます。

4. 人への感染は、乾癬に感染している犬に触ったりする事で感染しますが、犬とは違って一時的な症状です。

5. 疥癬の治療は、薬用シャンプーや掻痒感を抑える薬剤治療が行われます。

6. 疥癬の予防と対策は、定期的な犬の飼育環境にあるものを洗ったりしたり、散歩後にブラッシングをしたりといった事で予防する事ができます。

犬の皮膚の病気の1つである疥癬は、掻痒感によって二次的に皮膚病変が起こり、脱毛が引き起こされる病気で、多頭飼育している場合には特に注意が必要な病気です。

また、一時的とはいえ人にも感染するので、感染しないように定期的にケージやマット、食器などのグッズの洗浄などを行うようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク