犬の僧帽弁閉鎖不全症 ~発症率の高い犬の心臓病。原因と治療法、予防法~

僧帽弁閉鎖不全症 わんわんネット1-1
犬の心臓病の中で高い発症率があるといわれる僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜん)は、どの犬種でも発症する危険性がある後天的な心臓病です。

心臓は、生きていくために必要不可欠の臓器で、心臓病は直接命に関わる病気なので特に注意が必要となる病気です。

今回は、僧帽弁閉鎖不全症について紹介していきたいと思います。

犬の心臓の仕組み

僧帽弁閉鎖不全症 わんわんネット1-2
犬の心臓は、構造は人と同じです。心臓は、左心房・左心室・右心房・右心室の4つの部屋に分かれています。また、これらの部屋は2枚の弁によって血液が逆流しないようにしています。その弁を左心房の場合を僧帽弁といい、右心房の場合を三尖弁といいます。

心臓の役割は、全身に血液を送る事で、よくポンプの役割をしているといわれています。心臓が収縮をする事によって血液を全身に送ります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症とは

僧帽弁閉鎖不全症は、僧帽弁が変性を起こして肥厚し、完全に閉じる事ができなくなり、全身に送るべき血液の一部が逆流してしまう病気です。

血液が逆流を起こすと、左心房や肺静脈の血圧が上昇し、血液のうっ滞が起こります。この状態が長く続くと、心臓の持つポンプ力が低下してしまい、心不全の状態をきたすようになります。

また、弁を支持している腱索が断裂して急激に症状が悪化したり、心臓の収縮時に弁の隙間からジェット気流のように逆流する血液の物理的刺激により、左心房又は左心耳が障害され、出血して突然死する事もあります。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の原因

僧帽弁閉鎖不全症 わんわんネット1-3

僧帽弁閉鎖不全症の原因についてはいまだに解明されていません

ただ、マルチーズ、シー・ズー、ポメラニアン、プードル、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなどの小型犬に多発します。また、4~5歳齢をピークに加齢と共にその発症が増加します。

スポンサーリンク




犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状

発症直ぐには特に症状はなく、心内雑音が聴取されるくらいですが、進行するに従って咳をするようになり、運動をした時や夜間から朝方にかけての時間にかけて続くようになります。

犬は“ゼーゼー”と苦しそうに咳をしますが、この咳は肺のうっ血や肺水腫が原因になって起こる事がわかっているので、この咳をしている事を確認した場合にはすぐに動物病院での診察を受けるようにしましょう。

また、肺水腫が進行し、重度化すると呼吸困難を呈し、チアノーゼを発現し、そのまま放置すると亡くなってしまいます。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療

僧帽弁閉鎖不全症 わんわんネット1-4
僧帽弁閉鎖不全症を完治させる事ができる治療法はありません。なので、僧帽弁閉鎖不全症の治療としては症状の緩和と進行を抑える事を目的として行われ、内科的治療が主となります。

内科的治療としては、食事療法や体重管理、運動制限、そして血管拡張剤などの投薬といったことが行われます。ただ、いきなり急変して呼吸困難や不明脈などが起こり、最悪の場合は死亡する事もあります。

また、肺水腫などの他の病気が引き起こされている場合にはその病気の治療も行われます。

犬の僧帽弁閉鎖不全症の予防と対策

僧帽弁閉鎖不全症 わんわんネット1-5
僧帽弁閉鎖不全症の予防としては、原因がわかっていないので明確な予防法があるわけではありません。ただ、心臓の負担を大きくする高血圧にならないようにする為に塩分を控えるような食事を食べさせるようにします。

犬は、体内の余分な塩分を排外するにはおしっこからだけです。人のように汗から排外する事ができないので、過剰な塩分を摂取させないようにします。

また、僧帽弁閉鎖不全症の予防としては早期発見が重要となります。動物病院での定期的な健康診断や僧帽弁閉鎖不全症の症状である咳などが出ていないかを確認するようにします。

僧帽弁閉鎖不全症になった場合には、食事や運動を制限して心臓に負担がかからないようにします。

まとめ

1. 心臓の仕組みは、人と変わりはなく、全身に血液を送る為に重要な臓器です。

2. 僧帽弁閉鎖不全症とは、血液が逆流して、心不全を起こし、最悪の場合は突然死をする可能性もある危険度が高い病気です。

3. 僧帽弁閉鎖不全症の原因は、よく分かっていませんが、なりやすい犬種はわかっているので、特にこの犬種を飼育する場合には注意が必要です。

4. 僧帽弁閉鎖不全症の症状は、苦しそうに咳をしたり、チアノーゼが発現したりといった症状があり、これらの症状が確認された場合にはすぐに動物病院へ連れていきましょう。

5. 僧帽弁閉鎖不全症の治療は、すぐに症状が軽減したり、完治したりといった治療があるわけではないので、気長に付き合っていく事になります。

6. 僧帽弁閉鎖不全症の予防と対策は、塩分を控えた食餌や過剰な運動をさせないようにしたり、定期的に検査を行う事で予防する事ができます。

犬の心臓の病気は、心臓という臓器の特性上命に関わる事がほとんどなので、辛抱の病気にはならないようにする事が大切です。

また、心臓に負担がかかりすぎるような食事や運動はさせないようにしましょう。
動物病院での定期的な診察を受ける事も病気を予防する際には大切です。面倒くさからずに年に1~2回は検査を受けるようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク