犬のシャンプー ~犬は水にぬれるのが大嫌い!シャンプーの必要性とコツ~

わんわん17-1
犬も人同様に清潔に保つためにもシャンプーなどが必要です。

ただ、犬は基本的にぬれたりする事が大嫌いな動物です。そんな犬をシャンプーするのは、非常に大変です。体が大きい犬ほど、本気で拒絶した場合にシャンプーをする事は1人では難しくなります。

今回は、犬のシャンプーの必要性とシャンプーをする時のコツについて紹介したいと思います。

犬にシャンプーする目的

わんわん17-2
犬のシャンプーはする必要がありますが、人のように毎日する必要はありません。犬の被毛は散歩などで汚れやウイルスなどが付着する事があり、病気の原因となる事もあるのでシャンプーをする事でそれを予防し、被毛を綺麗な状態に保つ事は重要となります。
→デリケートな犬の皮膚や被毛のトラブルにおすすめなヨロチコシャンプー

ただ、犬の皮膚は人ほど強くないので頻繁にシャンプーをすると皮膚を傷つける事になるので頻繁に行う必要はありません。さらに、ブラッシングをする事である程度の汚れやダニ、ノミなどの寄生虫は除去できることもシャンプーを頻繁にしなくてもいい理由です。

関連記事:犬の手入れ ~ブラッシング、爪切り、歯みがき、耳かき、肛門絞りのやり方とコツ~

愛犬にシャンプーを始める時期と頻度

わんわん17-3
犬を迎えたらすぐにシャンプーは行わずに、ワクチン接種の全過程が終わる生後3か月頃を過ぎたぐらいで行うようにします。その他にも発熱時、皮膚に外傷や湿疹、炎症がある場合はシャンプーを行う事は避けるようにします。

また、犬のシャンプーを行う頻度は、ブラッシングをするので月に1~2回程度で十分です。

犬のシャンプーの選び方

わんわん17-4
犬のシャンプーは、人用のシャンプーやリンスを使用する事はやめましょう。犬は人ほど皮膚が強くありません。また、人用のシャンプーやリンスは犬にとっては刺激が強いので、潜在的な皮膚病やアレルギーが表面化する可能性がある為に、ペット用のシャンプーやリンスを使用するようにします。
→デリケートな犬の皮膚や被毛のトラブルにおすすめなヨロチコシャンプー

スポンサーリンク





シャンプーやリンスを選ぶ時は、ペット用でもいくつかの種類があり、皮膚の状態によって変わるので愛犬の皮膚の状態を把握してからシャンプーやリンスの選ぶ事を始めていきますが、愛犬の皮膚の状態が分からない時は刺激の少ないシャンプーやリンスを選んで、それを使用した後に愛犬の皮膚に異常が出ないかどうかを確認して、異常が現れた場合はシャンプーやリンスを替えるようにします。

シャンプーの手順

わんわん17-5
犬という動物は、基本的に水の中に入る事はもとより、水に濡れる事も嫌な動物です。

ただ、ゴールデン・レトリーバーやニューファンドランドなどのように水の中に入っていく事を仕事としていた犬種は、水の中に入る事が平気で泳ぐことが好きな犬種もいますが、ほとんどの犬種が嫌いと思っていいです。

なので、シャンプーをする前に水に濡れる事に慣らす事が大切です。最初は水をかけるのではなく、かからないようにしながらシャワーの音に慣らす事から始めます。

シャワーの温度は36~38度ぐらいのぬるま湯にして、熱くなり過ぎないようにします。

慣れた時期に体調がいい日を選んでシャンプーを行いますが、その前に必ずブラッシングをします。その理由はブラッシングをせずにシャンプーをしても、被毛が絡まったり、毛玉を作ってしまい、十分なシャンプーの効果が得られなくなるからです。

シャンプーとリンスを使用して行いますが耳や目、鼻にシャンプーやリンス、水が入らないように注意して、万が一目に入った場合には水で洗い流して経過を観察して動物病院へ連れて行った方がいいと判断した場合は連れて行きますが、分からない場合は動物病院へ連絡をして指示を仰ぐと的確な指示をくれるのでそのあとの対処が的確にできます。

目や耳に入らないように耳栓や眼軟膏をしておくのも手段の1つです。

シャワーをかける際は顔から遠い部分からかけていき、犬にあまりストレスがかからないようにして体全体を十分に濡らした後に胴から顔、耳、肢の順に洗っていきます

洗い終わったらタオルやドライヤーを使って乾かしますが、犬の皮膚は人と比較して高温に対して鈍感な為にドライヤーを使う際には低温火傷をしないように直接温風がかからないようにタオルの上から温風をかけるなどの工夫をしながら乾かします。乾かしが不十分だと、体調を崩す可能性もあるので、しっかりと乾かすようにしましょう。
→皮膚や被毛のトラブルに化粧水アヴァンス(AVANCE)

まとめ

1. シャンプーの目的は、犬を清潔に保つことはもちろんですが、犬をノミやダニから守る為にも大切です。

2. シャンプーを始める時期と頻度は、シャンプーができるようになったら仔犬の頃から行う事がベストです。中型犬以上の犬種は、成犬になってから行うと力負けする事もあるので、仔犬の頃から習慣づけましょう。

3. シャンプーの選び方は、その犬の皮膚や体質に合わせて選びますが、人用だけは使用しないようにしましょう。

4. シャンプーのやり方は、犬に負担が内容に徐々にゆっくりと行いましょう。無理やりにしても犬にとっても飼い主にとってもあまりいい事とは言えません。

犬のシャンプーは、頻繁にする必要はありませんが、あまりにやらないと清潔さを維持する事はできませんし、犬特有のにおいが強くなります。

皮膚や被毛を清潔に保つことで、寄生虫などの感染も防ぐことができます。なので、シャンプーをする事は非常に大切な事といえます。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク