犬の購入 ~犬を家に迎える方法のメリットとデメリット~

わんわん27-1
犬を迎える方法にはいくつかあり、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

犬を飼育しようと思う人はそれぞれのメリットとデメリットを理解して、自分に合った方法で犬を迎えるようにします。

今回は、犬を家に迎える方法について紹介していきたいと思います。

犬を家に迎える方法

わんわん27-2
犬を家に迎える方法としては、オーソドックスな方法としては2つあります。それは、「ペットショップから購入する方法」「直接ブリーダーから購入する方法」があります。

また、最近一般化されつつある方法として各地の動物愛護団体から家に迎えるという方法です。更に、知り合いから譲り受けるという方法もあります。

ただ、どの方法がいいというものはなく、どの方法にもメリットやデメリットは存在します。そのメリットやデメリットを理解して、犬を家に迎える方法を選択するようにしましょう。

犬をペットショップから購入:そのメリットとデメリット

わんわん27-3
犬を購入する際の最も一般的なのがペットショップから購入する方法です。

犬をペットショップで購入するメリット

そのメリットとしては、気軽に店内に入り、購入できる事です。また、ブリーダーから購入するよりも比較的安く購入可能な場合もあります。さらに、家に迎えるまで短い時間で済み、ペットショップで犬のグッズを一緒に購入できる事もメリットといえます。

犬をペットショップで購入するデメリット

ただ、ペットショップの中には良くない業者もいます。購入して家に迎えた犬が疾患を持っていたり、障害を持っていたりする場合もあります。そんな業者を見分ける方法は、犬種に関する質問をする事です。原産国や歴史、特徴や性格、飼育の際の注意点などの簡単なもので十分で、しっかりとした答えがないペットショップは避けた方がいいです。

また、ペットショップから購入するデメリットとしては、手軽に購入する事ができるがゆえに衝動買いをしてしまう場合もあり、責任もって飼育すればいいですが、中には遺棄をしたりする場合もあります。

ブリーダーから購入する方法とメリットとデメリット

わんわん27-4
ブリーダーは、特定犬種に対して豊富な知識を有し、細かい事まで相談ができる人の事です。何時でも子犬がいるわけではないので、ペットショップに比べると犬を家に迎えるまでに時間がかかる事があります。

犬をブリーダーから購入するメリット

ブリーダーから購入するメリットとしては、ブリーダーは犬の知識が深いので初めて犬を飼育する人にとっては心強いですね。また、生まれてからその犬を見ていて、その親についてもよく知っているので、どういった性格をしていているかもある程度はわかります。

犬を飼育する上で知りたい情報を知っているのもブリーダーから購入するメリットといえます。

犬をブリーダーから購入するデメリット

デメリットとしては、ペットショップ同様に悪質な業者もいるので購入する際には注意しなければいけません。

特に数多くの犬種を手掛けている場合には注意しなければいけません。その中でも人気犬種のみをブリーディングしている場合には注意深く観察し、悪質な業者かどうかを見分けるようにしましょう。

スポンサーリンク




動物愛護団体から購入する方法のメリットとデメリット

わんわん27-5
動物愛護団体や個人で活動している人は、ブリーダーやペットショップのように商売としているわけではありませんが、犬を飼育するのは費用がかかります。そのワクチンや病院などの費用を譲渡する際に請求する事があります。

犬を動物愛護団体から迎えるメリット

メリットとしては、ある程度の日数を過ごしているので、スタッフはその犬の性格について把握していることが多く、そのスタッフからその犬の事を詳しく聞く事ができます。

犬を動物愛護団体から迎えるデメリット

デメリットとしては、殆どがミックス犬なので、純血犬種を望む飼い主や家族には向かない方法といえます。ただ、ミックス犬であっても純血犬種に劣る事はないので、純血犬種である事にこだわらない人にはお勧めです。

また、ほとんどが成犬で、仔犬は珍しく、いたとしてもすぐに里親が決まってしまいます。仔犬期の可愛らしい時期を一緒に過ごせない事はデメリットといえない事もないですが、成犬の場合は体が成長する事はないですし、性格を形成されているので接しやすいというメリットもあります。

また、デメリットではありませんが、動物愛護団体などにいるという事は、一度は人に捨てられたという事です。中には、臆病な仔や神経質な仔、人になかなか心を開かない仔もいます。更に、病気を持っている子もいます。これらの事を受け入れる覚悟を持つ人でないと、里親になるのは大変です。

まとめ

1. 犬を家に迎える方法は、どんな方法でも飼い主や家族の考えに合った方法を選ぶことが大切です。

2. ペットショップから購入する、そのメリットとデメリットは、手軽に購入する事はできますが、犬は命あるものである事を忘れてはいけません。その命を家に迎える以上はその命に対して責任があります。

3. ブリーダーから購入する方法のメリットとデメリットは、時間がかかる方法なのでじっくりと考えて購入する事ができます。

4. 動物愛護団体から購入する方法のメリットとデメリットは、迎える犬が成長してしまっている場合があり、中には心に傷を持つ場合もある事は注意しましょう。

犬を購入する方法は、どんな方法でもいいですが、一番大切な事は健康的な犬を購入して、家に迎える事です。そのためには、どの業者がいいのかを理解して、購入する方法を選択するようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)