犬のトリミング ~愛犬の健康管理や衛生管理のため、トリミングの必要性とそのやり方~

わんわん14-1
犬のトリミングは、被毛が長い犬種の被毛をカットして、被毛を一定にするためのものです。

専門的な技術なので、トリミングの専門家であるトリマーにお願いするのが一般的です。ただ、自宅でもできるものはあります。

今回は、犬のトリミングの目的や必要な犬種、自宅でできるトリミングについて紹介したいと思います。

犬のトリミングとは?

わんわん14-2
犬の被毛の手入れの方法には、ブラッシングとシャンプーの他にもトリミングという方法があります。ただ、犬種によってはトリミングが必要ではない犬種も存在しています。

トリミングとは、必要ない被毛や長くなった被毛をカットしたりする事です。

トリミングの目的とは、ノミやダニの寄生予防、怪我や疾患の予防と早期発見、被毛を衛生的に保つ、熱中症対策、外見を美しく見せるといった目的があります。

トリミングを行うのは、被毛が長い長毛犬種や被毛が針金のように硬いワイヤー・タイプの被毛の犬種が多く、被毛が長いが故に怪我や疾患を見落としやすいという欠点があります。また、犬には汗腺が人ほど発達していません。なので、体温調節が得意ではありません。被毛を短くする事で熱が体にこもらないようにして、熱中症にならないようにする必要があります。

トリミングが必要とされる犬種

わんわん14-3
トリミングが必要な犬種としては、プードル、マルチーズ、ヨークシャー・テリア、ラサ・アプソ、シー・ズー、オーストラリアン・シルキー・テリア、シュナウザー、ビション・フリーゼなどがいます。これらの犬種を飼育する場合には、他の犬種よりも被毛の手入れに手間がかかります。

犬のトリミングは自分でもできる?

わんわん14-4
トリミングは、クリップを使うクリッピングやハサミを使うカッティングなどの特別な技術が必要です。

それを専門的に行っている人を<トリマー>といいます。専門家であるトリマーにトリミングをお願いするのも1つの方法ですが、それぞれのトリミング技術はそこまで難しいわけではないので、自宅で行う事もできます。ただ、やり方によっては犬が怪我をしたり、トリミングを嫌がったりする事もあるので、自宅で行う場合は初めのうちは慎重に行うようにします。

犬のトリミングの時期と頻度

わんわん14-5
トリミングは基本的には、3か月に1回のペースで1年に4回程度トリミングを行いますが、仔犬の場合はワクチン接種が終わってから行うので、生後3か月を過ぎてから最初のトリミングを行います。

ワクチン接種前の仔犬は抵抗力が弱く、疾患になりやすい為、ワクチン接種が終わるまではトリミングをはじめとする外出は控えるようにしましょう。

トリミングの種類

わんわん14-6
専門的なトリミングは、店舗やサービスの内容によっても変わりますが、一般的にはシャンプー、カット、爪切り、耳掃除、肛門絞り、ムダ毛のカットなどがあります。

スポンサーリンク





肛門絞りは、犬や猫の肛門の両側にある肛門嚢があり、その中には皮脂腺の1種であるアポクリン腺から構成されていて、悪臭がする液体です。個体識別やにおい付けに役立っているとされています。

通常は、排便される際に同時に排泄されるので絞る必要はありませんが、運動量が少ない小型犬の場合はしっかりと排泄されずに溜まったままの状態になり、溜まったまま放置すると肛門嚢炎などの疾患を引き起こす事があるので、トリミングやシャンプーなどの時に絞るようにします。

また、ムダ毛としては、肛門周囲・足の裏・耳・尻尾の飾り毛・目の周囲・肢の飾り毛・胸元と飾り毛などが知られています。

自宅でトリミングを行う

わんわん14-7
全ての過程のトリミングを自宅で行う必要はありませんが、自宅でできる範囲を行うとトリミングにかかる費用を抑える事ができます

カットをする場所は、肛門周辺、足裏、耳、目の周り、肢や胸、尻尾の飾り毛などのムダ毛は割と簡単なので、覚えると簡単にカットできるようになります。

ただ、耳や目などのけがをすると大変な場所の近くもカットするので、最初はゆっくりと慎重に怪我がないようにしましょう。さらに、体のカットの方は失敗すると外見が悪くなるのでプロであるトリマーに任せるのが無難といえますが、できない事はありません。

トリミングに慣れていない場合はゆっくり時間をかけて行い、愛犬とのコミュニケーションを取りながら行いましょう。もし、愛犬が興奮している場合はトリミングを行わないか、時間を空けてトリミングを行います。

自宅で犬のトリミングをする場合に用意する道具

わんわん14-8
トリミングの際に利用するグッズは
・ブラッシングの際に使用する長毛犬種に使うピンブラシ
・毛並みを整える際に使うコーム
・無駄な被毛をカットするカットバサミ
・耳の無駄毛を取るのに使用する鉗子
・肉球などの無駄毛を剃るバリカン など

まとめ

1. トリミングとは、健康管理や衛生管理の為に行うもので、決しておしゃれや外見を整える事などだけが目的としたものではありません。

2. トリミングが必要な犬種は、長毛犬種やワイヤー・タイプの犬種が熱射病などの病気になったりしないようにする為や清潔を保つために必要な事です。

3. トリミングは自分でもできます。クリッピングなどの専門的な技術に関しては難しいですが、ムダ毛などのカットであれば割と簡単なので、ポイントを覚えれば行う事ができます。

4. トリミングの時期と頻度は、3か月に1回の年4回ペースで、仔犬は1歳を迎える前に1回はトリミングを行うようにしましょう。

5. トリミングの種類は、自宅で簡単なムダ毛のカットなどを行えば、お店などで行うトリミングの種類は少なくなり、費用の節約をすることができます。

6. 自宅でトリミングを行うは、慣れれば簡単にする事ができますが、怪我をしないようにしましょう。

7. 自宅でトリミングを行う場合に用意する道具は、行うトリミングの種類によっても変わってくるので、用意する道具は行うトリミングによって変えるようにしましょう。

犬のトリミングは、一部は専門的で難しいものもありますが、自宅でできるものもあるので覚えると経済的にもいいですし、何より犬とのコミュニケーションにもつながります。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク