犬の白内障と緑内障 ~目の病気の原因と症状、治療法、予防法~

わんわんネット 目の病気1-4
犬は、人ほど視力に頼って生活をしていない為に犬の眼疾患はかつてはそれまで獣医療の中では重要視されてはいませんでした。しかし、現在では眼疾患を含めて健康管理をしっかりとする飼い主や家族が増えたことから重要視されるようになってきました。

眼疾患の中で多いとされるのが白内障です。また、白内障から続発する緑内障です。

今回は、犬の眼疾患の1つである白内障と緑内障について紹介していきたいと思います。

犬の目の病気、白内障とは?

白内障とは、眼球のレンズである水晶体は通常透明なものですが、何らかの理由によって白濁していく病気です。犬は他の動物よりも多く発症するといわれています。

白内障は、先天性と後天性に分類され、後天性の場合は加齢や外傷、糖尿病や内分泌などの病気、中毒によるものの他に、遺伝により6歳以前に認められる若年齢のものまであり、薬物や放射線で発症するという報告まであります。

犬種として、シベリアン・ハスキー、ミニチュア・シュナウザー、ゴールデン・レトリーバー、ボストン・テリア、コッカー・スパニエル、プードル、ビーグル、アフガン・ハウンド、狆などで発症が多い傾向にあります。

白内障を発症した際には10歳以上の犬の場合は、多くの飼い主が犬自身への体の負担を考えて手術をしない飼い主や獣医が多くいます。また、白内障は、痛みが出ないので、この点も手術をしない理由となります。

手術をしないといってもそのまま経過観察するという事もありますが、点眼液を使って少しでも進行を遅らせるという治療も行われます。

逆に若年性白内障の場合はその後の生涯もある程度あるので手術をする飼い主や家族もいるようです。

犬の白内障の症状と治療

わんわんネット 目の病気1-3
白内障は、水晶体の全部もしくは一部が白濁する病気で、進行すれば視力障碍を呈するようになります。

また、白内障は白濁の程度によって初発・未熟・成熟・過熟に分類され、初発ではまだ視力障碍は確認できませんが、次第に視力障碍が出てきて、緑内障を発症する事もあります

白内障の症状としては、水晶体が白濁すること以外には、瞳孔が常に開いている場合もあります。瞳孔は、目に入ってくる光を調節する器官で明るいところでは縮小しますが、白内障を発症すると光を完治にしくくなるので開いた状態になります。

また、視力障害が出る為に物にぶつかったり、つまずいたり、壁伝いに歩いたりといった症状が認められるようになります。ただ、家の中などのいつもいる場所ではどこに何がある家や段差などを把握してあるので、こういった障害が出ない場合も見落とす場合もあります。

さらに、視力障碍により犬自身が不安になり、攻撃的になったり、夜泣きをするようになることもあります。
こういった症状が確認できる場合には動物病院で診察を受けるようにしましょう。

治療としては、内科的治療と外科的治療があり、内科的治療としては完治を目指すのではなく、進行を遅らせる事を目的に行う治療です。

外科的治療としては、眼科の専門医の基で行われ、水晶体を取り除き、人口の眼内レンズを目に入れる治療が行われます。

犬の白内障の予防と対策

白内障の予防は難しい病気なので、定期的な眼検査をする事が大切であるとされます。

また、白内障になった場合には、物にぶつかったりしないように家具などを動かさないようにしましょう。

散歩などで外出する場合には、看板や電信柱などにぶつからないようにしたり、触る時には無言で触らずに、声をかけて触るといった事をしましょう。

スポンサーリンク




犬の白内障と併発する事がある緑内障

緑内障は、眼球の眼房を満たしている房水が外に排出できない等の理由によって眼圧が高くなり、視神経を圧迫して障害を引き起こす病気で、放置すると失明になる事も多い病気です。

また、白内障とは違ってかなりの痛みが出る病気なので早急な処置が必要となります。

犬の緑内障の原因

わんわんネット 目の病気1-6
緑内障は、シー・ズー、マルチーズ、ビーグル、柴犬、バセット・ハウンド、イングリッシュ・コッカー・スパニエル。スプリンガー・スパニエルなどの犬種で発症が多く、両目で起こる傾向が強い病気です。

また、原因不明の原発性のものと原因となる疾患が存在する続発性に分類され、続発性の場合は、水晶体が脱臼したり、ブドウ膜炎や外傷性、悪性新生物によるものなどがあり、房水の流れが阻害される事で発症します。

犬の緑内障の症状と治療

緑内障の症状としては、激しい痛みを伴って発症したり、視野異常から視力低下、視力消失といった症状があります。

この他にも角膜浮腫、上強膜血管の拡張、散瞳傾向、対光反射の減弱や消失などの症状が認められます。

治療としては、痛みを取り除く目的で眼球を摘出する方法があります。また、最近よく行われるのは義眼挿入術という治療法があります。義眼なので、目の機能はありませんが、目があるように見せる方法です。

他の病気を併発している場合にはその病気の治療も行われます。

犬の緑内障の予防と対処

わんわんネット 目の病気1-8
緑内障の予防はほとんどない為に定期的な眼検査を受けるようにすることが大切です。

また、視力障害が出る場合があるので、物にぶつからないように白内障同様に家具などを動かさないようにしましょう。

まとめ

1、 白内障とは、痛みは伴わないですが、徐々に目が見えなくなる病気です。

2、 白内障の症状と治療は、徐々に白濁しながら目が見えなくなるので、それを遅らせたりする治療が行われます。

3、 白内障の予防と対策は、物にぶつからないように家具を変えたりしないようにする。

4、 白内障と併発する事がある緑内障は、白内障とは違って激しい痛みが出るので、治療する事が必要となります。

5、 緑内障の原因は、眼圧が高くなってしまい、障害が出たり、痛みが出たりします。

6、 緑内障の症状と治療は、痛みを取り除く治療が行われます。

7、 緑内障の予防と対処は、白内障同様に予防が難しいので眼検査を行う事が唯一の予防法です。

犬の目の病気は、命に関わる事はありませんが、失明になってしまうので、定期的な眼検査をする事が大切です。

白内障は気にする事はありませんが、緑内障の場合は激痛を伴うので、緑内障はしっかりと治療を行うようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク