犬のトイレ ~失敗を叱らずに褒めて教えてのがコツ~

わんわん11-1
犬のトイレのしつけは、犬を家に迎えてから一番最初に教えなければいけないものです。

特に室内飼育をする場合には、トイレをしつけをしないとどこでもトイレをしてしまい、掃除が大変となるので、しっかりとトイレのしつけは行いたいですね。

今回は、トイレのしつけの簡単なやり方と失敗の原因とコツを紹介したいと思います。

トイレのしつけの必要性

わんわん11-2
人でもそうですが、教えないでもトイレでちゃんとするわけではありません。犬は同じ場所でトイレをする癖があるので、一度トイレの場所とは違う場所でトイレをすると、そこで何回もするようになり、他の場所でトイレをさせるのは大変です。なので、最初からしっかりと教えていく必要があります

また、室内にはトイレをしては困る場所がいくつかあります。そういった場所でトイレをさせないためにもトイレのしつけは必要といえます。

さらに、トイレのしつけは、その犬を家に迎えた日から行う事が大切といわれます。

犬にトイレを覚えさせる方法

わんわん11-3
トイレのしつけの方法としてオーソドックスな方法は2つあります。

1つ目は、まずは犬の行動範囲を限定する為にサークルなどで囲い、その中にペットシーツなどを敷き詰めます。この方法の利点は、トイレを失敗がない事です。サークルなどの中のどこでトイレをしてもトイレの失敗はありません。そして、実際にトイレをしたら、すぐに褒めるようにして、そこがトイレという事を学習させましょう。

ペットシーツなどの上でトイレをする事を学習したら、徐々にペットシーツの範囲を減らすようにします。犬は同じ場所でトイレをしたい動物なので、一定の場所でし始めれば、それ以外に敷く必要はなくなります。徐々に敷くスペースを減らしていき、最終的にはペットシーツなどが1枚ほどで済むくらいが理想的です。

スポンサーリンク





2つ目は、ハウストレーニングを利用した方法です。室内飼育をする場合でもハウスを用意して、犬の居場所を作るようにします。犬は狭い場所が大好きな動物です。なので、室内飼育でも犬の居場所であるハウスやケージを用意します。

まず、犬をハウスの外で少し遊ばせた後にトイレをしない場合にはハウスやケージに短時間入れます。犬は狭い場所ではトイレをしない習性があるので、ハウスやケージの中ではあまりトイレをしません。ある程度中に入れてトイレを我慢させる事でトイレをしやすくして、ある程度時間が経過した後にトイレをさせる事を繰り返して、トイレを覚えさせる方法です。

犬は、仔犬の場合でも5~6時間はトイレを我慢する事ができます。成犬であれば6時間以上我慢する事ができます。この時間を目安として行いましょう。

トイレの場所は、サークルなどの中でも、部屋の中のどこでも構いません。人の出入りが少なく、静かな場所が最適とされます。また、あまりに遠い場所にすると、そこに行くまでに失敗をする事もあるので、遠い場所にトイレを設置しないようにしましょう。

この方法の注意点としては、ハウスやケージが大きすぎると、中でもトイレをする事がある点です。フセをした状態で肢が十分伸ばす事ができる状態がベストの広さといわれます。

ただ、成犬の場合はちょうどいい大きさのハウスやケージを用意する事はできますが、仔犬の場合はすぐに大きくなってしまうのでどうしても大きいハウスやケージになってしまいやすいので、ハウスやケージの中でトイレをしてしまう事が考えられます。

犬にトイレのしつけをする際のコツ

わんわん11-4
どの方法のトイレのしつけをするにしても、それを覚えるスピードは犬によっても、犬種によっても変わってきます。ボーダー・コリーのように覚えがいい犬種もいれば、あまり覚えがよくない犬種もいます。なので、根気よく続けることが大切です。

また、失敗をしたとしても、叱ったり、騒いだりしないようにします。犬は叱られたり、騒いだりされると、トイレを我慢するようになり、便秘の原因にもなるので、叱ったり、騒いだりしないようにしましょう。

更に、褒める事がトイレを含めたしつけのコツといえます。人でもそうですが、褒められて嫌な思いはしませんよね。犬も同じです。褒める事を基本としてしつける事が大切です。

トイレの失敗の原因

わんわん11-5
犬がトイレの失敗をした場合の原因としては、単にしつけが不十分である事もありますが、病気や怪我の可能性もあります。

その場合は、病気や怪我が治癒すればトイレの失敗もなくなります。更に、トイレが気に入らないことを飼い主や家族に示すために、わざと他の場所でトイレをしてしまう事があります。

その他にも、以前トイレを失敗した際に強い恐怖心が植え付けられてしまい、失敗したり、トイレをする事を怖がってしまい、トイレを失敗したりする事や過剰な興奮や分離不安によってもトイレを失敗する事があります。

まとめ

1. トイレのしつけの必要性は、室内飼育のように人と深く関わり合いがある飼い方をする場合ほど必要性は高くなります。

2. トイレを覚えさせる方法は、できるだけ失敗する事を少なくするような環境を作り、褒める事でトイレを覚えさせます。

3. トイレのしつけをする際のコツは、失敗をした時に叱らず、騒がずに接する事です。

4. トイレの失敗の原因は、様々ありますが、その原因を解消する事で失敗はなくなります。

犬のトイレのしつけは、やり方自体はそこまで難しいわけではありません。その犬の覚えるスピードに合わせながら気長にやりながら行っていけば、覚えてくれます。また、成犬からでも十分覚える事はできます。

失敗をすると、どうしても叱りたい衝動に駆られますが、それを我慢して根気よく続けていけば、成犬でもトイレを覚えてくれます。

(コラム:ペット専門家 クロさん)

スポンサーリンク