アイリッシュ・セッターはとにかく明るく社交的!!常にいろんなことが気になる・・・

アイリッシュ・セッターのオスを飼っておりました。体重は小さい方でしたので25キロくらいでしたが、友達の大きい子は30キロを軽く超えておりました。
わんわんnet
“運動が必要”と飼う前から聞いていたのですが、やはりその通りで、広場に連れて行ったらずっと全力疾走していました。

性格はとにかくやさしく社交的で、人見知り犬見知りもほとんどありませんでしたが、常に周りのなにかが気になるようで、一か所にはとどまらずあっちへフラフラ、こっちへフラフラ~…と、少し落ち着きがない感じです。

しかし、喧嘩もほとんどなく、どんな犬に対してもとても優しく接していました。

ロングコートですが手入れはあまりしなくてもつやつやさらさらで、初対面の方には「ショー犬ですか?」とよく話しかけられたほどです。

運動が大好きなので、思いっきり走れる環境が必要です

とにかく、運動をしないとストレスが溜まってしますので、日々の散歩は歩くだけではなく、どこか広場などでおもいっきり走らせてあげないといけません。

スポンサーリンク





良く言えば社交的、悪く言えばおてんばなので子犬の頃に躾はきちんとしておいた方が良いと思います。

我が家のアイリッシュ・セッターは…

胃腸が弱く、普段食べないものをちょっとでも口にするとすぐおなかを壊し下痢をしていましたが、大きな病気はしませんでした。

しかしながら、年を取って足腰が弱くなり、立てなくなったときにやはり大型犬、寝返り一つするのもとても大変です。

最後は介護用マットがとても役に立ちました。おんぶを教えていなかったので、足に触られるのをとても嫌がり苦労したので、将来的なことを考えて、おんぶはできるようにしておくと良いと思います。

全身全霊で感情を表してくれる、本当に素直で優しい犬種

アイリッシュ・セッターはとにかく本当に心優しい犬種だと思います。

遊んだり食べたり、楽しいこと、ワクワクすることがとにかく大好きです。

半面臆病なところもありますが、怖いとき、不安な時は飼い主を心から頼ってきてくれます。

大型犬をペットとして飼うおすすめポイント

小型犬にはない存在感があると思います。力持ちで、とても頼りになります。

とても性格の穏やかな子でしたが、お隣は空き巣に3回会いましたがうちはゼロ。

警察曰く、『大型犬を飼っている家はほぼ空き巣の被害にあわない』だそうです。

(テキスト:アイリッシュ・セッター元飼い主)

スポンサーリンク