希少犬だが、ボロニーズは初心者向けの飼いやすい犬種

ボロニーズはイタリアのボローニャ地方ゆかりの犬で、1000年程前から地中海沿岸で飼育されていた歴史の古い犬種です。
ボロニーズ
体高は30センチ前後、体重は3~5キロ前後ですが、オスの子はこれよりも大きく成長する子もいます。

毛色は白のみで、綿毛のようなふわふわした縮れ毛をしています。シングルコートで抜け毛も少なく、体臭も少ないのでアレルギー等を持つ方でも飼うことが可能な犬種です。

性格は個体差がありますが、一般的に温厚な性格で、初対面の人や子供でも落ち着いて対応ができます。飼い主には従順で、一度心を開けば、とても甘えん坊さんになる意外な一面もあります。

比較的長命で健康な犬種なので、その点も初心者には飼いやすいと思います。

ボロニーズを飼うときのポイントは運動好きと体重管理

ボロニーズは愛玩犬として位置付けられていますが、とても遊び好きな活発な一面があります。絶対に散歩が必要というわけではありませんが、一日10分程度でもいいので散歩をしてあげて下さい。ルンルン気分で足取り軽く散歩してる姿は見ててこちらも楽しくなります。

雨の日や予定のある日等は無理に散歩に行かなくてもよいですが、家の中で一緒に遊ぶ時間をつくってあげてください。またたまには、ドッグラン等ノーリードで遊べる場所へ連れていってあげてください。愛玩犬とは思えぬ早いスピードで走りまわるボロニーズをみることができます。

ボロニーズは意外に太りやすい犬種でもあります。肥満は足腰に負担がかかり、ヘルニア等をひきおこします。5~6歳、人間の年齢に換算するとアラサーの年齢になったら、ドッグフードの種類や量の見直しと体重管理を行うことをオススメします。

スポンサーリンク




ボロニーズのとことん甘える姿はたまらなく可愛いすぎる

ボロニーズは温厚で友好的な性格ですが、一度心を許した相手、特に飼い主にはこれでもかというくらい甘えん坊になります。

かまって欲しいときにはクークーと甘えた声で鳴いたり、飼い主の視界に入ってアピールしようとする仕草等は身悶えするくらい可愛いです。

小型犬をペットとして飼うおすすめポイント

小型犬は基本的に家の室内で飼育されるのが一般的です。一緒に過ごすことによって家族の一員となり、家族に喜びを与えてくれる存在となります。

犬は家にかえってきたときには喜んでお出迎えをしてくれ、疲れている時やツラいことがあった日にはそっと寄り添ってくれたり、また散歩やインターネット、SNS等から犬を飼ってる人達との新たな交流関係が広がります。特に家にこもりがちなご年配の方には飼うことをオススメします。

(テキスト:ボロニーズ飼い主)

スポンサーリンク