犬のおやつ ~犬におやつを与える目的と与える時のポイント~

わんわん13-1
愛犬におやつをあげたいけれど、市販されているおやつはたくさんありどれをあげていいのか悩みますよね。選ぶ際のポイントやコツにはどういったものがあり、犬にはどういったものがいいのでしょうか?

今回は、犬のおやつにはどういった基準で選べばいいのかや与える際の注意点やコツについて紹介したいと思います。

そもそも犬におやつを与える目的とは?

わんわん13-2
基本的には、犬も人も同じでちゃんとした食事を食べていればおやつや間食はする必要はありません。ただ、おやつを使ってコミュニケーションをとる事もできますし、留守番などのしつけをする場合にもおやつは役に立ちます。

しつけをする際のご褒美としておやつを使うと、犬はおやつを食べたいのでしっかりとしつけを覚えてくれます。しつけの際のおやつの利用は一般的によく使われる方法です。

犬におやつを与える時の注意点

わんわん13-3
犬がおやつを食べるからといって食べ過ぎには注意しなければいけません。肥満は犬にとってもいい事とは言えません。犬は基本的に与えれば与えるほど食べます。なので、飼い主や家族側がセーブするようにしましょう。

ドッグフードなどの食餌をしっかりと食べていれば栄養が不足する事はありません。また、人のおやつや食べ物を与える事はやめましょう。人のおやつや食べ物は、人の栄養や味覚に合わせて作っているので、犬が食べるとすると多すぎたり、味が濃かったりする場合が多々あります。特に糖分や塩分が多すぎると、糖尿病や尿路結石といった疾患になる可能性もあるので、注意が必要です。

スポンサーリンク





さらに、犬が吠えたからといって、与えるのは厳禁です。これは、人側は吠えるのを止めさせる為に与えたつもりでも、犬側は吠えたらおやつがもらえたと思い込み、次からはもっと吠えるようになるので逆効果となります。おやつを与える時は、あくまでも人が主導権を握った状態で与えるようにしましょう。

また、最近では、市販のおやつではなく、手作りのおやつを与える飼い主や家族もいますが、手作りをする場合には塩分や糖分、脂分が多くならないように注意する必要があります。

おやつ選びのコツ

わんわん13-4
おやつを選ぶ時には、糖分が多すぎたり、塩分が多すぎたりといった栄養が偏ったものではなく、栄養バランスを考えて購入するようにします。また、栄養は食事によってとるので、それも考慮して選ぶようにします。

さらに、原材料によってはアレルゲンになる可能性があるものも含まれていますので、アレルギーがある食材が入っていないかはチェックするようにしましょう。

おやつとしては避けるべき原材料

わんわん13-5
おやつとして避けるべき原材料としては、人では廃棄される肉の副産物が入っているものは避けます。また、着色料や人工の香料も避けます。犬はあまり色の識別が得意ではないので、着色料を着ける意味はありません。着色料は犬ではなく、人にアピールするためが主な理由とされています。さらに、防腐剤や酸化防止剤などの添加物が入っているものは避けましょう。

また、高カロリーや塩分が多いものも犬の健康を考えて避けた方がいいですね。

犬のおやつ

わんわん13-6
犬のおやつとして、クッキーやビスケット、チーズ、ガムが一般的には知られています

犬のおやつとしてクッキーやビスケットは、噛みごたえがあるので、満腹感を得やすく、食べすぎないというメリットがあります。ただ、人用ではなく犬用を与えるようにします。

また、チーズは栄養価が高く、食欲不振気味の犬の場合でも食べやすいというメリットがあります。それから、パウダー状のチーズは食餌に混ぜる事もでき、硬めのチーズはストレス解消にぴったりです。

ガムは、特に種類が多い犬のおやつで、小型犬から大型犬まで様々な大きさの犬にあうものが販売されているので、飼い主や家族としては選びやすい犬のおやつといえます。

まとめ

1. そもそも犬のおやつを与える目的は、おやつを使って犬とのコミュニケーションやしつけをする事が目的といえます。

2. おやつを与える時の注意点は、おやつを与える量は犬によっても大きさによっても変わってきます。あげすぎないようにしましょう。

3. おやつ選びのコツは、食餌の場合と同じく栄養バランスがいいものを選びます。

4. おやつとして避けるべき原材料は、飼い主や家族として安心できるものをおやつとして与えましょう。

5. 犬のおやつは、犬によって好みも変わってくるので、その犬の好みや特徴に合わせて選ぶようにしましょう。

犬のおやつは、健康を考えるのであれば、あまり意味があるのもではありませんが、犬とのコミュニケーションとしては非常に有効的な手段です。なので、犬にとって健康的なものを選び、やり過ぎには注意して食べさせましょう。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク