犬をペットにしよう ~ペットとして飼育する動物として最もおすすめの犬とその理由~

猫と並んでペットとして飼育する動物である犬。最近では猫の方が、人気が高まっています。
それでも犬の方がペットとして飼育するのに向いていると思います。
今回は理由について紹介していきたいと思います。
わんわん1-1

1. 犬という動物

犬は人類にとっては最も古い字だから共に歩んできた友人であり、人類にとって初めて家畜化に成功した動物です。その歴史は猫よりも古く、一般的に約1万5000年前から人共に生きているといわれています。ちなみに、猫は紀元前2000年ころから家畜化が始まったとされています。

家畜化が始まった場所は2つの説があります。中国で始まったという説と中東で始まったという説とがあります。

犬は全世界で約800犬種存在しているといわれています。また、日本で犬種登録事業などを行っているJKCでは約200犬種が公認犬種として登録されています。

犬は猫よりも大きく、人よりも優れている部分が多くある為に警察犬や介助犬などといった人を助けるために活躍している唯一の動物といえます。

○犬という動物のまとめ

犬はどんな動物よりも古くから、最も関わり合いがある動物です。
古の時代から常に人の傍には犬がいたという事は、犬と人の相性は抜群という事です。

2. 犬がペットとして最も優れている理由

わんわん1-2
犬がペットとして優れている理由は、猫とは違うバリエーションの多さです。

猫はほとんど同じ大きさなのに対して、犬は世界最小犬種といわれるチワワから世界最大犬種といわれるグレート・デーンまで大きく分けて5つに分類されるほど大きさに違いがあります。

また、犬種も豊富に存在するので飼い主や家族の好みやライフスタイルに合わせた犬種を選択する事ができるのも犬の魅力の1つです。

ウサギや亀などといったエキゾチック・アニマルと呼ばれる動物よりも飼育する際のグッズも多く、動物病院もほとんどの病院で診察ができるので旅行などで出かけている先でけがなどをしてしまった場合でも簡単に動物病院を探すこともできます。

犬は群れで生活をする動物で、人との生活に最も合いやすい動物といえます。
また、犬はしつけを行う必要があり、しつけをする際や生活を送る上で飼い主や家族を成長させてくれる動物です。

犬は散歩をさせる必要がある為に飼い主や家族の運動不足解消や規則正しい生活を送る手助けとなります。
更に、犬が会話のネタとして家族の中での潤滑油の役目を担う事もあります。
現在、ペットブームの影響で犬と一緒に行ける場所も多くなり、家族が一緒に過ごすイベントも多くなります。

○犬がペットとして最も優れている理由のまとめ

犬は犬種によって様々な性質があり、1頭飼育しただけでは犬という動物を理解する事はできません。
犬種によっても個体によってもその性質は変わってくるので、犬という動物に飽きるという事はありません。

スポンサーリンク




3. 犬を飼育する際のメリットとデメリット

犬を飼育する際のメリットとしては、犬は無償の愛を体を目いっぱい使って表現してくれます。
その愛情の深さは他の動物では感じる事ができないほどの深海のように深い愛情をその生涯を通じて表現してくれます。

犬と生活をすると、飼い主や家族を癒す存在としてかけがえのない家族の一員となり、悲しい事などがあるとまるでそれを理解してくれるように慰めてもくれ、家族の中で喧嘩をしてもどうにかして仲裁するかのような行動をしてくれることもあります。

生活が不規則な飼い主や家族であっても、散歩などの世話をするために規則正しい生活を送らなくてはならないので、不規則な生活が改善され、運動不足も解消されます。
また、高齢者にとってはボケ防止にも最適です。
ドッグスポーツなどで一緒に楽しめるのも犬を飼育するメリットといえます。

犬を飼育する際のデメリットとしては、散歩などの世話に他のペットよりも時間がかかります。
また、マンションなどでは飼育できない場合も多く、飼育できる環境が限定されるのもデメリットといえます。

○犬を飼育する際のメリットとデメリットについてのまとめ

犬を飼育するというのは、楽しい事もありますが、大変なこともあります。
メリットもデメリットも理解して犬を飼育するかどうかを決めるようにしましょう。

4. 犬を飼育する場合は小型犬か大型犬か?

わんわん1-3
犬を飼育する際には、小型犬か大型犬で悩みますね。
私は、大型犬の方がおすすめです。もちろん、飼い主や家族のライフスタイルによっては小型犬の方がいい事もあります。

ただ、日本では小型犬の方が人気が高い傾向にあります。
これは、マンションなどで飼育しやすいという点もありますし、小型犬の方がしつけなどがしやすいとも考えられている事も理由といえます。

大型犬は飼育するのにもスペースがいりますし、パワーもあるので牽円去れる事もあります。ただ、仔犬から飼育するのであれば、パワーがつく前にしつけをしてしまえば問題ありません。また、大型犬の方が温和なタイプが多いことからイギリスやアメリカでは大型犬の方が人気が高い傾向にあります。

○犬を飼育する場合は小型犬か大型犬か?のまとめ

大型犬を飼育するのは、費用の面からも大変なことが大きいですが、それ以上のものや小型犬では味わう事が出来ないことを味わせてくれます。

(コラム:ペット専門家 クロさん)