犬の気管虚脱 ~小型犬に多い呼吸器の病気「気管虚脱」の症状や予防法は?~

わんわんネット 呼吸器の病気1-1
日本で高い人気を誇る小型犬で発症が多い傾向がある病気である「気管虚脱(きかんきょだつ)」は、喘鳴音が特徴的な呼吸器の病気です。

命に直接な関係がある病気ではありませんが、治療が遅れると脳や肺に回復不能な障害が残る事もあるので、重要な病気の1つといえます。

今回は、気管虚脱について紹介していきたいと思います。

関連記事:犬の咳と病気 ~犬の咳の種類とジステンパー・ケンネルコフ・フィラリア・気管虚脱~

犬の気管とは?

わんわんネット 呼吸器の病気 気管虚脱1-2
気管は、鼻と口から咽頭を通じて喉頭から肺に酸素を運び、二酸化炭素を外に送り出す管の事で、呼吸をするためには必要不可欠です。

犬の気管は、35~45個のC型の気管軟骨でできた気管輪を弾力性のある輪状靭帯が連結したフレキシブルパイプのような形をしています。

気管虚脱とは、この気管が潰れる事で空気の通り道が狭まったり、塞がったりする病気で、呼吸困難や呼気による体温調節ができなくなってしまう病気です。

犬の気管虚脱の原因

犬の気管虚脱は、輪状靭帯が弾力性を失ってしまったり、気管筋が伸びきってしまったり、気管の形状が保てなくなる事で、気管が潰れてしまいます

また、肥満による脂肪層の増加、歯槽膿漏などの口腔内の感染性疾患、過度の興奮による体温の急激な上昇、その他過呼吸を引き起こす状態や病気に関連して発症する事が認められています。

気管虚脱が多い犬種

わんわんネット 呼吸器の病気 気管虚脱1-3
気管虚脱は遺伝的な要因が多いとされ、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、トイ・プードルなどの小型犬の中高齢の犬に多く認められます。

小型犬種は、中型犬や大型犬の犬種よりも飼い主や家族に対して背中側に仰け反った姿勢を日常的に繰り返し、その状態のまま呼吸したり、吠えたりする為に気管虚脱を引き起こすといわれています。

なので、小型犬種を飼育する場合には姿勢には注意が必要です。

スポンサーリンク




犬の気管虚脱の種類と症状

犬の気管虚脱には頸部気管虚脱とこれに続発して起こる事の多い胸部気管虚脱があり、両方を併発する症例もあります。

頸部気管虚脱は、春から夏にかけての発症が多く、激しく吠えたり、運動や興奮した後にアヒルの鳴き声のような“ガーガー”という喉なりが聞こえるようになります。

さらに落ち着きなく走り回ったり、座り込みを繰り返したり、舌を出したまま涎を垂らすようになったりします。

症状が進行すると、呼吸困難を引き起こし、チアノーゼが発現するようになり、この状態が続くと失神して倒れる事もあります。胸部気管虚脱は、胸の部分までの気管が潰れた状態になり、空気の出し入れがスムーズにできなくなるので呼吸困難になり、窒息状態に陥ります。

犬の気管虚脱の治療

わんわんネット 呼吸器の病気 気管虚脱1-4
気管虚脱の治療としては、投薬治療や酸素吸入、外科治療があります。

軽症の場合は咳止めや抗炎症薬などの薬剤を投与する事で改善する事があります。また、酸欠状態になっている場合には酸素吸入を行う事で酸欠状態を改善します。

気管の変形が激しく、投薬治療では効果が認められない場合には外科手術によって改善させる方法があります。C型ステントを埋め込むという手術方法がありますが、C型ステントは異物なので咳が増加する事があります。

現在では、光ファイバー用のアクリル材をらせん形状に加工したFSLPや操作性や安全性に優れたPLLPをC型ステントの代わりに使用する方法があります。

犬の気管虚脱に飼い主や家族ができる対策

愛犬が気管虚脱になった場合には、飼い主でもできる対策があります

愛犬が首輪をしている場合には、首に負担をかけないハーネスに変える事も1つの方法ですが、ハーネスは大人しい犬であれば効果がありますが、自分からどんどん進んでいく犬の場合はコントロールする事ができにくくなるので、犬の性格によってはハーネスを変える事が逆効果になる場合もあります。

また、肥満を解消したり、激しい運動を控えたり、暑い時間帯での外出を控えるなどの対策があります。

犬の気管虚脱を予防するには

わんわんネット 呼吸器の病気 気管虚脱1-5
気管虚脱を100%予防する事は難しいですが、呼吸器系や心臓系の病気の予防や気管への負担を軽減する事で発症する確率を少なくする事ができます。

また、温度が高い時間帯での散歩や過度の運動、興奮などをさせないといった予防法やハーネスに変えたり、標準体重を維持したり、適度に運動をさせたりする事でも予防できます。

ただ、ハーネスに変える際にはハーネスでもしっかりとコントロールできるようにしつけを行う必要があります。

関連記事:犬の咳と病気 ~犬の咳の種類とジステンパー・ケンネルコフ・フィラリア・気管虚脱~

まとめ

1. 気管とは?は、気管は呼吸をするために必要な器官で汗をほとんど書かない犬にとっては体温調節する重要な気管でもあります。

2. 気管虚脱の原因は、肥満になったり、過度に興奮したりする事があります。

3. 気管虚脱が多い犬種は、無理な体勢をし続ける事が多くなる為に小型犬に発症が多い傾向にあります。

4. 気管虚脱の種類と症状は、気管が潰れる事によって呼吸困難や喘鳴音といった症状があり、チアノーゼを呈するようになり、失神する事もあります。

5. 気管虚脱の治療は、気管が潰れた状態によって変わってきます。なので、早期発見をする事によって犬への負担も経済的な負担を少なくて済みます。

6. 飼い主や家族ができる対策は、肥満の解消や激しい運動を控えたりといった対策があります。

7. 気管虚脱を予防するには、首輪をハーネスに変えたり、標準体重を維持したり、過度の興奮や運動をしないようにしたりといった事があります。

犬の呼吸器の病気である気管虚脱は、明確な予防があるわけではないですが、発症する確率を下げる事はできるので、しっかりと対策を講じるようにしましょう。

また、仔犬の頃から体重管理や無理な姿勢をさせない事も大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク