犬の手入れ ~ブラッシング、爪切り、歯みがき、耳かき、肛門絞りのやり方とコツ~

わんわん14-7
犬の手入れは代表的なものは被毛ですが、それ以外にも爪や耳などいくつかあります。

健康的な意味だけでなく、衛生的な意味でも大切な事です。ただ、そこまでやり方が難しいわけではないので、覚えれば簡単にできるようになるものばかりです。

今回は、犬の手入れのやり方とコツについて紹介したいと思います。

犬の被毛の手入れ

わんわん14-4
被毛の手入れは、基本的なものとしてブラッシングがあります。ブラッシングは、犬種によって毛が抜ける量が違うので、毎日する必要がある犬種もいれば、週に1~2回程度でいい犬種もいます。

被毛の手入れには、スリッカーブラシ、獣毛ブラシ、コーム、ピンブラシ、ラバーブラシ、スクラッチャー、カットバサミ、バリカン、鉗子などを利用します。

被毛の手入れをする際には、被毛の流れに沿ってブラシやコームを頭から順に行います。ブラッシングを行う時は始めから被毛の根元にブラシを通す事はせずに、先端から徐々に根元の方にブラシを通します。無理矢理すると犬に負担がかかりますし、次からのブラッシングを嫌がる可能性がありますので無理やり行わずに優しく行い、ブラッシングに犬が慣れるまではゆっくりと時間をかけて行います

関連記事:犬のトリミング ~愛犬の健康管理や衛生管理のため、トリミングの必要性とそのやり方~

犬の爪の手入れ

わんわん16-2
犬の爪は基本的に必ず床に接触しています。なので、ある程度しっかりと散歩などの運動をしていれば、地面との摩擦によって程よい長さを維持します。

ただし、犬の中には狼爪という爪がある犬がいます。この狼爪は、人でいう親指に相当しますが、地面とは接触しない為に自然には短くなりません。なので、定期的に切るようにしないといけません。伸びると爪が皮膚まで到達し、皮膚に食い込んでしまいます。それが原因で細菌などが体内に侵入して感染症の原因にもなる可能性が出てきます。

爪切りをする目安は、狼爪以外の爪は床に爪がつく程度の長さになるぐらいになったら爪を切ります。

用意するのは爪切りとヤスリ、止血剤や止血パウダーです。爪切りは人用でも代用できますが、犬の爪は人とは違い鉤爪です。人用だと切り難いので、ギロチンのような犬用の爪切りを用意した方がいいでしょう。

犬の歯の手入れ

わんわん16-3
犬でも歯をみがく必要があり、健康的に長い間生活する為には人同様に歯みがきが大切です。

現在では、3歳以上の犬の約8割が歯周病に罹患しているといわれています。また、成犬以上の犬に歯みがきの習慣をつける事は大変なので、仔犬の頃から習慣づける事が大切です。

歯みがきをする前段階として、愛犬に口の中を触らせるようにします。口を触られるのが嫌な犬もいるので、まずは触らせるところまで行います。歯の表面を大まかに磨く時は指先にガーゼを巻きつけて歯垢を除去します。犬の唇を上にめくるように押さえると歯みがきがやり易くなります。

関連記事:犬の歯周病 ~ペットの8割が歯周病!? 治療と予防法ついて~

犬の耳の手入れ

わんわん16-4
犬の耳は、立ち耳や垂れ耳などいくつかの種類に分類されますが、一般的に立ち耳よりも垂れ耳の方が汚れが溜まりやすくなるといわれているので、垂れ耳の方が頻繁に耳の手入れをする必要があります

また、耳の構造は人とは違います。人は真っすぐな構造ですが、犬の耳はL字構造です。なので、ただ、耳の中に入れるだけでは奥まで手入れができず、耳の中を傷つけてしまいます。

スポンサーリンク





表面部分を脱脂綿に市販されているイヤーローションなどを付けて指で拭き取りましょう

奥はペット用綿棒や鉗子にローションを付けて行いますが、慣れない場合は動物病院などで行ってもらった方がいいと思います。

人用の綿棒も耳の中は敏感な所なので、傷をつけてしまう可能性もあるので使用しない方がいいと思います。人とは違う構造をしているので、何も考えずにまっすぐ入れると耳の中を傷つけるだけではなく、耳垢をさらに奥へと押し込む事になるので注意しましょう。何より、愛犬に不快な思いをさせる事になるのでやめましょう。

犬の肛門絞り

わんわん16-5
犬や猫では肛門の両側に肛門嚢と呼ばれる場所があり、アポクリン腺から構成され、その内側にはアポクリン腺が産生する液体状の物質が貯留されています。この液体は悪臭を放ち、犬同士の個体識別やマーキングに役立っていると考えられています。

通常は、トイレの時に排泄されますが、運動量が少ない小型犬などで排泄させずに溜まってしまう事があり、肛門嚢炎などの疾患を引き起こしてしまう事があります。なので、溜まっていないかを確認して、溜まっている場合には絞るようにします
ただ、強いにおいがするので、シャンプーなどのタイミングで行った方が無難です。

溜まっている場所は肛門嚢と呼ばれ、肛門の両側の少し下の部分を少し圧迫するように触り、何かあるように感じるものがあります、これが肛門嚢です。肛門嚢の両側に手を添えて、絞り上げるような要領で圧迫すると溜まった液体が出てきますが、この液体は悪臭で衣服などに付着するとなかなか取れない為にできる限り飛び散らないように十分注意します。

あまり強く圧迫すると犬が痛い思いをして、次に絞らなければいけない場合に絞られるのを嫌がり、肛門絞りができない事も考えられるので、あまり強く圧迫しないようにしましょう。

まとめ

1. 被毛の手入れは、犬の健康の為ではなく、抜け毛を人が吸い込むことで犬アレルギーが出る可能性を除去する為にも大切な事です。

2. 爪の手入れは、伸びすぎによるけがを防いだり、人に対しても引っ掻きなどのけがを防止する為にも大切です。

3. 歯の手入れは、健康な歯は人同様に健康的な日常を過ごすために必要な事です。

4. 耳の手入れは、最も大事な愛犬を傷つけないように注意することです。

5. 肛門絞りは、ちゃんと排泄されていれば気にする必要はないので、排泄されているかどうかをまず確認するようにしましょう。

犬の手入れは、犬の健康や清潔さを保つためにも大切な事です。飼育している愛犬がどういった手入れが必要かどうかを確認して、その犬に合った手入れをしっかりと行うようにしましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク