シェットランド・シープドッグは優しく、美しい毛並みが特徴

シェットランド・シープドッグはオス、メスともに体高は33~40センチ、体重10キロ程度の中型犬です。
わんわんnet
首周りの真っ白な飾り毛が特徴です。

歩き方は、歩調が滑らかで、優雅に歩きます。マズルが長く、温和で優しい表情をしています。

元々牧羊犬として飼われていた犬だけあって、大変賢いです。

賢い犬ランキングでも常に上位に入ってきます。

利口な子です

利口な犬なので、訓練しやすく、トイレも比較的早く覚えます。トイレはきちんと決められた場所でします。そそうは子犬の時だけです。

飼い主をとてもよく慕います。寂しがり屋な面がありますが、飼い主が外出しても、おとなしく留守番ができます。

散歩に行って、他の犬を見かけても自分から吠えることは滅多にありません。他の犬が吠えるとつられて吠えることはあります。

散歩中、人とすれ違っても、堂々としていて、吠えたりすることはありません。

子犬の頃から散歩のしつけが大事

ただし、子犬の時は最初の頃は散歩を怖がって、おしっこをすることもできませんでした。

子犬の頃から早めに外に出して慣らすと、大人になって散歩のしやすい犬になるようです。

シェットランド・シープドックの子犬を選び方と飼い方

シェットランド・シープドックの選ぶ際、オスかメスかを決めて、その後、色を選びます。

色は、セーブル、トライ、ブルーマールなどがあります。セーブルは茶系でトライは黒系です。

ブルーマールは青みがかった灰色の毛などです。ブルーマールは珍しい毛色で、ブルーマール同志の交配は遺伝的に問題のある血統が生まれやすいと言われています。

そのため、なるべく、セーブルかトライを選ぶ方が、良いでしょう。

スポンサーリンク




意外に寂しがり屋。でも、来客に吠えることも…

シェットランド・シープドッグは中型犬のため外で飼うこともできますが、寂しがり屋で家族と一緒にいることを好む犬種なので、なるべく家の中で飼うほうが良いです。

元々、牧羊犬のため、吠えやすいと言われています。実際、人が家に来ると、警戒心からかよく吠えます。鳴き声も甲高いです。

しかし、来客時以外に特に無駄吠えすることはありません。これは、犬種というよりも、その犬の性格、育て方、環境にもよると思います。

来客時以外に特に激しい無駄吠えはありませんが、無駄吠えを気にする人は別の犬種を買う方が良いかもしれません。

シェットランド・シープドックは飼い主を慕って可愛い

シェットランド・シープドックは可愛がれば、飼い主にとても深い愛情を示す犬です。

テレビを見ていると寄り添ってきたり、朝顔を合わせるとしっぽを振って寄ってきます。

雷や、強い雨を怖がり、雷が鳴るとそわそわして家の中を歩き回ることがあります。人が歩くと、雷の日はそばにくっついてきます。

中型犬をペットとして飼うことのおすすめポイント

中型犬をペットとして飼うメリットは、小型犬と違って、脚の骨が大きくて丈夫なので、ちょっと高いところから降りても足を怪我することがありません。

また、中型犬なので、散歩で一緒に歩いていても、ボディガードの役割もしてくれているようで安心感があります。小型犬では味わえないと思います。

中型犬も10㎏ぐらいであれば抱えることもできます。小型犬よりも頼もしく、大型犬よりも飼いやすい中型犬。

中型犬を室内で飼えるスペースのある人、それほど高齢でない人にはお勧めです。

(テキスト:シェットランド・シープドック飼い主)

スポンサーリンク