土佐犬は勇敢で神経質、怖いもの知らずで筋肉質が特徴的な闘犬

土佐犬は元々闘犬として作られた犬です。なので、その体格は日本犬の中では1番と言っていいくらい筋肉質です。
土佐犬
体重は30キロ台から100キロ超まで幅広いですが、だいたい55キロ以上の子を大型犬としています。

寿命は10~12年ほどと言われています。

被毛は赤、黒、虎柄を基本の色としています。

闘犬として作られている犬種のため、闘争本能が強い犬種ですので、オス同士はなるべく近づかない様に気をつけるべきだと言われています。

人間をも殺すほどの力を持っていますので、危険犬種としての指定を受けています。

檻や口輪などを利用して厳重に管理する事が大切な犬種です

土佐犬はペット飼育の規制がある犬種です。

放し飼いなどは決してしてはいけません。また、噛んでしまうと大怪我につながる犬ですから、檻から出す際には念のため口輪をつける様に気をつけます。

その反面、日本犬特有の警戒心なども持ち合わせているため、番犬としてもかなり効果的な犬です。

顔がマスティフのように大きく垂れ下がった頬が愛らしい顔をしています。頭が大きく垂れ下がった耳も特徴的です。

また、可愛い顔から想像できない力強さが土佐犬の魅力です。

スポンサーリンク




愛らしい垂れ下がった頬と耳が特徴的な力強い味方の犬です

土佐犬は闘犬として使われる事で有名ですが、実は30頭に1頭程度の割合でしか闘犬になりません。
その中でもオス犬だけが闘犬になるのです。

管理は難しい犬かもしれませんが、日本ではイノシシ狩りに使われていた歴史もあり、飼い主に従順でとても頭のいい犬です。

大型犬をペットとして飼うおすすめポイント

大型犬をペットとして飼う事は健康にとても役立ちます。

超小型犬と違い、毎日散歩に行かなくてはストレスがたまってしまうので1日の散歩はとても大切です。

そのため、飼い主自身の運動にもなりますし大きな犬ほど実は穏やかに育つ犬が多いと思います。

(テキスト:土佐犬好き)

スポンサーリンク