犬の洋服 ~犬に洋服を着せる着せ方やメリット・デメリット~

わんわん22-1
犬の洋服を着せる飼い主や家族が多くなってきましたね。

その理由は、おしゃれの為といわれていますが、実際はそれ以外にもいくつか理由があります。また、洋服を着せる事にはメリットとデメリットが存在します

今回は、犬に洋服を着せる目的とメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

犬に洋服を着せる目的

わんわん22-2
犬に洋服を着せる事は、飼い主のエゴともいわれがちですが、その犬が飼い主や家族の喜ばせる事が好きな場合には犬に洋服を着せて、飼い主や家族が喜ぶ顔を見る事で犬自身もうれしく思う犬もいます。

なので、飼い主や家族のエゴとは必ずしも言えません。もちろん、犬が嫌がっているのに着せる事は、単なる飼い主や家族のエゴといえます。

また、公共施設に連れていく場合やドッグカフェ、動物病院などに連れていく場合には、犬の抜け毛や匂いに気を配る必要が出てくるので、そういった意味で犬に服を着せる飼い主や家族がいます。

更に、マーキングをさせないためや寒さ対策、暑さ対策、雨の時のレインコート、傷口を舐めたりしないようにしたりといった事が犬に洋服を着せる事の目的とされています。

犬に洋服を着せるメリット

わんわん22-3
犬に洋服を着せるメリットは、室内が抜け毛で汚れないという事があります。

特によく被毛が抜けるタイプは抜け毛の掃除だけでもかなりの負担となります。また、ほっとくと抜け毛を人間が吸い込んでしまい、アレルギーを発症してしまう場合もあり、抜け毛を放置する事にいい事はありません。ただ、洋服を着せる事で生活環境が汚れる事が防げますね。

また、寒さ対策や暑さ対策としても有効です。

犬の中には、暑さや寒さに弱い犬種がいます。もちろん、室内にいる間はエアコンなどで温度調節ができるので、いらないように思えますが、そのエアコンなどの風が犬にとっては悪影響を与えてしまう事もあるので、洋服を着る事でそれを防ぐことができます。更に、犬は人ほど皮膚が強いわけではないので、この皮膚を守る意味もあります。

スポンサーリンク





さらに、散歩時などの外出時は、ノミやダニなどの外部寄生虫が寄生する機会となるので、洋服を着せる事でこれらの寄生を防ぐことができます。

また、皮膚炎や外傷等で皮膚を舐めては困る場合には、洋服で舐めないようにもできます。

雨の日に散歩に連れていきたいと思う飼い主や家族もいると思いますが、小雨などであまり濡れない場合は良いですが、ある程度の雨量の場合には濡れないようにしてあげた方がいいですね。

健康的な意味合いもありますが、雨の中を濡れながら歩いてみるとわかりますが、かなり嫌なものです。それは犬も同じです。なので、濡れないようにしてあげてから散歩などの外出を行うようにしましょう。

犬に服を着せるデメリット

わんわん22-4
犬は、換毛期に被毛が抜ける事で、季節に合わせる事をしますが、洋服を着せると、この調節ができずに、1年中抜けてしまう場合もあります。

また、皮膚が洋服とすれたり、生地の材質と合わずに皮膚炎になったり、皮膚炎が悪化したりする事もあります。更に、洋服の絶え眼に発見が遅れてしまう場合もあります。

なので、ずっと着せるのではなく、着せる時間を決めるなどをして、皮膚の状態を確認したり、洋服を着せる事で若干窮屈な思いをしている犬のストレスを解消するようにしましょう

また、洋服を着せる事で、熱がこもってしまい、暑がったり、熱射病になったりする場合もあるので、洋服を着せる場合には犬がどういった状態かどうかもしくはその犬が寒がりなのか、暑がりなのかを観察するようにしてから、洋服を着せるようにしましょう。

犬の洋服の選び方

わんわん22-5
犬の洋服の選び方は、人でもそうですが、犬の首周り、胴回り、背丈をきちんと計ってあげて正しいサイズの洋服を着せてあげる事が大切です。サイズの違う洋服は、人でもそうですが、かなり窮屈で動きにくいです。

人は自分でサイズの合う洋服を選択できますが、犬はできないので、飼い主や家族がその犬に合った洋服を着せてあげるようにしましょう。また、犬が動き回る際に窮屈さを感じさせない為に、生地は伸縮性があるものや丈夫なものがベストです。

まとめ

1. 犬に洋服を着せる目的は、飼い主や家族の気持ちもありますが、あくまでも犬の事を考えて着せる事が大切です。

2. 犬に洋服を着せるメリットは、健康管理がしやすくなります。

3. 犬に洋服を着せるデメリットは、着せ方を間違えば、逆に健康を害する事もあります。

4. 犬の洋服の選び方は、犬が動きやすく、窮屈さを感じないものを選ぶことが大切です。

犬の洋服を着せるかどうかは、飼い主や家族の考え方によって変わってきますが、正しい洋服を正しい着せ方をすれば、犬の健康を守る為には良い影響があるものといえます。

ただ、いきなり洋服を着せようとしても犬は嫌がって難しいので、少しずつ慣らしていき、犬にストレスがかからないようにする事が重要です。

(コラム:ペット専門家 クロさん)