犬の保険 ~種類や内容が様々。犬の保険の必要性と保険の種類~

わんわん29-1
人同様に犬にも保険が存在します。ただ、犬の保険が出てきたのは、最近になってからでまだ加入していない飼い主や家族も多くいるので、犬の保険の必要性や保険の種類に関してよく分っていない部分もあると思います。

今回は、犬の保険の必要性や目的、保険の種類について紹介していきたいと思います。

犬の保険の必要性

わんわん29-2
犬と人では、病院にかかった際に違いが出ます。

人では、ほとんどの場合保険により患者側が払う費用負担は少ないですが、犬の場合は100%費用を自己負担しないといけませんでした。一度怪我や疾患になって動物病院にかかるとかなりの医療費がかかり、飼い主や家族にとってかなりの負担になる事がありました。

その為に、最近ではいくつかの保険会社からペット保険が出ていて、動物病院でもその保険が使える動物病院では医療費が抑える事ができるようになりました。

犬のペット保険

わんわん29-3
ペット保険は、人の保険同様に怪我や疾患で動物病院にかかった犬が受けた医療の費用を保険会社が補償する保険です。2008年4月にペットの保険業界が整備され、従来の無認可共済からペット保険という形式に変更され、監督官庁のチェックや保険業法が適用されるようになりました。

また、少しでも飼い主や家族にとって経済的な負担を軽減して安心して犬に治療を受けさせるためにペット保険は有効です。

さらに、サービスによっては犬が他の人にけがを負わせてしまった場合や物を壊したりしまったりした場合に保証する賠償責任特約があるものもあるので、飼い主や家族にとってどのサービスがいいのかが選ぶことができるようになりました。

犬のペット保険を扱う保険会社の種類

わんわん29-4
ペット保険を扱っている保険会社には、損害保険を扱う損害保険会社少額短期保険を扱う少額短期保険会社の2種類があり、少しサービス内容が変わるので、それぞれの特徴を理解して、どの保険会社を利用するのかを決めましょう。

また、これらの保険会社は金融庁に監督されていて、情報開示や募集規制などの責任を負う事においては2つの保険会社に変わりはありません。

スポンサーリンク





損害保険会社は、損害保険契約者保護機構という機構に加入している為に、保管会社が万が一破産したとしても、決められた割合で保障されるので、利用者としては安心ですね。

また、少額短期保険会社は、損害保険会社よりも保険料は少ないので、飼い主や家族への経済的負担が少ないのが、少額短期保険会社の特徴です。

一般的な犬の保険の内容

わんわん29-5
一般的な保険の内容としては、通院保険、医療費、入院保険、手術保険、がん手術保険、葬祭保険金、高度後遺傷害保険、賠償保障など様々なものがあるので、保険に加入していれば、急な怪我や疾患でも安心です。
→手術後回復、体の負担を気にするシニア期の犬へのサプリメント・内側美犬

勿論、保険会社によって保険内容は変わってくるので、加入する保険会社のサービス内容を把握する事が大切です。

また、保証されない内容としては、その医療行為が飼い主や犬の故意や過失によってのものや地震・噴火・津波または風水害に起因する場合、既往症や先天性疾患などの場合には保険の対象外になる場合があるので、事前に把握するなど注意しましょう。

犬の保険に加入ができない犬

わんわん29-6
犬の保険に加入は、どの犬でもできるわけではなく、加入ができない場合も存在します。

まずは、幼齢の犬です。幼齢の犬は健康上が不安定なので、疾患にかかりやすいので加入ができない事があります。ただ、ワクチン接種済み証明書を提出する事で加入できることもあります。

さらに、免疫力が落ち、疾患に罹患しやすい高齢の犬も加入ができない場合があります。ただ、健康診断書において健康状態が証明できる場合には加入できることもあります。

まとめ

1. 犬の保険の必要性は、大きなけがや疾患に罹患した場合には犬の保険の必要性が高まります。

2. ペット保険は、まだでは自他ばかりで、まだまだ一般的ではありませんが、飼い主や家族にとっては治療費が抑えられるので助かりますね。

3. ペット保険を扱う保険会社の種類は、飼い主や家族にとって負担が少ないのが、少額短期保険会社ですが、潰れた場合には保証が一定額でる損害保険会社の方が安全性は高いとも言えます。

4. 一般的な保険の内容は、様々なものがあるので、飼い主や家族として加入する保険会社がどんな保証があるのかを理解しておくことが大切です。

5. 保険に加入できない犬は、人でもそうですが、疾患に罹患する可能性が高い犬は加入できない場合があるので、健康なうちに加入しておくようにしましょう。

大事な家族である犬が怪我をしたり、疾患になったりする事は必ず起こります。また、その治療費が莫大になる事もないわけではありません。

そんな状況になった場合に、経済状況によって最適とされる治療を選択できない事は飼い主や家族にとっては避けたいものです。そんな状況にならないようにする為には保険は加入しておいた方が安全といえます。

ただ、保険には様々なものがあるので、飼い主や家族がどんなものがあるかを理解しておくことは、保険会社を選択する意味では大切です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク